logo

Altairが南アフリカのハイパフォーマンスコンピューティングセンターのパートナーに

今後3年間にわたりカンファレンスのスポンサーとして最先端の研究開発を支援

Altairは、2014年12月1日~5日に開催される南アフリカのハイパフォーマンスコンピューティングセンター(CHPC)ナショナルカンファレンスのプラチナスポンサーを3年間務めることを決定しました。同カンファレンスには、約350人の代表者が出席する予定です。CHPCは、インパクトを与えるような最先端の研究、製品設計、インフラストラクチャー開発を実現すべく、南アフリカの官民セクターに対して世界レベルのハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)の専門知識を提供しています。

「当センターの根底にある使命は、あらゆるセクターでハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)の導入を促進することで、科学技術分野における南アフリカの競争力を高めることにあります。生命情報学、エンジニアリング、天文学に留まらず、人文科学、財政学、芸術といった分野にいたるまで、HPCは、わが国の環境フットプリントなどの将来を形作る上で価値ある役割を果たすでしょう」と、CHPCのResearch Communications SpecialistであるNoxolo Moyake氏は述べています。

「HPC業界やHPC産業のリーダーたちにAltairの能力を示すだけでなく、南アフリカ地域の成長を支援および促進できる理想的なパートナーシップです」と、Altair South AfricaのCountry Managerを務めるGronum Smithは述べています。

今年のカンファレンスは、ムプマランガ州のクルーガー国立公園に位置するスククーザ・レスト・キャンプで開催されます。「Towards an Energy Efficient HPC System(エネルギー効率の高いHPCシステムに向けて)」というテーマのもと、HPCのグリーンな利用方法やアプローチに焦点を当てます。AltairのEMEA地域のSenior Vice Presidentを務めるDetlef Schneiderが、無限の設計検討によってイノベーションを推進するためのHPC技術の利用を主題に基調講演を行います。特にSGIとの目下進行中のコラボレーションにより、Altairは電力効率の高いエクサスケールコンピューティングの分野を牽引しています。

HPC Advisory Councilも招集され、どうすればCHPCが南アフリカの産業パートナーに最善を尽くせるかについて評価および助言を行います。また、南アフリカ開発共同体(SADC)のHPCコラボレーションフォーラムでは、HPCのパワーを活用し、研究目標、インフラストラクチャー開発、教育、公共政策を推し進めるための地域的な協働について議論します。最後に、来年ドイツで開催されるInternational Student Cluster Competitionにディフェンディングチャンピオンの南アフリカ代表として出場するという念願の座をかけて、CHPCが支援する学生チーム同士によるコンテストも実施されます。

Altairは、この6月にステレンボッシュに本社を置くEM Software & Systems - S.A.(Pty)社を買収しています。詳細については、www.chpcconf.co.za.をご覧ください。

用語解説

Altairについて
Altairは、ビジネスパフォーマンスの改善のために、設計、プロセス、意思決定を統合かつ最適化するシミュレーション技術の開発と様々な分野への適応に注力しています。 2300人を超える従業員を擁する非上場企業であるAltairは、米国ミシガン州トロイに本拠を置き、22ヵ国に40以上のオフィスを構えています。 顧客は多種多様な業種にわたり、その数は5000社以上にも及んでいます。 詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。