logo

11月8日 「いい歯の日」 < 婚活中の男女 歯並び意識調査 >「歯並びがいいと出会いの場面で有利」 88.9%

アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社 2014年11月04日 14時43分
From Digital PR Platform


 「いい歯の日」(11月8日)に向け、透明に近いマウスピース装置(アライナー)による矯正歯科治療「インビザライン・システム」を
提供するアライン・テクノロジー・ジャパン株式会社(東京都目黒区、代表取締役:福村敏夫)は、5年以内に結婚を希望している20~40歳代の男女2,000名に対してインターネットによる意識調査を実施しました。

 クリスマスを前にした11月~12月は、婚活や新たな出会いを意識するシーズンともいわれています。調査結果から、結婚相手を探している男女の多くは、
歯並びと笑顔が第一印象を左右し、歯並びがいいと出会いの場面で有利にはたらくと考えていることがわかりました。歯並びがいい人のイメージとしては、「健康そう」「清潔感がありそう」が半数を超えました。また、相手が笑顔をつくったときに目や口もとを注目する傾向が見られました。初めて人と会う場面では、
第一印象をよくする上で、目のほかに口もとや歯並びの印象が重要な役割を果たすことが示されました。
 一方、自分の歯並びに自信のない人は半数を超え、このうち9割近くは矯正治療の経験がありませんでした。歯並びは第一印象を左右すると感じていながらも、
矯正治療には至っていないという矛盾した傾向がうかがえました。


≪ 調査結果 概要 ≫
◆ 歯並びが第一印象に与える影響
・「歯並びは第一印象を左右すると思う」78.3%
・「歯並びがいいと出会いの場面で有利にはたらくと思う」 88.9%
  ※特に女性は、歯並びが第一印象に与える影響を気にする傾向
・歯並びがいい人のイメージ: 「健康そう」 63.0%、「清潔感がありそう」 50.9%

◆ 笑顔が第一印象に与える影響
・「笑顔は第一印象を左右すると思う」 91.9%
・相手の笑顔で気になる部分: 「目」 47.7%、「口もと」 46.9%

◆ 自分の歯並びに対する自信と矯正治療
・「自分の歯並びに自信がない」 58.5%
⇒「矯正治療の経験がない」 88.0%
・「歯並びは第一印象を左右すると思う」
⇒「歯並びに自信がなくて治療の経験もない」 47.6%

≪ 調査実施内容 ≫
調査対象: 5年以内に結婚を希望する20~40歳代の男女2,000名
調査方法: インターネットリサーチ会社によるアンケート調査
調査時期: 2014年10月

◆歯並びが第一印象に与える影響
 5年以内に結婚を希望する20~40歳代の男女2,000名に対して、歯並びは第一印象を左右すると思うかどうか聞いたところ、「左右する」と答えた人※1は78.3%(1,565名)に上りました(図1)。男女別で分析すると、「左右する」と答えた人の割合が多いのは女性(85.5%)で、男性(71.5%)を
大きく上回りました。さらに、歯並びがいいと出会いの場面で有利にはたらくと思うかどうか聞いたところ、「有利にはたらくと思う」と答えた人※2は88.9%(1,777名)に達しました(図2)。
男女別では、「有利にはたらくと思う」と答えた人の割合が多いのは女性(90.9%)で、男性(86.8%)をやや上回りました。また、婚活パーティーなど新たな異性と出会う機会で、歯並びが悪い人にあったときの印象について自由記述で聞いたところ、「個性があっていい」など好意的にとらえる意見がある一方、「清潔感がない」「引いてしまう」など否定的な意見も目立ちました。

 また、歯並びがいい人のイメージについては、「健康そう」(63.0%)(1,260名)、
「清潔感がありそう」(50.9%)(1,018名)、「育ちがよさそう」(32.8%)(656名)が上位を占め、「誠実そう」(21.9%)(438名)、「優しそう」(17.8%)(356名)などが続きました(複数回答)(図3)。次に会ってみたいと思う人については、「優しそうな人」(64.4%)(1,288名)、「誠実そうな人」(52.1%)(1,041名)、「清潔感がありそうな人」(45.8%)(916名)、「健康そうな人」(40.3%)(806名)が人気でした(複数回答)(図4)。
次に会ってみたいと思う人のイメージと、歯並びがいい人のイメージはおおむね重なっている傾向があることがわかりました。歯並びのいい人のイメージとして「清潔感がありそう」という回答が多かったですが、実際、矯正治療には歯の健康を保ちやすくするメリットがあります。歯並びが悪いままだと、歯と歯の間や歯と歯肉の間などに歯ブラシが届きにくくなり、口腔内の衛生状態を保ちにくいことがあります。

◆笑顔が第一印象に与える影響
口もとと歯並びは、笑顔をつくる上で重要な役割を果たします。今回の調査では、笑顔が第一印象に与える影響についても聞きました。笑顔は第一印象を左右すると思うかどうか聞いたところ、「左右する」と答えた人※3は91.9%(1,837名)に上りました(図5)。男女別で分析すると、「左右する」と答えた人の割合が多いのは女性(94.2%)で、男性(89.5%)を上回りました。初めて会う相手の顔で気になる部分については、目が圧倒的な多数(73.6%)(1,471名)を占め、口もと(18.8%)(376名)、鼻(4.0%)(79名)などと続きました。ところが、相手の笑顔で気になる部分について尋ねると、口もとを挙げた人は46.9%に達し、目(47.9%)とほぼ横並びとなりました。

◆自分の歯並びに対する自信と矯正治療
 自分の歯並びに自信はあるかどうか聞いたところ、「自信がない」と答えた人※4は58.5%(1,170名)で、半数を超えました。歯並びに自信がない人のうち、矯正治療の経験がない人は88.0%(1,030名)を占めました(図6)。さらに、歯並びは第一印象を左右すると答えた人(78.3%、1,565名)のうち、歯並びに自信がなくて治療の経験もない人は47.6%(745名)と半数近くに上りました。矯正治療の経験がない人(83.8%、1,676名)に治療しようと思わない理由を尋ねたところ、「費用が高い」(55.1%)に続き、「治療の必要性を感じない」(40.6%)が多くを占め、「矯正の装置が目立つ」(19.3%)、「痛そう」(15.9%)などが続きました(図7)。
 歯並びや笑顔は第一印象を左右すると多くの人が考えているにもかかわらず、「治療の必要性を感じない」などとして矯正治療には至っていないという矛盾した傾向がうかがえました。

今回の調査は成人男女を対象としていますが、成人になってから矯正治療を始める方も増えており、多くの矯正歯科医院で成人の矯正治療を実施しています。
矯正治療には、不自然な位置にある歯やあごの骨を整えて美しい歯並びや正しいかみ合わせ、さらにバランスのとれた口もとを作り出すという目的もあります。
近年は治療中でも目立たないマウスピース型装置が発達を遂げており、ニーズが高まってきています。歯は今後も長いお付き合いをしていく大切なパートナーですので、一度、矯正歯科医などにご相談するのもよいかもしれません。

※1:「大きく左右する」・「ある程度左右する」・「あまり左右しない」・「まったく左右しない」・「どちらとも言えない」の選択肢のうち、「大きく左右する」・「ある程度左右する」と回答した人の合計
※2:「そう思う」・「どちらかと言えばそう思う」・「どちらかと言えばそう思わない」・「そう思わない」の選択肢のうち、「そう思う」・「どちらかと言えばそう思う」と回答した人の合計
※3:「大きく左右する」・「ある程度左右する」・「あまり左右しない」・「まったく左右しない」・「どちらとも言えない」の選択肢のうち、「大きく左右する」・「ある程度左右する」と回答した人の合計
※4:「自信がある」・「どちらかと言えば自信がある」・「どちらかと言えば自信がない」・「自信がない」の選択肢のうち、「どちらかと言えば自信がない」・「自信がない」と回答した人の合計





本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。