logo

JOGMEC Techno Forum 2014 開催報告

JOGMEC 2014年12月03日 10時54分
From Digital PR Platform


 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)は、11月26日と27日の2日間にわたり都内ホテルにて「JOGMEC Techno Forum 2014」を開催致しました。本フォーラムでは、約1000名の参加者を得て資源開発における最新の技術的課題と日本の最先端技術に関する様々な議論や幅広い意見交換を行いました。

 JOGMEC Techno Forum 2014 では、技術立国である日本の特性を活かし、石油・ガス開発の上流分野において技術を梃子にしたビジネス創生の機会を設けるべく、海外国営石油会社や国際石油会社、日本企業より石油資源開発の第一線でご活躍されている方々をご招待し、資源開発における技術的課題や我が国技術シーズの可能性について情報交換を行いました。
 本フォーラムへは資源開発分野にとどまらず様々な業種・分野より約1000名の方々にご来場頂き、大盛況のうちに終了致しました。
 1日目は各国・企業の資源戦略や開発状況について国際石油開発帝石株式会社 北村代表取締役社長をはじめ、資源開発分野を牽引されている国内外の石油・ガス開発企業や産油・産ガス国の幹部の方々よりご講演を頂きました。また、午後のパネル・ディスカッションでは、石油・天然ガスや非在来型資源の知見を有する専門家の方々を招き、資源開発における変化がおよぼす波及効果や日本技術の可能性について議論を行いました。
 2日目は、高濃度CO2ガス田開発、重質油田開発、氷海・大水深油ガス田開発の3つのテーマの下、CO2分離膜、超臨界水による重質油の改質技術等各国の抱える技術課題と課題に取り組む日本の最先端技術について具体的な事例を織り交ぜた発表を行って頂きました。
 さらに、ご来場頂いた方々へ資源開発をより身近に感じて頂くべく、JOGMECが取り組んでいる技術ソリューション事業の紹介や、資源開発分野で活躍する日本企業の方々を招き、各社のR&D戦略に関するパネル・ディスカッションを行いました。
 ご来場者からは、「本フォーラムを通して産油・産ガス国等から、具体的な技術課題などの貴重な話を直接聞くことができ、自社の技術シーズと資源開発分野のニーズを結びつけるためのヒントを得ることができた」との声が寄せられております。
 本フォーラムでは講演だけでなく、ネットワーキングレセプションや両日を通じ開催した日本技術に関する展示会などの場を通じ、参加された皆様や講演者の方々との間で資源開発における課題と日本の技術シーズに関する活発な意見交換が行われました。
 JOGMECは今後とも本テクノフォーラムをはじめとする「技術ソリューション事業」の活動を通し、石油・天然ガス業界の上流における産油・産ガス国等の技術課題に日本企業の有する革新技術を用いて解決策を提案するべく活動を続けてまいります。

■ JOGMEC Techno Forum 2014の主な講演者
来賓からのご挨拶
・経済産業省 資源エネルギー庁長官 上田 隆之 氏
基調講演
・国際石油開発帝石株式会社 代表取締役社長 北村 俊昭 氏
・アラブ首長国連邦 アブダビ国営石油会社(ADNOC)
Director of Strategy & Coordination Ali Khalifa Al Shamsi 氏
・タンザニア連合共和国エネルギー鉱物省 副次官 Ngosi C.X. Mwihava 氏
他講演(一部)
・Total 社 Vice President, Research & Development, Exploration & Production Daniel Plathey 氏
・IHS社 Chief Upstream Strategist Bob Fryklund氏
・一般財団法人日本エネルギー経済研究所 理事 山下 ゆかり 氏
・国際石油開発帝石株式会社 アメリカ・アフリカ事業本部 本部長補佐 内村 泰三 氏
・株式会社商船三井 常務執行役員 橋本 剛 氏
・エネルギー・環境問題研究所代表 石井彰 氏
・ベトナム国営石油会社 Deputy General Manager, Production Div. Nguyen Ngoc Hoan 氏
・オマーン国営石油会社 Head of New Technology Implementation Syham Bentouati 氏
*「技術ソリューション事業」:産油ガス国等が抱える技術課題(二ーズ)について、JOGMEC と日本企業
が一体となって技術的解決策(ソリューション)を提案することで、日本企業のビジネス創成を支援するととも
に、産油国等との関係を強化し、石油・天然ガスの権益取得に寄与することを目的とした事業。
          
             
→全文を読む
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事