logo

アルテラ、『ET2014/組込み総合技術展』に出展

日本アルテラ株式会社 2014年11月12日 11時30分
From PR TIMES

「すべてのエンジニアのためのプログラマブル・ソリューション」をテーマに、FPGA、SoC、電源および周辺ソリューションの最新情報を紹介

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーである米アルテラ・コーポレーションの日本法人、日本アルテラ株式会社(東京都新宿区 代表取締役社長:ハンス・チュアン、NASDAQ:ALTR  以下、アルテラ)は、2014年11月19日(水)~21日(金)パシフィコ横浜にて開催される『ET2014/組込み総合技術展(以下、ET2014)』に出展いたします。

アルテラブース(ブース番号:A-28)では、「すべてのエンジニアのためのプログラマブル・ソリューション」をテーマに、FPGA、SoC、電源および周辺ソリューションの最新情報を7つのゾーンにわけて、パートナー各社とともにデモ展示およびプレゼンテーションでご紹介いたします。

「Road to FPGA」ゾーンでは、初の試みとして、FPGA設計を体験、その場で相談できるFPGA体験コーナーを設けました。「マイコンからFPGAにどうやって置き換えたらいいかわからない」、「FPGAを使ってみたいが、ソフトウェア・エンジニアしか社内にいない」、「自分がいま行っている設計でFPGAに置き換えることができるのか?」など、幅広い質問にお答えいたします。各日午前中には、事前予約制の個別相談枠も設けます(詳細は後述)。

ほかにも「最新MAX 10 FPGA」ゾーン、「ARM + FPGA = Altera SoC」ゾーン、「ハイエンド&ミッドレンジFPGA」ゾーン、「電源」ゾーン、「OpenCL(TM)」ゾーン、「IPソリューション」ゾーンの各ゾーンにて、ARMマイコン搭載SoCデバイスおよび開発環境デモ、ソフトウェア設計者必見のFPGA向けOpenCLソリューション、H.265、USB3.0、EtherCATなど、アルテラとパートナー各社によるFPGA関連ソリューションの初登場デモを多数、展示予定です。

カンファレンスでは、新機軸となる「アルテラが描くヘルスケアとスマートエナジーの未来」、「新しい価値を生む!マイコンからFPGA への置き換え」といった講演に加え、「最新!不揮発性『MAX 10 FPGA』設計者への利点と応用例」、「IoT時代を加速させるアルテラの役割」、「FPGAの近未来~超高速接続、3Dパッケージ、SoC, そして14nm」と題した計5つの講演を実施いたします。

<ET2014出展概要>
■ 展示会名: Embedded Technology 2014/組込み総合技術展 (公式サイト:www.jasa.or.jp/et/)
■ 会期: 11月19日(水) ~ 21日(金) 10:00 ~ 17:00 [ 20日(木) のみ10:00 ~ 18:00 ]
■ 会場: パシフィコ横浜
■ ブース番号: A-28

【主な展示/デモ内容】
・不揮発性 FPGA MAX 10 製品<本邦初公開>
・ARM(R) プロセッサ搭載 アルテラ SoC 製品およびソフトウェア開発手法/開発環境
・最先端トランシーバ技術による高性能メモリ・インタフェース
・FPGA 体験コーナー:FPGA設計をその場で体験、相談できる
 *個別相談(事前予約制):各日10:00-10:20、10:30-10:50、11:00-11:20、11:30-11:50、
予約申し込みは、相談内容の概要、社名、部署名、氏名、電話番号、希望日時と時間帯を添えて、
japanonline@altera.com まで。
・アルテラ FPGA 搭載 開発キット
・FPGA 採用事例
・Enpirion(R) 電源製品:省電力・小型化に寄与する電源ソリューション・デモ
・FPGA向けOpenCL(TM) ソリューション (協力:株式会社フィックスターズ)
・産業用EtherCAT向けソリューション (協力:JSLテクノロジー株式会社)

【パートナー・ソリューション】(五十音順、敬称略)
・株式会社アキュベリノス: Arria(R) V FPGA搭載 D-PHY 2.5Gbps対応 「M-81 MIPI CSIモジュール」
・イーソル株式会社: Cyclone(R) V SoC対応 T-Kernelベースソフトウェアプラットフォーム「eT-Kernel Platform」評価キット
・イー・フォース株式会社: μC3とBSPを統合したパッケージとNios IIに対応したμC3の紹介
・NECエンジニアリング株式会社: 1. USB3.0光交換アダプタ-カメラ映像伝送デモ 2. USB3.0開発キット-転送性能ベンチマークデモ
・株式会社エヌ・ディ・アール: ディスコン・デバイスのMAX 10 FPGA置き換えデモ
・京都マイクロコンピュータ株式会社: 新型ICE”PARTNER-Jet2”による マルチコア デバッグと動的性能解析デモ
・株式会社近藤電子工業: MCU SoMとMAX 10 SoMでの同等ファンクション対比デモ
・株式会社ソリトンシステムズ: 1.Cyclone V SoC によるHW&SW コデザイン・デモ 2. Arria V GZによるH.265 リアルタイムエンコーダ・デモ
・株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル: Altera社FPGAを活用したグラフィックスIPコアのデモ
・テセラ・テクノロジー株式会社: 車載イーサネット(Ether AVB)による画像通信デモ
・富士ソフト株式会社: 車載および広範な分野で応用可能なステレオビジョンIP「Stereo Vision IP Suite」デモ
・横河ディジタルコンピュータ株式会社:Cyclone V SoC 向け開発環境、JTAG-ICE 「adviceLUNA II」/動的解析ツール 「TRQerS」

【カンファレンス(アプリケーショントラック、プログラマブル・デバイストラック(無料・事前登録制)】

11月20日(木)
 12:00-12:45 AP-6 アルテラが描くヘルスケアとスマートエナジーの未来
 13:30-14:15 PD-4 最新!不揮発性「MAX 10 FPGA」設計者への利点と応用例
 14:30-15:15 PD-5 新しい価値を生む!マイコンから FPGA への置き換え

11月21日(金)
 10:30-11:15 PD-7 IoT 時代を加速させるアルテラの役割
 11:30-12:15 PD-8 FPGA の近未来 超高速接続、3D パッケージ、SoC, そして14nm

詳細は、こちらでご確認ください:
リンク

アルテラ・コーポレーションについて
アルテラ・コーポレーションは、プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーです。1983年にシリコンバレーで創業した世界で最初のファブレス企業であり、1988年にNASDAQに上場しました。FPGA/CPLD、ASICなど、カスタム・ロジックの分野でテクノロジー・リーダーとして高成長を続け、顧客 企業のイノベーションに貢献しています。世界各国に拠点を持ち、日本法人である日本アルテラ株式会社は1990年に設立されました。顧客志向のソリューションが高く評価され、日本におけるPLD市場でトップシェアを維持しています。

Altera、The Programmable Solutions Company、アルテラのロゴ、弊社特定デバイスの定義、およびその他の商標ならびにサービス・マークを意味する語彙は、特記されていない限り、すべてアルテラ・コーポレーションの米国及びその他の国における登録商標、商標またはサービス・マークです。その他記載されている製品名あるいはサービス名は各所有企業に帰属します。 

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事