logo

VIMEO 、新たな翻訳ツールと取り扱い通貨を加え国際サービスを拡充、日本語版ウェブサイトも登場

Vimeo 2014年11月05日 10時35分
From 共同通信PRワイヤー

VIMEO 、新たな翻訳ツールと取り扱い通貨を加え国際サービスを拡充、日本語版ウェブサイトも登場

AsiaNet 58499

VIMEO 、新たな翻訳ツールと取り扱い通貨を加え国際サービスを拡充、
日本語版ウェブサイトも登場

新しい字幕作成ツールでクリエイターのさらなる視聴者獲得を支援

2014年11月4日(ニューヨーク) -  Vimeoは本日、新たな翻訳・字幕作成ツールの搭載とVimeo PRO(リンク )および Vimeo On Demand(リンク )クリエイターツールの取り扱い通貨の拡大、ならびに日本語版ウェブサイトを追加した、動画クリエイターと販売者向けの一段のサポート拡充を発表しました。

Amaraの提供によるVimeoの新たな表題・字幕作成ツールは、ユーザーが自分で表題や字幕ファイルを作成できる無料の編集機能を備え、さらにAmaraの翻訳者ネットワークを活用したプロレベルの表題や字幕を購入できるオプションを用意いたしました。プロレベルのサービスでは、クリエイターは自作動画につける基本的な音声トランスクリプトから本格的な字幕翻訳までの中からサービスをお選びいただけます。  

Vimeoのケリー・トレイナー最高経営責任者(CEO)は、「Vimeoの視聴者層が世界的に拡大するなか、当社は動画クリエイターや販売者と世界の視聴者とをさらに結びつけるためのツールやサービスを導入し続けます」としたうえで、「Vimeoオンデマンドのタイトルは米ドルのみの取り扱いにもかかわらず当社プラットフォームを通して100カ国以上で販売された実績があり、通貨ユーロを取り扱うことで、世界の動画販売者は大きな効果を実感できるであろうと強く期待しています」 と述べています。

Vimeo のデイ・メレンキャンプ 社長はこれに加え、「日本語サイトの公開は、選定地域で2015年に完全ローカライズするという意欲的な計画の幕開けとなります。多くのクリエイターが活躍する日本は当社にとって非常に重要な地域であり、この活発なコミュニティでの取り組みがもたらすクリエイティブな成果を心待ちにしています」と語っています。

Vimeo は現在、日本語、フランス語、ドイツ語、スペイン語に翻訳されており、登録サービスで使用可能な通貨は次の通りです:米ドル、ユーロ、英ポンド、カナダ・ドル、オーストラリア・ドル、円、ロシア・ルーブル、スイスフラン、新台湾ドル、スウェーデン・クローナ、デンマーク・クローネ。

【Vimeoについて】
Vimeo(R) はクリエイターと視聴者のためのハイクオリティ動画プラットフォームです。Vimeoのミッションは、世界中の人々が動画を制作、共有、発見できるように力となり、インスピレーションとなることです。Vimeoはクリエイターが自主制作映画やシリーズを販売できるよう、自己配信型プラットフォームの Vimeo オンデマンドを提供しています。Vimeoの登録者数は3,000万人を超え、世界累計の月間視聴者数は1,700万人超にのぼります。2004年設立。本社ニューヨーク市。Vimeo, LLC はIAC(ASDAQ: IACI)の事業部門です。

広報担当:
Jessica Casano-Antonellis
Jessica@vimeo.com
212-524-7164

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。