logo

ラティス、「3次元計測・軽量3D活用セミナー」を開催!

バーチャル・リアルのハイブリッドDMU(デジタルモックアップ)

世界トップ水準の性能を持つ3D軽量化技術「XVL」を開発したソフトウェアベンチャー企業である、ラティス・テクノロジー株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:鳥谷 浩志、以下、ラティス)は、今話題の3次元計測と、設計3次元CADデータを統合するソリューション”XVL InfiPoints”の販売開始に伴い、「バーチャル・リアルのハイブリッドDMU ~3次元計測・軽量3D活用セミナー~」を2014年11月20日(木)に東京で開催致します。

本セミナーでは、「3次元計測」「利用ユーザー」「3D活用技術」のキーワードのもと、3Dレーザー計測サービスをされている東芝プラントシステム株式会社様と、3次元計測と設計3次元CADデータを積極的に業務で活用されている新潟原動機株式会社様にご講演を頂くとともに、大容量3Dデータ活用技術であるXVLの最新情報をお伝えいたします。3次元測定器等を導入しようか検討されている方や、自社計測の方法や計測後のデータ活用でお悩みの方など、業務のヒント満載です。

《開催概要》
 日程:2014年11月20日(木)14:00-17:00(開場13:30)
 場所:フクラシア東京ステーション 6F C会議室 リンク
 費用:無料
 定員:50名様(11/19、17:00迄に事前申込)

■お申込方法・セミナー詳細はこちらから:リンク

3D軽量化技術「XVL」は、3D CADの大規模データを扱うソリューションの基盤として国内外の数多くの製造業で採用されています。ラティスでは、株式会社エリジオン(本社:静岡県浜松市)より、大規模な点群データを軽快に処理する「InfiPoints」の技術ライセンスを受け、大容量3DデータのXVLと統合して検証するハイブリッドDMUソリューションを開発してきました。本ソリューションにより、古い建造物など3Dデータの存在しないものの点群計測データと、大容量設計3Dデータをバーチャル空間で統合することが可能になります。

※3D軽量化技術「XVL」とは?: リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。