logo

ISID、「金融イノベーションビジネスカンファレンスFIBC2015」の開催を決定

Fintech分野で日本唯一のピッチコンテスト出場者公募を開始、参加チケットも同時発売 リンク

Tokyo, Dec 2, 2014 - ( JCN Newswire ) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)は、金融分野のイノベーションに特化したイベント「金融イノベーションビジネスカンファレンス(以下FIBC)2015」を2015年2月26日に開催します。本日より、本イベントのメインプログラムであるピッチコンテスト「FinPitch」出場者公募ならびに参加チケットの発売を開始します。

今回が4回目の開催となるFIBCは、昨今注目を集めるFintech※分野で国内最大規模のイベントです。この分野で日本唯一のピッチコンテスト「FinPitch」やネットワーキングなどを通じて、金融ベンチャー企業・金融機関・ベンチャーキャピタル・メディア等が直接交流することができる貴重な場として、例年好評をいただいています。

開催にあたり、ピッチコンテスト出場者として、事業規模や法人・個人の別、サービス提供実績を問わず、「金融分野における先進的かつ革新的なサービスの提供者」を広く募集します。出場者には、サービスの先進性・革新性をアピールする7分間のデモンストレーションを行っていただきます。終了後は、来場者投票と審査員の採点により、優秀なサービスを表彰します。今回から新たに審査員による採点方式を導入し、専門家の視点での評価を加味します。(出場者募集要項、参加チケット購入方法は次頁参照)

<FinPitch審査員>
株式会社三菱東京UFJ銀行IT事業部プリンシパルアナリスト 柴田誠氏
マネックスグループ株式会社執行役員、マネックスベンチャーズ株式会社取締役 高岡美緒氏
Femto Growth Capital LLP ゼネラルパートナー、公認会計士 磯崎哲也氏
B Dash Ventures株式会社 シニア・インベストメントマネージャー 西田隆一氏

ISIDはかねてより、大手都市銀行をはじめとする数多くの金融機関において、インターネットバンキングやローン審査など個人向け金融サービス分野のシステム構築や、マーケティング支援などのサービス提供を手掛けてまいりました。また欧米における金融イノベーションの潮流や日本の金融ベンチャー企業の動向にも早くから着目し、新たなサービス開発にも積極的に取り組んでいます。ISIDは、本イベントの開催を通じ、日本における「金融イノベーション」の創造と浸透をテクノロジーの側面から支援することにより、日本の金融サービス市場の活性化に貢献してまいります。

※ Fintech: FinanceとTechnologyを組み合わせた造語で、金融とITの融合によるイノベーションや、その実現を目指すスタートアップを指す。Fintech領域のベンチャー投資額はグローバルで拡大しており、日本でも近年注目されつつある。

<FIBC2015開催概要>
■ イベント名: 金融イノベーションビジネスカンファレンスFIBC2015
(Financial Innovation Business Conference 2015)
■ 日時: 2015年2月26日(木) 13:00~19:00 (予定)
■ 会場: 日本橋三井ホール(東京都中央区)
■ 主催: 株式会社電通国際情報サービス
■ 定員: 300名
■ 参加費:
一般 7,500円
早割 5,000円 (12月25日購入分まで)
* チケット購入者全員に、もれなくハイヤーサービスUber( www.uber.com リンク )の初回限定クーポン4,000円分をプレゼント。
* 学割他、各種割引チケットあり。詳細はイベントサイト( リンク )をご確認ください。
■ チケット購入方法: イベントサイト( リンク )よりお申し込みください。
■ プログラム(予定)
◇ キーノートスピーチ
◇ FinPitch
◇ 表彰
◇ ネットワーキング

<「FinPitch」出場者募集要項>
■ 募集対象
インターネットやクラウド、ソーシャルメディア等を活用して、先進的かつ革新的な金融サービスを提供する法人、団体または個人。(カテゴリ例…投資、保険、家計簿、決済、電子マネー、資産運用、与信判断、セキュリティなど)
■ 募集枠
10サービス程度を予定
■ 応募条件
- 2013年4月以降に提供開始したサービス、またはこれから開始予定のサービスであること。
- これから開始予定のサービスの場合は、2015年1月末までにデモンストレーションができる状態であり、事前にFIBC事務局にサービス詳細の説明が可能なこと。
- これまでのFIBCで発表済のサービスは応募不可。ただし、バージョンアップなどによりサービスメニューや機能の拡張があれば可能。
■ 募集スケジュール
募集期間: 2014年12月2日(火) ~ 2014年12月25日(木)
結果通知: 2015年1月中旬 ※ 応募者へご連絡させていただきます。
■ 応募方法
以下の宛先へメールにてご連絡ください。担当者より折り返しご連絡させていただきます。 株式会社電通国際情報サービス FIBC事務局
E-Mail: g-finmarketing@group.isid.co.jp

(応募に際しての留意事項)
- 応募者は、応募サービスについて技術上・製造上の責任を負うことができ、かつ第三者の知的財産権を侵害しないものとします。
- 応募、審査およびデモンストレーションに関して応募者にかかる費用は、応募者が負担するものとします。応募者は、応募内容の記載事項やデモンストレーションに関し、自らが必要と判断する知的財産権等の法的保護対策を講じた上で、一般に公表しても差し支えのないものとし、かつFIBC事務局、審査員およびその他カンファレンスへの参加者に対し、いかなる秘密保持義務も要請しないものとします。

<ご参考資料>

金融イノベーションビジネスカンファレンス FIBC (Financial Innovation Business Conference) について
金融イノベーション企業、ベンチャーキャピタル、金融機関が一堂に会し、日本の金融サービス市場にイノベーションをもたらすために何が必要であるかを、金融イノベーション企業によるデモンストレーションや有識者による講演を通じて議論していく試みです。2012年から毎年開催し、Fintech分野では国内最大規模のイベントです。
- FIBC公式サイト
リンク
- FIBC公式Facebookページ
リンク

「金融イノベーション」に関するISIDの取り組みについて
ISIDでは、金融分野における先端の技術動向およびそれらがビジネスにもたらす影響をいち早く捉え、お客様とともに新しいビジネス・アイデアを考えるプロジェクト「Financial Innovative Business Project(FIBP)」を2007年に立ち上げました。以来継続して、テクノロジーの進化が金融ビジネスにもたらすイノベーションについての調査・研究に取り組んでいます。これまでの調査・研究テーマは「学生と考える、学生が使いたくなる金融サービス」「米国リテール金融最新事情」「パーソナルファイナンス」「金融機関に求められるバリアフリーサービスとは」など多岐にわたり、その研究成果は金融機関向けのシステムソリューションに生かされています。テーマごとの考察をまとめたリポートを随時ウェブサイトで公開していますので、ぜひご覧ください。
リンク

関連プレスリリース
- ISID、「金融イノベーションビジネスカンファレンスFIBC2014」の受賞サービスを発表~大賞は「マネーフォワード」、2位は「PAYGATE」が受賞~(2014年3月4日)
リンク
- ISID、「金融イノベーションビジネスカンファレンスFIBC2013」の受賞サービスを発表~大賞は「ReceReco」、2位は「Zaim」が受賞~(2013年3月19日)
リンク
- ISID、金融イノベーションに特化した日本初のイベント「FIBC2012」を開催(2012年1月30日)
リンク

<電通国際情報サービス(ISID)会社概要>
社名: 株式会社電通国際情報サービス(略称: ISID)
代表者: 代表取締役社長 釜井 節生
本社: 東京都港区港南2-17-1
URL: リンク
設立: 1975年
資本金: 81億8,050万円
連結従業員: 2,426人(2014年3月31日現在)
連結売上額: 73,970百万円(2014年3月期)
事業内容: 1975年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovatorをビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営・連結会計、HRM(人事・給与・就業)、ERP、マーケティング、クラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。

* 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

【FIBC2015に関するお問い合わせ、協賛申し込み、当日取材申し込み】
株式会社電通国際情報サービス
金融ソリューション事業部 金融事業戦略部 FIBC事務局
TEL: 03-6713-7007
E-Mail: g-finmarketing@group.isid.co.jp

【報道関係お問い合わせ】
株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション室 李
TEL: 03-6713-6100
E-Mail: g-pr@isid.co.jp

概要:株式会社電通国際情報サービス

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。