logo

BJMA2014開催、今年のテーマは「みんなで楽しむJAPAN HOT100」

株式会社阪神コンテンツリンク 2014年12月12日 13時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年12月12日

株式会社阪神コンテンツリンク

BJMA2014開催、今年のテーマは「みんなで楽しむJAPAN HOT100」
「ユーザー参加型の年間チャート」と
「みんなで選ぶ今年の1曲」の二本立てで開催

 プロメテウスグローバルメディア社(本社所在地:ニューヨーク)のグループである「米国ビルボード」(発行人:Tony Gervino)及び「ビルボードジャパン」(日本におけるBillboardブランドのマスターライセンスを保有する阪神コンテンツリンク)は、Billboard JAPAN Music Awards2014みんなで楽しむ“JAPAN HOT100”と題し、ユーザーが体験できる年間チャートを発表、あわせて「今年の1曲」を選ぶ投票企画を実施致します。

 ユーザーが体験できる年間チャートでは、初の試みとして、チャートを構成している指標ごとの順位を公開致します。サイト内では、指標別に並べ替えたり、楽曲ごとの指標の推移をグラフで見たりでき、ヒット曲がどのように世の中に浸透していったのかが体感できる仕組みになっています。さらに、音楽クリエイターのヒャダイン氏や、ジャーナリストの佐々木俊尚氏など20名以上の有識者のコメントもあわせて公開し、幅広いユーザーの興味喚起を図ります。

  みんなで選ぶ「今年の1曲」と題した投票企画では、年間チャートにチャートインした100曲全てを対象に、Twitterとカラオケのみで投票を開催、それぞれのポイントを50:50で合算します。結果は2015年1月16日にランキング発表、晴れて1位となった楽曲を毎年恒例の“Artist of the Year”として発表します。これまでのアワードの投票はサイト内での投票+年間ポイントで構成していましたが、今回は年間ポイントを合算しないことで、年末期におけるネットとリアルのユーザー動向を反映させたいと考えています。ユーザーがアワードの結果を直接左右する、予測不能の投票にご注目ください。

『Billboard JAPAN Music Awards2014』
<開催概要>
特設サイト:リンク
内容:2014年度のBillboard JAPAN 年間チャートの解析サービス及び、「今年の1曲」を決める投票
投票期間:2014年12月12日(金)~12月31日(水) 
投票方法:
Twitter /「#BJMA2014」をつけ「アーティスト名」と「曲名」をtweet
カラオケ/第一興商が [DAM シリーズ]での歌唱回数を元に集計
協力:株式会社 第一興商

チャートコメンタリー:(五十音順、順次公開)
伊藤涼(株式会社マゴノダイマデ・プロダクション)、うきたひさこ(エンターテイメントライター)、
榎本幹朗(音楽コンサルタント)、兼田弘子(株式会社ドワンゴ)、佐々木俊尚(作家・ジャーナリスト)、
佐藤譲(株式会社一二三)、ジェイ・コウガミ(音楽ブロガー:All Digital Music)、鈴木daichi秀行、
関根禎嘉(東京ニュース通信 インターネットTVガイド)、高野修平(株式会社トライバルメディアハウス)、
玉井健二(株式会社agehasprings)、勅使河原元(株式会社野村総合研究所)、冨田雅和(株式会社シンクパワー)、
中村真理(VJ/DJ)、永田純(有限会社スタマック)、西寺郷太、林潤(株式会社Spincoaster)、ヒャダイン、
本田次郎(MusicmanNET)、松本零士(エンジニア)、毛利嘉孝(東京芸術大学)、山口哲一(株式会社バグ・コーポレーション)、渡辺祐





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事