logo

【メディアアラート】OpenTextグループ、OpenText Active Documentsの機能を拡張

OpenText Managed Servicesに加え、Trading Grid Messaging Servicesでも利用可能に

EIM(エンタープライズ情報管理)ソリューションのリーダーであるOpenTextグループ(本社:加オンタリオ州ウォータールー)のGXS株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:早川典之、以下GXS)は本日、EDIドキュメントが企業間B2Bデータ連携クラウドプラットフォーム「OpenText Trading Grid」経由で、お客様が受信するまでの各ステップのトランザクション詳細情報を提供するWebツール「OpenText Active Documents」の機能を拡張し、そのサービス提供を開始しました。

今回の機能拡張で、「OpenText Active Documents」のWebインターフェースのデザインがOpenTextのデザインに一新されたことに加え、OpenText Managed Servicesをご利用中のお客様だけでなく、Trading Grid Messaging Services(TGMS)のお客様にもシングルインターフェイスで提供できることになります。お客様のご要望に応じて、GXSのクラウド・サポートサービスもご利用いただけます。

「OpenText Active Documents」は、取引先とEDIドキュメントを交換するB2Bトランザクションのライフサイクル全体を監視するソリューションとして、下記の特徴を持っています。

・EDI、XML、および独自フォーマットを含む、さまざまなタイプのドキュメントのトランザクション状況を、Webインターフェイス上で確認、その成否を即座に検知し、業務全体のプロセススピードと精度を向上
・オンラインレポートをCSVフォーマットでダウンロードさせ、Excelなどにより、EDIトランザクションの状況をより詳細に分析
・Status Alert Service機能により、変換成否、取引先側のメールボックスへのセット、抽出、受信等の受信状況をメールで通知し、トランザクション全体の遅延を回避

用語解説

OpenTextグループ GXSについて
OpenText Corporation(NASDAQ:OTEX、TSX:OTC)の100%子会社であるGXSは、世界最大の統合クラウド、OpenText™ Trading Grid™を運用する、B2Bデータ連携・統合サービスのリーディングプロバイダーです。新たにOpenTextグループの一員となり、OpenText Information Exchange Suiteの一翼として、取引をスピードアップする製品の包括的な統合スイートを提供します。このスイートは、セキュアなメール、大規模なファイル転送、ファックス、EDI、通知などのメッセージングおよびB2Bデータ連携・統合サービスのすべてを1つのプラットフォームに統合し、多対多の取引を実現します。クラウド、オンプレミスのいずれにおいても、Information Exchange Suiteを使用することで、企業は情報のデリバリを迅速化・制御し、機密性や複雑性の高いコミュニケーションのセキュリティと信頼性を強化できます。詳しくは、リンクをご覧ください。Twitter(リンク)、LinkedIn(リンク)でもさまざまな情報(英語のみ)を提供しています。

また、日本国内においては、OpenTextグループでECMおよびBPM製品を中心に、EIMソリューションの販売やサービスを提供しているオープンテキスト株式会社、EIMの重要な要素の1つであるクラウドサービスの分野において、クラウド型メッセージングサービスを提供するEasyLink社(日本法人:エクスパダイト株式会社)が、各事業間の相乗効果を高めながら、日本のお客様に価値あるソリューションを提供しています。

【ご参考】 エクスパダイト株式会社
リンク
【ご参考】 オープンテキスト株式会社
リンク

本件に関する報道関係のお問合せ先
GXS株式会社 マーケティング部 石黒 佐知子
TEL: 03-4560-7806  Email: otj-pr@opentext.com
リンク

ホフマン ジャパン株式会社
OpenText PR担当 高濱/高科/田中
TEL: 03-5159-5750 / FAX: 03-5159-2166
E-mail: mtakahama@hoffman.com / dtakashina@hoffman.com / stanaka@hoffman.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。