logo

住宅ソリューションのNomad Temporary Housingが香港にオフィス開設

Nomad Temporary Housing 2014年11月20日 10時32分
From 共同通信PRワイヤー

住宅ソリューションのNomad Temporary Housingが香港にオフィス開設

AsiaNet 58707(1305)

【香港2014年11月19日PRN=共同通信JBN】仮設住宅ソリューションのグローバルリーダーであるNomad Temporary Housingは19日、アジア太平洋地域オフィスを開設したと発表した。同オフィスは香港のコーズウェイベイに置き、ますます増えているアジア太平洋地域の顧客と米国人固定客の名簿に対し、地域全域で質の高いサービスを提供する共同住宅を提供する。

この地域オフィスはインド、中国、オーストラリア、日本、東南アジアを含むアジア太平洋全域であらゆる面のサービスを取り扱う。同オフィスを率いるのはAPAC(アジア太平洋)業務担当副社長でリロケーション(海外移住・転居)業界ベテランのメラニー・ピルツ氏である。ピルツ氏はNomadに12年の経験を持ち込むが、最近まで香港、上海でBrookfield Global Relocation Servicesのグローバルオペレーション担当ディレクターだった。

Nomad Temporary Housingのギャバン・ジェイムズ社長兼最高経営責任者(CEO)は「Nomadの並外れた世界進出は、当社にアジア太平洋地域の業務拠点設立を求める顧客によって推し進められた。Nomadの今回のオフィス開設は、EMEA地域にサービスを提供するロンドンに新オフィス開設に続くものである」と語った。同社のカール・サージ執行副社長は「当社モデルは100%公平な選択肢を提供することであり、世界的に最も多様なサービスを提供する集合住宅ソリューションをとりまとめている。われわれはAPAC地域で300余りの4つ星、5つ星の不動産物件を所有し、そのすべてが世界クラスのサービス会社の手厚い支援を受けて提供される。これら有力なブランド物件は、各種の娯楽施設を備え、それぞれ質の高い短期、長期的な滞在施設を提供する。同様に特定のブランドを管理するネットワーク・プロバイダーとは違って、われわれは可能な限り良質の住宅ソリューションを先入観持たず自由に提供することができる。と言うのも、われわれは当該市場にあるいかなる住宅ビルあるいはブランドと何ら金銭的つながりもないからである」と語った。

Nomad Temporary Housingは米カリフォルニア州サンディエゴを拠点としており、世界中で仮設住宅、サービス付き集合住宅、長期滞在ホテルなどのソリューションを提供する有力プロバイダーである。Nomadはクライアントの望む選択肢を与えて、必要とするロケーションに7万9000の集合住宅とさらに数千のホテルルームを提供する一連のパートナーを活用している。Nomadの大切なクライアントの話によると、同社のサービス提供は世界のほかのサービス付き宿泊施設ブランドより一歩先を行っている。詳細はウェブサイトwww.homadtemphousing.com を参照。

さらに詳しい情報は以下を参照。
Gavan James
+1-619-313-4300
gjames@nomadtemphousing.com

ソース:Nomad Temporary Housing

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。