logo

リクルートホールディングスの新規事業提案制度から生まれた 健康な人のための、メンタルヘルスケアサービス『RAPPORT(ラポール)』(β版)をリリース


株式会社リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区 代表取締役社長 兼 CEO:峰岸真澄)の実証研究機関であるメディアテクノロジーラボは、本日、メンタルヘルスケアサービス『RAPPORT(ラポール)』(β版)を2014年12月20日(土)までの期間限定でリリースいたしました。

▼『RAPPORT(ラポール)』のサイトはこちら
リンク

――――――――――――――――――――
■『RAPPORT(ラポール)』とは
――――――――――――――――――――
『RAPPORT(ラポール)』とは、電話を使って実際に専門家によるオリジナル心理カウンセリング「TalkTherapy」が受けられるサービスです。
仕事でのストレス、職場での人間関係の悩み、誰にも言えないこと、自分でも気づかない「こころの扱い方」など、気軽にプロの心理カウンセラーに相談できます。
β版として期間限定で提供するサービス「TalkTherapy」は、メンタルクリニックなどで活用される認知行動療法を基盤にしたオリジナル心理カウンセリングです。
カウンセリングの1セッションは、50分5,000円。2014年12月20日(土)までの期間限定サービスを予定しています。

また、バウムテスト、色彩心理テスト、ストレス診断テストなどの心理検査を楽しく取り組むことで自分のストレス状態が診断できる「RAPPO診断」アプリを提供いたします。

――――――――――――――――――――
■『RAPPORT(ラポール)』3つの特徴
――――――――――――――――――――
1)健康な人を対象にした心理カウンセリング
これまでの心理カウンセリングでは、うつ病患者や精神疾患をすでに患った方を中心に行われてきました。
『RAPPORT(ラポール)』が挑戦するのは、通常の医療機関で行われるカウンセリングとは違う、日々を頑張る人を元気にするためのカウンセリングです。
目の前の「ストレス対処」の先に目標を設定し“新しい自分発見”に向かうお手伝いをします。

2)全員実務経験が豊富なカウンセラー
『RAPPORT(ラポール)』では、心理学、カウンセリング理論を学び、豊富な実践経験があるカウンセラーを厳選しています。
カウンセラー個人の価値観や経験を押し付けることはありません。
※初期サービスでは、臨床心理士・精神保健福祉士・産業カウンセラーの資格保持者のみを採用しています。

3)1セッション5,000円/50分
通常のカウンセリングでは、カウンセラーのスキルや経験によって料金が変わり、カウンセリングが長引くことによって料金が高くなるということもあります。
『RAPPORT(ラポール)』では、50分のカウンセリングが設計され、1セッションごとに、成果が出るカウンセリングを目指しています。

――――――――――――――――――――
■『RAPPORT(ラポール)』を提供する背景
――――――――――――――――――――
仕事や職業生活に関することで強い不安、悩み、ストレス(以下、ストレス)を感じている労働者の割合は52.3%。日本国内だけで3,327万人といわれています。

このような状態の人々の中には、職場の環境や個人のストレス耐性などにより、自らストレス対処ができずうつ病などの精神疾患になる人もいます。
そこで、健康的な状態の時にこそ、ストレス対処方法としての「自分の心の扱い方」を身につけることが必要であると考えています。

『RAPPORT(ラポール)』では自分の心を扱う方法として、「認知行動療法」と呼ばれるカウンセリング手法を基盤とした独自の方法を提供いたします。「認知行動療法」とは、認知(物事の受け取り方や考え方)や行動に働きかけてそれまでの習慣を見直すことにより、気持ちを楽にすることを目指したカウンセリング手法です。心理カウンセラーとの対話によって、客観的に自分を見つめ直すことができます。
すべての働く人にこのストレス対処方法を自分のものにしていただき、自分のストレスと対峙できるようにするという目的で本サービスのプロトタイプが生まれました。

また、心理カウンセラー(実務現場で活躍する一般的な資格保有者:臨床心理士・精神保健福祉士・産業カウンセラー)は、国内に約12万人以上いるものの、資格を保持していても仕事がないという課題があります。ストレス先進国の米国と比べ、日本では心理カウンセリングへの認知度が低い状況で、自主的にストレスに対処する文化が根付いていません。

この情報の格差を埋めるサービス『RAPPORT(ラポール)』を提供していくことによって、ストレスを感じる労働者と心理カウンセラーのマッチングを実現することに挑戦します。

<参考>
※平成25年 労働安全衛生調査(実態調査)
リンク

※労働力調査(基本集計) 平成26年(2014年)8月分 (2014年9月30日公表)
就業者数は6363万人。
リンク

※精神保健福祉士:64,964名
平成26年8月末現在
リンク

※臨床心理士資格者:24,980名
2013年4月1日現在
リンク

※産業カウンセラー:約37,000名
リンク

――――――――――――――――――――
■『メディアテクノロジーラボ』とは
――――――――――――――――――――
メディアテクノロジーラボは、リクルートグループが培ったメディアの知見と、テクノロジーの観点から、新たなメディアやコミュニケーションのあり方を研究開発することを通じて、生活者にとって適切で利便性の高い情報流通が行われる豊かな情報社会の実現を目指しています。

▼メディアテクノロジーラボとは
リンク

▼リクルートグループについて
リンク

――――――――――――――――――――
【本件に関するお問い合わせ先】
リンク
――――――――――――――――――――

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事