logo

東芝ソリューション、ビッグデータ活用に向けたアジャイル開発センターを都内に開設

~ Pivotal社のメソドロジーを利用して、お客様と新たな価値を創造し、ビジネスへ適用 ~

東芝ソリューション株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:錦織弘信 以下 東芝ソリューション)は2014年12月、ビッグデータ活用アプリケーションをお客様と共に開発する拠点、アジャイル開発センターを東京都内に開設します。
 今回開設するアジャイル開発センターでは、お客様と東芝ソリューションのエンジニアが共同で、Pivotal社のアジャイル開発メソドロジーを利用したオープンスタンダードなクラウドアプリケーションの開発を実施し、ビッグデータ活用ビジネスの早期実現を加速します。

 東芝ソリューションは、ビッグデータを利活用して新たな価値を創造し、ビジネスへ適用するには、アジャイル開発の手法とクラウド・コンピューティングが有効であると考えています。2014年1月より実施したPivotal社とのPivotal Labsでの共同開発プロジェクトでは、自社システム等のアジャイル開発を通じて、有効性が確認できました。そこで蓄積したノウハウをもとに、お客様のビッグデータ活用ビジネスの実現に向け、お客様とより密接に連携する東芝ソリューションとの協業スタイルをご提供していきます。加えて、開発するアプリケーションの俊敏性を高め、グローバルに対応するためにはオープンスタンダードな最新のクラウド開発環境の提供が不可欠であると考え、Pivotal社のアジャイル開発メソドロジーを利用したサービスを提供する開発センターを開設します。


[Pivotalジャパン株式会社 カントリー・マネージャー 正井拓己氏 コメント]
 私どもPivotalジャパンでは東芝ソリューション様が我々Pivotalと共同で推進されたアジャイル開発プロジェクトを通じて培われたスキル、ノウハウをベースに、独自のアジャイル開発センター設立を発表されたことを大変光栄に思います。東芝ソリューション様はこれまでもPivotalのアジャイル開発プロジェクト管理ツール「Pivotal Tracker」やオープンPaaS基盤「Pivotal CF」、Hadoopディストリビューション「Pivotal HD」などの先進的なソフトウェアを活用したアプリケーション開発を最先端のアジャイル開発メソドロジーをベースに推進されてきました。今後、様々なインダストリー・アプリケーションを新たなアジャイル開発センターで開発することで、リーン・スタートアップ、DevOpsなどを実現するこの革新的な試みは、世界でも先進事例になると考えます。 Pivotalジャパンは
今後も東芝ソリューション様のアジャイル開発センターの立ち上げおよび展開をご支援いたします。


[Pivotalについて]
 PivotalはEMC、VMware、GEの投資に基づく新しいソフトウェア・カンパニーとして2013年4月1日に発足しました。ポール・マリッツ(Paul Maritz)をCEO(最高経営責任者)として新しい時代に向けた新しいプラットフォームを提供すべく、アジャイル開発、データサイエンス、クラウド・コンピューティング、オープンソース・ソフトウェア、大規模分散並列処理、リアルタイム・データ・システムなどの分野において、お客様のビジネス・スピードを高める事を目標に事業展開しています。
Pivotalの詳細は、Webサイトリンクをご覧ください。


※文中の社名、商品名などは各社の商標または登録商標である場合があります。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事