logo

テクノグローバル、Android陣営に指紋認証搭載のモバイル決済システムを提供

株式会社テクノグローバル 2014年12月10日 13時07分
From 共同通信PRワイヤー

2014年12月10日

株式会社テクノグローバル

テクノグローバル、シービーエージャパンとの業務提携に基づきモバイル決済システムを提供

株式会社テクノグローバル(所在地:東京都中央区、代表取締役:柏原武利)は、2014年12月9日の同社取締役会において、Android陣営にスマートフォンへの指紋認証の搭載とそれを利用したモバイル決済ソリューションを提供することを決定した。
Appleを始め多くの関連企業がネット決済市場でプラットフォーム提供や、認証サービス実施を目標に、安全なネット決済ソリューションの開発競争が激化する中、株式会社シービーエージャパン(所在地:東京都中央区、代表取締役:國枝博昭)との2014年7月14日付の業務提携契約に基づき、2015年3月末より、中国市場に圧倒的支配力を誇り大規模な顧客を持つモバイルソリューションプロバイダーに対して、他に類を見ない安全なネット決済ソリューションの提供を開始する。2015年2月末にスペインのバルセロナで開催されるモバイルワールドコングレス(MWC)で世界に向けて発表する予定である。


株式会社シービーエージャパンについて

シービーエージャパンは、指紋認証製品全般にわたる総合的開発会社。指紋認証製品として、指紋センサ、指紋プロセッサ、指紋アルゴリズム、指紋組み込みモジュールなど指紋による個人認証ビジネスに関わる製品開発で15年間の指紋業界で抜群の技術力を誇る。現在、15億台の指紋認証搭載スマートフォンが見込まれる2018年 の実用化に向けて、さらに画期的な小型指紋認証システムの開発を大手ベンダーと共同開発で進めている。これらの技術は、単に指紋認証製品の提供に留まらず、指紋モバイル決済サービスのような、それらの組み合わせから生まれる事業ソリューションの提供を可能にしている。更に、国民身分証のための公的指紋認証サービスについて、ソリューション提供を開始。パスポート、住民票、行政、医療管理に関して国外からの引き合いが多く、各国が競い合って指紋認証による公的認証の導入を進めている。資本力の大きな会社との共同事業によって長期的な開発、販売、保守体制の確立を目指している。また、我が国の公的指紋認証に対しても、日本の公的企業との連携による共同開発を進める予定。


株式会社テクノグローバルについて

株式会社テクノグローバルは、東京に本社を置く指紋認証プロバイダー。2001年に事業を開始して以来、一貫して日本の指紋認証分野でリーダーシップをとり続けており、指紋関連システムの高度な製造と販売、認証システムの開発とコンサルテーション事業を展開。中国圏だけでなく、欧米市場をはじめとするグローバルな事業展開を目指す。


モバイルワールドコングレス(GSMA Mobile World Congress)について

世界最大級の携帯電話関連展示会と世界中の携帯電話会社、端末製造メーカー、テクノロジープロバイダー、販売会社、コンテンツ会社の有名最高経営責任者が出席するカンファレンスを複合したイベント。2013年からは、2月にスペイン・バルセロナのフィラ・デ・バルセロナで開催されている。来場者数は主催者発表で50,000から60,000人。来場者は世界200か国以上からやって来る。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事