logo

GartnerがSafeNetを4年連続でマジック・クアドラントのユーザー認証部門リーダーズ・クアドラントと評価

日本セーフネット株式会社 2014年12月11日 17時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年12月11日

日本セーフネット株式会社

GartnerがSafeNetを4年連続でマジック・クアドラントのユーザー認証部門における「リーダーズ・クアドラント」として評価

SafeNetがビジョンの完全性と遂行能力で市場のリーダーに位置づけられる

米国ボルチモア発 - データ保護ソリューションのグローバルリーダーであるSafeNet Inc.(以下、SafeNet)は、米国時間12月8日、IT市場調査で世界的大手のGartner, Inc. (以下、Gartner)の調査レポート「2014年 マジック・クアドラントのユーザー認証(2014 Magic Quadrant for User Authentication)」において、「リーダー・クアドラント(Leaders Quadrant)」の評価を獲得したと発表しました。SafeNetがリーダーとして評価されるのは、これで4年連続となります。Gartnerが評価対象とした20社のベンダの中で、SafeNetはレポートの2つの主要な基準である「ビジョンの完全性」と「遂行能力」の組合せに基づき「リーダー・クアドラント」と評価されています。 

Gartnerは、ユーザー認証の実装においてユーザー体験が引き続き重要視されていると指摘しており、「2017年末までに企業の約50%が、ユーザー認証の新規導入または更新の際にクラウドサービスを選択するようになり、現在の約20%から増加する」と予想しています。

SafeNetの認証ポートフォリオは、マルチテナントでマルチティアのクラウド認証サービスやオンプレミス型の認証ソリューション、広範な認証技術とフォームファクタの対応などで構成さています。SafeNetは全産業において数多くの企業ネットワークの安全なアクセス確保とユーザーのID保護を実現しています。

米カリフォルニア州でオリジナルのサーフブランド、スノーブランド、ライフスタイルブランドを手掛けるO’Neill リンクの子会社 O'Neill Europe BVにてICTインフラ・コンサルタントを担当するMarc Lindemann氏は、次のように述べています。「ファッション業界ではデザインの保護が競争力の維持に極めて重要です。過去8年間、SafeNetの強力な認証ソリューションで当社の知的財産への人的アクセスを厳密に管理できました。SafeNetの管理コンソールにより、簡単に認定ユーザーの追加や削除、監査報告書の作成、セキュリティ方針の実施が行えます」。

SafeNetの次世代型のユーザー認証アプローチは、透明性があり複雑でない認証、および信頼と制御を提供し、企業が多様なアプリケーションに安全にアクセスでき、ダイナミックなIT環境の中でセキュリティの規制に対応できます。

SafeNetで認証製品部門のヴァイスプレジデントを担当するアンドリュー・ヤング(Andrew Young)は、次のように述べています。「様々なエンドポイントから企業のデータセンターやクラウド環境、あるいは仮想環境にあるアプリケーションへのアクセスを均一、且つスケーラブルに確保できる認証ソリューションを保持することが、企業のセキュリティ対策において重要です。当社の充実した認証ポートフォリオは、お客様のこれらのセキュリティニーズを満たすことに役立っています。それこそが、Gartnerが継続して弊社を認証市場でのリーダー企業として評価している理由と考えています」。

SafeNetの次世代認証ソリューションについて
SafeNet Authentication Service リンク は、完全に自動化された高い安全性を持つ「AaaS(認証アズ・ア・サービス)」を提供しています。自動化されたワークフローの柔軟性やスケーラビリティ、およびベンダに依存しないトークンや広範なAPIのサポートにより、強力な認証が簡素化されています。また管理機能やプロセスは完全な自動化とカスタマイズが可能で、シームレスで高度なユーザー体験を提供します。インフラが不要なSafeNet Authentication Serviceは、マルチティア、マルチテナントのクラウド環境への即座な移行を実現し、クラウド・ベースやオンプレミス型のアプリケーションからネットワークやユーザー、デバイスまであらゆるリソースを保護します。

SafeNet Authentication Manager リンクは、全てのワンタイムパスワード(OTP)や証明書ベース、ソフトウェア認証ソリューションを管理する汎用性のあるプラットフォームを提供します。企業の認証ライフサイクルすべてをカバーし、強力な認証を単独の統合システムを使うクラウドにも拡げます。また、モバイルユーザーの認証にデバイスのオーバーザエアー(OTA)による証明書配布も行えます。

Gartnerマジック・クアドラントについて
Gartnerによるとマジック・クアドラントの「リーダー」企業は、堅実な実績と主に市場での存在感がとてもあるベンダです。また、マーケットトレンドに合致した明快なビジョンを持ち、そのビジョンが技術的イノベーションに支えられ、且つ、Gartnerが提唱する「Nexus of Forces(ネクサス・オブ・フォース、力の結節)」で提示する課題と機会を理解しています。「リーダー」のビジネス戦略と実行はとても理にかなっており、クアドラントのベンダ各社は異なる業界に一つまたは複数の使用事例があり、新たに台頭するクラウドやモバイルに関するニーズに対応する強固なソリューションを提供できます。

参考資料:
●2014年 Gartnerユーザ認証マジック・クアドラント・レポート」の全文(英語版): リンク" target="_blank">リンク

●SafeNet認証ソリューション: リンク

●次世代認証:ホワイトペーパー:セキュリティと利便性のバランスを取るカギ: リンク


SafeNet, Inc.について
1983年設立。SafeNet リンクは情報セキュリティ業界の世界的なトップ企業で、グローバル企業の最も重要なデータを保護し、信頼を得ています。SafeNetは、お客様の貴重な情報を、データセンターからクラウドまで、情報ライフサイクル全般にわたり保護しています。現在、25,000を超える企業や政府機関が情報セキュリティの保護 リンク、リスク管理、コンプライアンス管理 リンク、仮想化・クラウド環境の保護をSafeNetに委ねています。

日本セーフネットについて
日本セーフネット株式会社 リンク(代表取締役社長:酒匂 潔、本社:東京都港区)は、米国SafeNet, Inc.の日本法人で、2001年の設立以来、ネットワークやアプリケーションのセキュリティ製品の日本国内での販売、マーケティング、サポートを提供しています。
Twitter リンク LinkedIn リンク Facebook リンク YouTube リンク Google+. リンクをご覧いただくとSafeNetの詳細情報を入手できます。

SafeNet、SafeNetロゴはSafeNet, Inc.の登録商標です。その他の商標はすべて、各所有者の財産です。
2010 SafeNet, Inc. All rights reserved. SafeNet is a registered trademark of SafeNet, Inc. All other products and brand names mentioned in this document are trademarks or registered trademarks of their respective owners.

本件に関するお客様からのお問い合わせ先
日本セーフネット株式会社
TEL: 03-5776-2751 
E-Mail: jp-info@safenet-inc.com

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先
日本セーフネットPRデスク
(株式会社アクティオ内)
TEL : 03-5771-6426  FAX : 03-5771-6427
E-mail: safenet-pr@actioinc.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。