logo

週刊アスキー創刊1,000号を記念したゲームアプリ『週刊アスキー表紙コレクション』11月14日(金)配信開始

アスキー・メディアワークス ブランドカンパニー

日本唯一の週刊デジタル情報誌「週刊アスキー」(毎週火曜日発売)では、創刊1,000号を突破したことを記念して、創刊号から1,000号までの表紙画像をゲーム感覚で集められるスマートフォンアプリ『週刊アスキー表紙コレクション』を、11月14日(金)より配信開始します。



 株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス ブランドカンパニーが刊行する、日本唯一の週刊デジタル情報誌「週刊アスキー」(毎週火曜日発売)では、「週刊アスキー」の前身となる「EYE-COM(アイコン)」から創刊1,000号を突破したことを記念して、創刊号から1,000号までの表紙画像をゲーム感覚で集められるスマートフォンアプリ『週刊アスキー表紙コレクション』Android版を、11月14日(金)より、GooglePlayストアにて配信開始します。iPhone/iPad版についてはApp Storeにて準備ができ次第配信を開始する予定です。なお、Android版、iPhone/iPad版とも開発元のRucKyGAMESのアカウントから配信されます。

 『週刊アスキー表紙コレクション』は、時間経過とともに蓄積されていくポイントを利用して、「週刊アスキー(EYE-COM)」の1,000号分の表紙画像を集めていくカードゲームです。ポイントで交換できる表紙は「Normal」「Rare」「SR」「SS」「SSS」の5つにランク分けされ、特にSSSランクの表紙は出現率が最も低くレアな表紙となります。重複して収集した表紙については、ポイントに交換して別の表紙収集などに活用することが可能です。

 本アプリは、「週刊アスキー」が読者やユーザーの皆様への感謝の意を表して開催するイベント『週アスLIVE 2014 with AppBank 創刊1000号記念!デジギア&スマホゲーム大感謝祭』に合わせてリリースするものです。『週アスLIVE』は、2014年11月16日(日)東京・ベルサール秋葉原にて開催となります。

 ASCIIブランドが誇る週刊デジタル情報誌「週刊アスキー」。ゲームアプリ『週刊アスキー表紙コレクション』で、歴代1,000号分の表紙画像をお楽しみください。


■ゲームアプリ『週刊アスキー表紙コレクション』概要
【タイトル】週刊アスキー表紙コレクション
【カテゴリ】ゲーム
【プレイ料金】無料
【配信開始日】2014年11月14日(金)
【対応端末】スマートフォン、タブレット
【対応OS】Android: 3.0以上 ※5.0は動作未確認
      iOS: 7.0以上
【ダウンロードURL】
  Android版:リンク
  iOS版: AppStoreにて近日配信開始予定
【メーカー】株式会社KADOKAWA アスキー・メディアワークス
【開発・配信元】RucKyGAMES
【配信対象国】日本
【対応言語】日本語
【著作権表記】(C)RucKyGAMES (C)KADOKAWA CORPORATION 2014


『週刊アスキー表紙コレクション』配信にあたっての編集長コメント
 今からさかのぼること25年前の1989年にアスキーからEYE-COMというパソコン雑誌が創刊されました。そして8年後の1997年に週刊アスキーに変身して今に至りますが、1000号というのは、この前身となるEYE-COMの創刊から数えた数字です。EYE-COMの創刊号は『ワープロ大特集』。特別付録はなんとパーソナルワープロ全78機種カタログ!! ぜんぜんパソコンじゃないところがいいですね。そして172号で週アスに変身して、176号の表紙は全面がVAIOの505の写真。200号は真っ赤なコカコーラ号で特集は「Windows98のコツ200」って今と変わらないですね。というわけで、ここまで続けてこられたのは、読者のみなさまのご支援があってのことと、ココロから超感謝しております。MS-DOSからMac&Windowsそしてネットにスマホ&タブレットと時代も変わりましたが、常に「デジタル大好き」をテーマとして、これからも超増強していきますので、アスキーへのさらなるご愛顧のほど、よろしくお願いしますう~!!『週刊アスキー表紙コレクション』でぜひとも歴代表紙をチェックしてみてください。
                              ――「週刊アスキー」編集長 宮野友彦
『週刊アスキー表紙コレクション』アプリ開発者コメント
 『週刊アスキー表紙コレクション』は、「週刊アスキー」の担当者から中野の四文屋の席で急きょ打診されました。それから5日間はゲームプレイの傍ら開発に取り組みました。おかげさまで、魔法のようなプレイで「M○○G」のエンディングが見られました。ありがとうございます。また、第一線で活躍されている多数の女優さんやタレントさんが、若かりしころに週刊アスキーの表紙になっていたことをあらためて知り、驚きを禁じ得ません。『週刊アスキー表紙コレクション』は、「週刊アスキー」の前身である「EYE-COM」の表紙をデジタルで見られる唯一のアプリでもあります。
                                   ――開発者 RucKyGAMES氏


■関連サイト
『週アスLIVE 2014 with AppBank』公式サイト:リンク
週刊アスキーPLUS:リンク
KADOKAWAオフィシャルサイト:リンク
アスキー・メディアワークス ブランドカンパニー公式サイト:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。