logo

enjoy Railswayコラムの第三回「PassengerRuby, RailsEnv」が公開

RubyにつよいWEB開発会社であるトランスネット株式会社はenjoy Railswayコラムの第三回「PassengerRuby, RailsEnv」を公開しました。

###
Ruby on Railsで構築したアプリケーションを実際に運用する場合、おそらくWEBrickではないWebサーバを利用することになります。

unicorn、pumaなど選択肢は色々ありますが、比較的手軽に利用できるものといえばPassengerではないでしょうか。
Ruby on Rails: Deployでも、Passenger aka mod_railsとして取り上げられています。
また、最近ではRaptorのコードネームを持つPassenger5も注目されています。(コラム執筆時点でβ版)

Phusion Passenger

弊社では、ノウハウの蓄積があるApacheにPassengerを組み合わせた環境を数多く運用しています。

enjoy Railsway 第3回は、Apache+Passengerの組み合わせで、複数Railsアプリケーションを様々な環境指定で実行する方法をご紹介します。

※以降、Apache + Passengerについての内容となります。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

このプレスリリースの付帯情報

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。