logo

経済産業省 後援のCMコンテスト「my Japan Award 2014 FINAL」開催 審査発表会、中島信也氏などが登壇するトークセッションの参加者を募集

my Japan 2014年12月02日 09時39分
From Digital PR Platform


「ガイドブックにない日本の魅力を世界に発信」をコンセプトに活動する非営利団体my Japan(代表:岡本俊太郎)は、日本の魅力を30秒の映像で表現するCMコンテストmy Japan Award 2014の最終審査発表会イベント、「my Japan Award 2014 FINAL」を、12月7日(日)17時から渋谷ヒカリエ9F ホールBにて開催します。

開催に際して、学生や若手クリエイターの方々を中心に、現在参加者を募集しています。本イベントは、my Japan Award 2014の審査発表の場ではありますが、トークセッションや交流会なども設けており、作品を投稿していない方でも大いに楽しむことができます。

my Japan Award 2014は、今年のお題を「ガイドブックにない、゛今゛の日本の魅力」と設定し、4月から作品の募集を開始しました。10月の応募締切までに168作品が投稿され、11月の1次審査発表では、74作品が通過しました。本イベントでは、1次審査を通過した74作品の中から、最優秀賞、優秀賞、審査員賞を発表します。

また、最優秀賞に選ばれた1作品は、渋谷スクランブル交差点「Q'S EYE(QFRONTの超大型LEDビジョン)」で、受賞作品を1ヶ月間放映します。

トークセッションは、「Creative Base ~今、20代のクリエイターに伝えたいこと~ 」と題し、my Japan Award 2014を審査した広告業界の最前線を走るトップクリエイター方が登壇するトークイベントです。「どんな20代を送っていたの?」や「これからクリエイターを目指す人や、クリエイターの卵に伝えたいことは?」などといった若者たちに向けたテーマで、熱いトークを繰り広げます。

これからプロのクリエイターを目指そうとしている学生や、若手クリエイター方は必見です。

■開催概要・募集要項

【名称】
my Japan Award 2014 FINAL

【主催、後援】
主催: my Japan、後援: 経済産業省

【協賛】
コア・パートナー: 東京急行電鉄株式会社
インカインド・パートナー: サントリー食品インターナショナル株式会社、 Digital PR Platform

【開催日時】
2014年12月7日(日)17:00-21:00

【開催場所】
渋谷ヒカリエ9F ホールB (東京都渋谷区渋谷2-21-1)

【開催内容】
my Japan Award 2014最終審査発表&表彰式、トークセッション、交流会

【審査員】
中島信也氏 (東北新社)、 箭内道彦氏 (すき あいたい ヤバい)、 福里真一氏 (ワンスカイ)、 高崎卓馬氏 (電通)
木村健太郎氏 (博報堂ケトル)、 伊藤直樹氏 (PARTY)、 河尻亨一氏 (銀河ライター)、 えぐちりか氏 (電通)
※順不同
※当日出席される審査員は下記サイトにて随時更新します。
 リンク

【賞品】 最優秀賞: 賞金50万円
渋谷スクランブル交差点「Q'S EYE(QFRONTの超大型LEDビジョン)」で、
受賞作品を1ヶ月間放映
※その他、賞に関する詳細は、下記サイトを参照ください。
リンク


【タイムスケジュール】
16:30 開場
17:00 開演
17:10-18:10 トークセッション「Creative Base ~今、20代のクリエイターに伝えたいこと~」
18:10-20:00 my Japan Award 2014表彰式
20:00-21:00 交流会
※一部変更になる場合がございます。予めご了承ください。

【定員】
250名

【参加費】
学生:1,500円、 社会人:2,500円


■トークセッション登壇者 ※順不同

中島信也氏 (東北新社)
CMディレクター
主な仕事に、タケダ「アリナミンV」、日清カップヌードル「hungry?」、ホンダ「StepWGN」、
サントリー「DAKARA」「燃焼系アミノ式」「伊右衛門」、資生堂「化粧惑星」「マキアージュ」など。
数多くのヒットCMを演出。資生堂の企業広告「新しい私になって」では作詞も手がける。
独特の風貌と関西弁を生かした”しゃべり”のファンも多い。

河尻亨一氏
銀河ライター主宰、東北芸工大客員教授
雑誌「広告批評」在籍中には、広告を中心に多様なカルチャー領域など1000人に及ぶ世界のクリエイター、タレ
ントにインタビューする。
現在は紙メディア・ウェブサイトの編集執筆からイベントの企画、
ファシリテーション、企業の戦略立案およびPRコンテンツノ企画・制作・アドバイスなど行う。

伊藤直樹氏 (PARTY)
クリエイティブディレクター
2011年、クリエイティブラボPARTYを設立。代表取締役(CEO)を務める。
これまでにカンヌ、D&AD、ONESHOW、ADFEST、ACC、TCC、メディア芸術祭など、国内外の200以上に及ぶ
広告賞・デザイン賞を受賞。
経済産業省クールジャパンプロジェクトのクリエイティブディレクター(2011)
経産省官民有識者会議メンバー(2011,2012)

木村健太郎氏 (博報堂ケトル)
アカウントプランナー、クリエイティブディレクター
2006年、博報堂ケトルを設立。
ソニーBRAVIA “Color Tokyo”、 “Sony Recycle Project JEANS”、Google“未来へのキオク”といった、デジタル
やアウトドアを使ったイノベーティブなキャンペーンを得意とする他、サントリー“伊右衛門”のアカウントプランニ
ング、JUJUのミュージックビデオ“Hello Again”や震災被災地向けの“Dear Japan, from Phuket”などの映像作品
制作も手がけている。

えぐちりか氏 (電通)
アートディレクター / アーティスト
広告、アート、プロダクト、衣装、装丁、ジュエリーデザインなど様々な分野で活動を展開。
主な仕事に、ソフトバンク「PANTONE6」携帯端末GALAデザイン及びCMグラフィック、TBS6チェン!、
ベネッセこどもチャレンジbaby教材玩具デザイン、PARCO、Laforetのファッション広告、
「優香グラビア&ボディー」の装丁など。
JAGDA新人賞、ひとつぼ展グランプリ、岡本太郎現代芸術大賞優秀賞、グッドデザイン賞、イギリスD&AD金
賞、スパイクスアジア金賞、アドフェスト、キッズデザイン賞、他受賞多数。
     
                                                 
■my Japanについて
my Japanは、「ガイドブックにない日本の魅力を世界に発信」をコンセプトに、「my Japan Award」や「my Japan Conference」などの企画・運営をしている非営利団体です。2010年に学生団体として始動したmy Japanは、今年2014年で5周年を迎えました。
今年は、my Japan設立5周年特別企画として、首都圏在住の大学生や若手広告代理店クリエイターを中心とした若者たちが、地方の魅力を現地で体感し発信する企画、「Creative Summer Camp」を初企画・開催しました。
今後とも、学生と若手社会人メンバーで、一人ひとりが日本を語れる世の中になることを目指し、活動していきます。

・my Japanオフィシャルサイト: リンク
・Creative Summer Campオフィシャルサイト: リンク
・Creative Summer Camp参考記事(greenz.jpより引用): リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。