logo

「終着駅」のまちが一堂に集い未来を考える◆ 第2回 終着駅サミットin氷見 ◆

氷見市 2014年11月25日 18時00分
From 共同通信PRワイヤー

平成26年11月25日

富山県氷見市

<北陸新幹線開業記念>
「終着駅」のまちが一堂に集い未来を考える
◆ 第2回 終着駅サミットin氷見 ◆
北陸新幹線開業記念事業・「世界で最も美しい湾クラブ」加盟記念事業

 目前に控えた北陸新幹線金沢開業を見据え、“まちの顔をつくる”「終着駅」の新たな役割と存在意義について見つめ直すため、「終着駅」を持つ自治体や関係機関等が一堂に会し、住民や鉄道ファンと一緒に、駅を基点としたまちづくりへの方策を考えるサミットを開催します。

 ■期  日      平成26年11月29日(土)13:15~17:30
           【特別企画】氷見市長とのまち歩き 11月30日(日)9:00~12:00

 ■会  場      氷見市ふれあいスポーツセンター(富山県氷見市鞍川43-1)

 ■基調講演    「“アイデア鉄道”フラワー長井線(山形県)」
           ~民間公募社長が仕掛けた活性化戦略~
           野村 浩志氏(山形鉄道代表取締役社長)

 ■ゲスト講演   「“魅力を切り取る”世界で最も美しい湾を望む氷見線の情景」
           ~カリスマ写真家が語る終着駅は始発駅~
           中井 精也氏(鉄道写真家)

 ■講  演     「“里山里海を結ぶ”城端・氷見線活性化の処方箋」
           ~使いやすく連携のとれたローカル鉄道を目指して~
           波床 正敏氏(大阪産業大学教授)

 ■ハ゜ネルテ゛ィスカッション 「“まちの顔をつくる”終着駅の役割」
          ~シビックプライドを高め、記憶をつなぐ~
   【パネラー】 東 敏明氏(JR西日本金沢支社副支社長)
          栗生 明氏(栗生総合計画事務所代表/氷見駅周辺整備設計者)
          高橋 正樹氏(高岡市長)
          田中 幹夫氏(南砺市長)
   【アト゛ハ゛イサ゛ー】野村 浩志氏/波床 正敏氏
   【コーテ゛ィネーター】本川 祐治郎氏(氷見市長)

  ■主  催    終着駅サミットin氷見実行委員会
  ■共  催    氷見市、氷見商工会議所、氷見市観光協会、JR氷見線応援委員会
  ■後  援
富山県、高岡市、南砺市、砺波市、城端・氷見線活性化推進協議会、富山県呉西地区公共交通再生研究会、高岡商工会議所、高岡市商工会、南砺市商工会、砺波商工会議所、高岡市観光協会、南砺市観光協会、砺波市観光協会、富山地方鉄道、万葉線、富山ライトレール、北日本新聞社、富山新聞社、北陸中日新聞、読売新聞北陸支社、朝日新聞富山総局、毎日新聞社富山支局、富山県市町村新聞社、NHk富山放送局、北日本放送、富山テレビ放送、チューリップテレビ、能越ケーブルネット、ラジオたかおか、氷見市自治振興委員連合会

 ■問い合わせ先 終着駅サミットin氷見実行委員会事務局
         (氷見市観光・マーケティング・おもてなしブランド課)
         tel 0766-74-8036



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。