logo

2014年に結婚・婚約した『最も印象に残った有名人カップル』は?第1位は向井理さん&国仲涼子さん

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ 2014年12月08日 14時00分
From Digital PR Platform


株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:冨塚 優)が企画制作する結婚情報誌『ゼクシィ』は、新婚※の花嫁たちでつくる「花嫁1000人委員会」を対象に、2014年の有名人の結婚に関するアンケートを行いましたので、その結果をご報告いたします。
(※結婚から2年以内)


▼結婚準備から新生活までの総合情報サイト『ゼクシィ』
リンク


――――――――――――――――――――
■2014年に結婚・婚約した『最も印象に残った有名人カップル』ランキング
――――――――――――――――――――

1位 向井理&国仲涼子  33票(22%)

ドラマの共演から交際をスタートし、12月下旬に婚姻届を提出予定との話題でメディアを席巻。向井さんに憧れる女性ファンたちの悲痛な叫び声がツイッターなどを通して駆け巡りました。

「今年一番のビッグカップルだと思う」
「あのモテイケメンがついに結婚かとビックリ」


2位 田中哲司&仲間由紀恵  19票(15%)

約6年にわたる愛を実らせてゴールインした13歳差のお二人。演技派同士、落ち着いた雰囲気が印象に残ったようです。

「お互い仕事もできて、自立した大人としてかっこいい」
「田中さんの人柄や思いやりのある姿を聞いて、嬉しく思った」


3位 西島秀俊&一般女性  17票(13%)

演技もさることながら、甘いマスクと肉体美で多くの女性から支持されていた実力派俳優の突然の結婚発表に、「うらやましい」との声が多く寄せられました。

「結婚しないでほしい男性有名人だったので」
「一般女性と結婚と聞いて、ショックと同時にうらやましくなりました」


4位 ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー  11票(8%)

6人の子供を育てながら約9年間の事実婚を続けていたお二人がついに結婚。子供たちが描いた絵が刺しゅうされたベールやウエディングドレスに家族愛を感じたという意見も寄せられました。

「世界中の憧れの二人がついに結婚したから」
「夫婦二人もですが、親子の関係が素敵だと思った」


5位 K&関根麻里  7票(5%)

父親の関根勤さんも公認で、約4年半の交際を経て結婚されたお二人。Kさんが韓国の徴兵制度で入隊するなど、なかなか会えない期間も乗り越えて愛を育んだそうです。

「長年の交際を貫いたところに芯の強さが感じられたから」
「日本で挙げたお式が素敵でした」

5位 一般男性&鈴木奈々  7票(5%)

鈴木さんは、中学時代の同級生である地元茨城の男性と約5年の交際を経て結婚。常にオープンなお付き合いで、結婚に憧れ続けていた鈴木さんを温かく見守っていた人も多いようです。

「ずっと結婚したいとテレビで言っていたので、夢が叶って微笑ましく思った」 
「結婚してから、ますます可愛くなった」


※ゼクシィ「花嫁1000人委員会」アンケート(2014年11月実施)  回答者数130名/敬称略


――――――――――――――――――――
■2014年に結婚・婚約した『パートナーを支えている様子が最も印象的』ランキング
――――――――――――――――――――

1位 ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリー  37票(31%)

「お互い自立しているけど、お互いが尊重している」 
「アンジーの乳腺切除手術の際、献身的に支えていたブラピが素晴らしい」


2位 葛西紀明&一般女性  20票(17%)

「競技に集中できるのは、奥さんがそばで支えていたから」
「オリンピックのメダル獲得を陰で支えていたと思う」


3位 EXILE/MATSU&一般女性  11票(9%)

「EXILEとして大変な7年をそばで支えていた」
「難病であることを知りながら長い交際期間を経て結婚したのが素敵だった」


※同アンケート 回答者数121名/敬称略


――――――――――――――――――――
■2014年に結婚・婚約した『国境を越えて愛を育んでいるカップル』ランキング
――――――――――――――――――――

1位 K&関根麻里  74票(63%)

「日韓をつなぐスター同士でずっと仲良くしてほしい」
「国際結婚は大変だと思うけど、関根さんのキャラクターだから乗り越えられる気がする」


2位 一般男性&宇多田ヒカル  11票(9%)

「宇多田さんの存在自体が国境を越えている感じがする」
「グローバルな家庭を築いてほしい」


3位 葛西紀明&一般女性  6票(5%)

「海外遠征が多いであろう葛西選手を支えている印象が強い」
「ソチオリンピックで、国際電話でのプロポーズだったから」
※国際結婚ではないですが、海外遠征が多い印象や国際電話でのプロポーズなどを理由に、ランクインしました。


※同アンケート 回答者数113名/敬称略


――――――――――――――――――――
◎参考 結婚情報誌『ゼクシィ』媒体概要
――――――――――――――――――――

ホテルや専門式場、チャペルレストランなど様々なスタイルのウエディング会場をはじめ、ジュエリーやドレス、引出物、二次会会場など、ブライダルに関する情報を掲載しています。

誌名:ゼクシィ   
発行開始日:1993年5月24日  
発行エリア:全国 19版  
部数:約30万部
発行サイクル:毎月23日~25日 ※版によって異なる 
定価:300円~500円(税込) ※版によって異なる
※「青森・秋田・岩手版」「宮城・山形版」「福島版」は特別価格210円シリーズ :『ゼクシィ国内リゾートウエディング』『ゼクシィ海外ウエディング』『ゼクシィPremier』
Webサイト:『ゼクシィ』(PC)『ケータイゼクシィ』(携帯)『プロポーズゼクシィ』

▼『ゼクシィ1月号』(11月22日発売)はネットでもご購入いただけます。
リンク

▼ゼクシィプロポーズ応援プロジェクト2014
リンク

▼『プロポーズゼクシィ~花開け!! 求婚男子~』
リンク

▼結婚準備から新生活までの総合情報サイト『ゼクシィ』
リンク

▼会場選びから結婚式準備全般を対面でしっかりサポート『ゼクシィ相談カウンター』
リンク

▼リクルートマーケティングパートナーズについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。