logo

Hello MarketsがBullion Capitalと提携

Hello Markets and Bullion Capital 2014年10月31日 15時55分
From 共同通信PRワイヤー

Hello MarketsがBullion Capitalと提携

AsiaNet 58462 (1203)

【リマソル(キプロス)2014年10月31日PRN=共同通信JBN】Hello MarketsはBullion Capitalと新たに提携し、貴金属のオンライン取引を含め同社の製品ポートフォリオを拡大する。

オンライン取引の大手ホワイトラベルソフトウエア・プロバイダーであるHello Marketsは、オーストラリアを本拠とする世界的な現物貴金属取引企業Bullion Capitalとの提携を開始した。これによって、Hello Marketsは同社の既存および新規の顧客に対し、拡大した製品ポートフォリオを提供することが可能となる。Hello Marketsキプロス・オフィスのマネジングディレクター、ワッシム・ハテーブ氏は「これは、Hello Marketsにとって素晴らしい戦略的提携である。Hello MarketsはBullion Capitalの貴金属取引プラットフォームMetalDesk2を含め製品ポートフォリオを拡大することを決めた」と語った。

Bullion Capitalは、MetalDesk2取引プラットフォームを使って世界規模の現物貴金属へのアクセスを提供する。投資家は貴金属投資に対する全面的な法的所有権を保持し、その貴金属投資を世界のどこでも配送してもらうか、保管しておくかの選択ができる。Bullion Capitalのトマス・コフリン最高経営責任者(CEO)は「MetalDesk2とHello Marketsの取引ツールを一体化させることによって、トレーダーはオンライン取引プラットフォームによる従来の書類上の約定とは異なり、現物の貴金属を所有できる」と語った。

Hello Marketsのホワイトラベル・ブローカーは今後、現在の製品ポートフォリオにMetalDesk2現物貴金属取引プラットフォームを加えることを選択できる。これと並行して、Bullion CapitalとHello Markets間の提携によって、Bullion Capitalのブローカーはバイナリーオプション、外国為替、メタデリバティブなどHello Marketsの広範な品ぞろえを試すことができるようになる。

重要な製品が今回加わったことで、Hello Marketsは同社のブローカーに対して割安な料金、取引手数料でMetalDesk2プラットフォームの利用を提供できる一方、ブローカーは現物の金塊所有のための資金調達のクレジットラインを利用することが可能となる。

リンク
リンク

ソース:Hello Markets and Bullion Capital

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事