logo

フリースケール、ADASや自律走行システムにおける 技術革新を促進するオープンな開発環境をOpenCLにて実現

2014年11月11日米国Freescale Semiconductor, Ltd.発表本文の抄訳です。

ドイツ、ミュンヘン(electronica 2014)-現在の自動車産業では、「自律走行車」の実現が世界的なテーマとなっており、この革命を引き起こすべく、先進運転支援システム(ADAS)の開発が続けられています。ただし、この大きなビジネス・チャンスの前には、先に解決すべき課題が数多く立ちはだかっています。フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、自律走行車の実現に向けて、2つの重要な課題に取り組み、業界を牽引します。第1に、ADASシステム開発に向けたオープンな標準規格の欠如を解消し、第2に、「民生用半導体ソリューションも十分安全であり、人命のかかわる自律走行車アプリケーションにも安全に利用できる」という、誤解を孕んだ常識に対処します。

フリースケールは本日、OpenCL(Open Computing Language)ベースの車載開発環境の提供をまもなく開始することを発表しました。この新たな開発環境により、自動車メーカーや車載機器メーカーは、先進的な運転支援をはじめとするさまざまなADAS技術を広範な車種に迅速に導入できる市場を開放します。また、フリースケールは、車載グレードの品質要件を満たすべく新規設計された高い安全性を備えた組込み半導体製品の導入を通じて自動車のセーフティを高めることが必要であると考え、ADASシステムの主要なプロバイダやサプライヤに対し、業界全体で取り組み方を刷新することを訴えています。

ADASの「民主化」
現在のADAS市場では、オープンな標準規格が欠如しており、各社がそれぞれに閉鎖的なADASシステムを独自開発しています。しかし、これでは開発は進まず、革新的な設計も誕生しません。このような流れを変えるべく、フリースケールは、ADASシステム向けのOpenCL開発環境を提供します。フリースケール製半導体製品を対象として、ADAS開発プロセスの「民主化」が実現し、研究開発費を削減できます。OpenCLは、プラットフォーム間で共有ができ、並列プログラミングを対象とするオープンなロイヤリティフリーの標準規格です。さまざまな市場の幅広いアプリケーションにおいて、速度と応答性を大幅に高めることができます。OpenCLオープン標準規格の策定・管理は、非営利の技術コンソーシアム「Khronos Group」によって行われています。

フリースケールの上席副社長兼オートモーティブ・マイクロコントローラ部門ジェネラル・マネージャであるボブ・コンラッドは、次のように述べています。「オープン標準規格に基づく開発環境とゼロ・ディフェクト(無欠陥)の設計手法が、フリースケールの次世代ADASプラットフォームの基盤を形成します。フリースケールの車載プロセッシング・ソリューション・ポートフォリオにOpenCLを組み込むことで、ADASの技術革新や、それ以上に重要なADASの安全性向上に集中できる開発環境を提供できるようになります。」

車載グレードを新規設計
近年、自律走行車に関する話題が増えていますが、安全で信頼できるセキュア・ソリューションがなければ、商品化はあり得ません。フリースケールは、「ゲーム・グラフィックスの強化やスマートフォン・アプリの実行を目的として設計された民生用半導体ソリューションでも十分安全であり、車載アプリケーションにも利用可能で、自律走行の品質や信頼性を確保できる」という考えは自動車産業にとって極めて危険だと考えます。このような考えでは、自律走行技術の構想から現実性が失われ、製品化は永久に実現できません。

市場調査会社IHSの車載半導体製品担当主席アナリストLuca De Ambroggi氏は、次のように述べています。「自律走行車を実現する上で最も重要な鍵となるのは、安全性です。この市場では、民生用半導体製品を携えた多数の企業が新規参入を目指していますが、民生用半導体製品は、一部の安全性試験を通過できたとしても、自動車のセーフティ向けに新規設計されたものではありません。仮にグラフィックス・プロセッサが故障したとしても、ただそれだけの話です。しかし、車の前方センサやレーダーやブレーキが故障した場合、それだけの話では済みません。」

過去数十年にわたり自動車のセーフティ分野を主導してきたフリースケールは、世界中の自動車メーカーや車載機器メーカーに向けてADASシステム用の製品を幅広く提供しています。フリースケールは、過酷な車載環境において長期的なフェールセーフ動作を実現する専用の製品を設計・開発しています。フリースケールのSafeAssure機能安全プログラムでは、マイクロコントローラ、センサ、アナログICなどの幅広いソリューション・セットと、トレーニング、安全関連ドキュメント、テクニカル・サポートといった機能安全アプリケーション設計向けサポートが提供されます。フリースケールのQorivva(コリーヴァ) MPC5643Lは、第三者認証機関による正式なISO 26262 ASIL-D機能安全認証を業界で初めて取得したマイクロコントローラです。

「electronica 2014」におけるフリースケール
electronica 2014は、車載用/産業用電子機器から、組込み/ワイヤレス/医療用電子機器やMEMSに至るまで、ほぼすべての民生分野とユーザ産業分野の重要技術が展示されるイベントです。また、新たなトレンドに関する討論を通じて、世界的な潮流が生み出される場でもあります。具体的な将来像を提示することで、業界を強力に牽引し、サービス品質、柔軟性、安定的な価格を主導して、新たな成長をもたらします。詳細については、www.electronica.deのWebサイトをご覧ください。

フリースケール・セミコンダクタについて
フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、先進の自動車、民生、産業、およびネットワーク市場において、業界を牽引する製品を提供する組込みプロセッシング・ソリューションの世界的リーダーです。マイクロプロセッサ、およびマイクロコントローラ、センサ、アナログ製品やコネクティビティといった私たちの技術は、世界中の環境、安全、健康を向上させ、そしてそれらをよりつなげるイノベーションの基盤となります。また、オートモーティブ・セーフティ、ハイブリッドや電気自動車、次世代のワイヤレス・インフラストラクチャ、スマートエナジー、ポータブル医療機器、家電やスマート・モバイル製品といったアプリケーション向けの製品を提供しています。フリースケールは、テキサス州オースチンを本拠地に、世界各国で半導体のデザイン、研究開発、製造ならびに営業活動を行っています。詳細は、リンク(英語)、またはリンク(日本語)をご覧ください。

FreescaleならびにFreescaleのロゴマークはFreescale Semiconductor Inc., Reg. U.S. Pat. & Tm. Off.の商標、または登録商標です。文中に記載されている他社の製品名、サービス名等はそれぞれの所有者が権利を保有しています。
(C)2014フリースケール・セミコンダクタ・インク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事