logo

Anomalyがサッカー界の変わり種エドガー・ダーヴィッツ氏を採用

Anomaly 2014年11月10日 14時15分
From 共同通信PRワイヤー

Anomalyがサッカー界の変わり種エドガー・ダーヴィッツ氏を採用

AsiaNet 58573(1248)

【ニューヨーク2014年11月8日PRN=共同JBN】世界クラスのサッカー選手エドガー・ダーヴィッツ氏はそれに飽き足らず、ニューヨークの革新企業Anomalyでマーケティングの才能を試そうとしている。

Photo - リンク

ダーヴィッツ氏は常に頂点でサッカーをプレーしてきており、アヤックス、ユヴェントス、バルセロナ、トッテナムといった一流チームを代表し、オランダ、イタリア、スペイン、英国に勝利の栄誉をもたらしてきた。同氏は母国オランダのために10年以上もプレーしており欧州選手権、世界選手権を含め74回も代表選手になっている。

Anomalyの共同創立者リチャード・マルダー氏は同社に移る前、長年ナイキで働いていたが、その間常にダーヴィッツ氏に注目していた。

マルダー氏は「ダーヴィッツ氏は非常にクリエーティブな人で、マーケティングとストリートカルチャーが交わるところに非常な興味を持っていた。彼はナイキ、ペプシそれにエレクトロニック・アーツなどのブランドと仕事をした経験もあり、私が出会ったどんなアスリートよりクリエーティブなプロセスに貢献していており、製品、コマーシャル、イベント、何でもありとあらゆるものをよくしようとその洞察力を発揮し、アイデアを出していた。彼はストリート・サッカーやそれを囲む一種独特のアーバン・カルチャーにはパワーや市場性があることを最初に見つけた人の一人で、その後、それらは一つのまとまった概念にまでなっている。したがって、彼は当社との関係に関してもずぶの新人というわけではなく、すでにふさわしい業績を上げてきている。彼は今、少し時間ができ、クリエーティブ・プロセスを最初から最後まで理解し、関わりたいと考えているようだ」と述べた。

マルダー氏は続けて「当社としても彼の新鮮で、生の意見をぜひ取り入れたいと考えている。彼の持つスポーツやカルチャーに関する洞察力を生かして直接当社に協力してもらうケース、例えば、バドワイザーやDicks Sproting Goodsなどの他にもいろいろなアイデアを生かして当社の事業や当社クライアントとコラボレーションしてもらうケースもあり得る。まずは彼に学んでもらう機会を与えたいと考えている。世界クラスのミッドフィールダーとしてプレーしていた頃と同じ気持ちで取り組んでくれるものと信じている。当社としては非常に喜んでいるし楽しみにもしている」と述べた。

共同創立者兼グローバル・エグゼクティブチーフディレクター(ECD)のマイク・バーン氏は「彼は正真正銘の才能、うむことのない向上心、上昇志向など当社が価値を置くコアな資質を体現している。当社は異質な才能を入社させることをちゅうちょしたことはなく、彼と一緒に当社がどんな新たな分野を開拓できるか楽しみにしている」と述べた。

ダーヴィッツ氏は「Anomalyについては前からよく知っており、かれらが現状を打破しようとしてきたことに感銘を受けていた。彼らは骨の髄から競争者だ。真のアスリートとは何か、そしてそれが何を意味するのか、企業がその世界でどんな役割を果たせるか、これらのことを理解している点では、同社は世界ナンバーワンだ。真正なもの、カルチャー、エンターテインメント、そしてセレブが複雑に入り組んでいるこの世界で、Anomalyはどうしたら良いか証明してきた。このチームに参加して、学び、成長し、また、進歩的なブランドと共に流れを変えるような仕事ができることをよろこんでいる」と述べた。

▽Anomalyについて
2004年創業のAnomalyは、仕事場としては刺激にあふれているが、まだ定義のはっきり定まらない「ニューモデル」と称されるエージェンシーであり、ニューヨーク、ロンドン、アムステルダム、トロント、上海にオフィスを構えている。Anomalyはバドワイザー、コンバース、ディアジオ、Duracell、Google、MINI、パネライ、ペプシ、プロクター・アンド・ギャンブルなどの優良顧客を持つ。Anomalyは広範囲にわたる仕事に対して多くの受賞をしているが、その中にはメディア戦略の有効性および「ブランド・オーナー」に対するゴールド・エフィー賞、カンヌ・ライオン賞の複数のライオン賞、サイバー・ライオン賞、およびグランプリ賞、マーキュリー音楽賞、さらに同エージェンシーの製作、共同所有になるテレビシリーズに対する2度のエミー賞受賞などがある。

ソース:Anomaly

▽問い合わせ先
Carl Johnson
Founding Partner
Global CEO
carl@aAnomaly.com
+1-917-595-2200

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。