logo

Dolby Atmosに対応したデノン フラッグシップAVレシーバー AVR-X7200W発売

株式会社ディーアンドエムホールディングス 2014年11月20日 10時00分
From PR TIMES

圧倒的な情報量と空間再現力により三次元立体音響再生の新たな指標となる、デノンのフラッグシップモデル

デノンは、9.2chフラッグシップAVサラウンドレシーバー「AVR-X7200W」を2015年1月上旬に発売いたします。



AVR-X7200Wは、デノンのパワーアンプ設計において長年受け継がれてきた、シンメトリーレイアウトを継承。そしてパワーアンプ回路をチャンネル毎に個別の基板に独立させた9chモノリス・コンストラクション・パワーアンプを搭載。増幅素子にはHi-Fiアンプの設計思想を踏襲した「DHCT (Denon High Current Transistor)」を採用しています。電源回路はデジタル回路、プリアンプ回路、パワーアンプ回路を独立させ、電源部のトランス、ブロックコンデンサーには、大容量かつ高速な電源供給に最適化されたデノンカスタム品を採用。整流ダイオードには、大電流に対応したHi-Fiオーディオグレードのショットキーダイオードを並列使用するなど、音質設計をさらにブラッシュアップ。圧倒的な情報量と空間再現力により、コンテンツ制作者の意図をありのままに再現します。

デジタル回路においても全面的な刷新を行い、新世代の32bit対応D/Aコンバーターを新たに採用。また、ハイパワーなDSP「SHARCプロセッサー」を4基搭載することにより、Dolby Atmosに対応。 最大[7.1.4]、[9.1.2]のシステムを構築することができます(※要外部パワーアンプ)。さらに、デノンのAVサラウンドの基幹技術である「D.D.S.C.(Dynamic Discrete Surround Circuit)」の最上位バージョン「D.D.S.C.-HD32」、ハイビット化によるアナログ波形再現技術「AL32 Processing Multi Channel」、ジッターを極小化する「Denon Link HD」を搭載。自動音場補正機能は「Audyssey MultEQ XT32」、および2台のサブウーハーを個別に補正する「Sub EQ HT」に対応しています。

HDMI入出力は8入力/3出力を装備。4K映像信号(60p、4:4:4、24bit)のパススルーや4K(50/60p)へのアップスケーリングにも対応しています(※4K映像などのコンテンツに対する著作権保護技術「HDCP2.2」に対応する無償アップグレード(基板交換)を2015年初夏に実施する予定です。詳細は後日発表いたします)。

ネットワークオーディオ機能とUSBメモリー入力で、新たにDSDとAIFFのファイル再生に対応。スタジオマスターに限りなく近く、高解像度なハイレゾ音源をよりスマートに楽しめます。さらにWi-FiとBluetooth機能を内蔵。煩わしい配線なしで、ネットワークオーディオやスマートフォン、タブレットのからのワイヤレス再生を楽しめます。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。