logo

【入門 株のシステムトレード 利益が出るロジックのつくり方】のBookドリルアプリを提供開始!

株式会社ライムス 2014年11月20日 11時00分
From PR TIMES

Bookドリルは、話題の1冊を、たった3分で把握できるクイズ形式の診断アプリとして提供するサービスです。

株式会社 ライムス(所在地:東京都中央区、代表取締役:吉村光司)は、【入門 株のシステムトレード 利益が出るロジックのつくり方、斉藤正章 監修】のBookドリル版を、2014年11月14日(金)より提供開始しました。



■Bookドリル版、【入門 株のシステムトレード 利益が出るロジックのつくり方】
リンク

【内容紹介】
◎システム売買で利益を出すための技術(アイデアの発想から実践トレードまで)を解説する実践的な株式投資入門。

ここ数年、システムトレードを実践する個人投資家が急速に増えてきました。
理由のひとつに、先物やFXに代表される高レバレッジの金融商品を非常に短期間で売買するときに、「裁量(自分の判断)」に委ねるのが困難になってきたことがあげられますが、こうしたシステム売買の流れが個別株の取引にも盛んに応用されるようになっているのです。

一方で、大多数のシステムトレーダーは、既存のテクニカル指標をアレンジするにとどまり、やがてその指標が不得意な相場局面で利益を失って挫折。中長期的に安定した利益を生み出す「魔法の杖」を見出せないでいます。

このBookドリルは、オリジナルのシステムを開発するうえで必要な、トレードアイデアの生み出し方、アイデアをロジック(売買ルール)にするコツ、ロジックをシステム化するときの検証方法・注意点など、本格的なシステムトレード、オリジナルなロジックによるシステム売買を実践するためのノウハウを、実際に有効な(検証済みの)システムを示しながら伝授します。

損切りの設定や、ポジションの増減など、リスク管理やマネーマネジメントにまで踏み込んで解説した、「システムトレード」の初心者から初級・中級者まで取り込める内容です。


【アプリ概要】

■出版社
日本実業出版社

■監修
斉藤正章 氏

1975年、東京都生まれ。デザイン系専門学校を卒業後、システム開発会社に就職。プログラマー兼システムエンジニアとして8年間勤務。元手30万円で株式投資を開始。独自のシステムを開発してから常勝トレーダーとなり、資産1億円を達成した後も安定した運用を続けているカリスマ個人投資家。著書に『かんたん図解 しっかり儲ける日経225mini入門』(共著)、『株 勝率80%の逆張りシステムトレード実践テクニック』『入門 株のシステムトレード 利益が出るロジックのつくり方』(いずれも日本実業出版社)がある。

■出題形式
3択、毎回8問をランダムで抽出のうえ出題

・アプリ名:【入門 株のシステムトレード 利益が出るロジックのつくり方】Bookドリル版
・価格:無料
・Webサイト:リンク
・App Store: リンク
・Google Play: リンク

【アプリ提供】
会社名 : 株式会社ライムス
代表者 : 代表取締役 吉村光司
設立 : 2005年2月25日
所在地 : 東京都中央区銀座1-20-1 オーキッド銀座ビル4階
URL : リンク

※「Bookドリル」は株式会社ライムスの登録商標です。


本アプリに関するご質問・お問い合わせは下記までお願いいたします。

株式会社ライムス 広報担当
〒104-0061 東京都中央区銀座1-20-1 オーキッド銀座ビル4階
電話 :03-6365-5927(代表) FAX:03-6369-3624

■ 電子メール :pr@rhymes.co.jp
■ 会社サイト : リンク
■ Bookドリル公式サイト:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事