logo

クルマの軽量化や快適性へのニーズ高まりで、自動車用途の繊維市場が世界的に拡大

フロスト&サリバンは、燃費規制に伴う環境に配慮した自動車の開発や車体軽量化に向けた取り組み、そして消費者からの車内の快適性を求める声の高まりに伴い、自動車用途の繊維市場が今後世界的に拡大するという見通しをまとめた。

フロスト&サリバンの新たな調査分析「自動車セクター向け繊維の世界市場分析」によると、自動車用途の繊維の世界市場規模は、2013年の24億6000万米ドルから、2020年には40億2000万米ドルに成長する見通しとなっている。今回の調査では、自動車用途の複合材料、およびテクニカルテキスタイルの二種類を対象としている。対象となる繊維は、炭素、ガラス、天然素材、ナイロン、ポリエステル、ポリプロピレン、アラミド、レーヨンが含まれる。

「自動車業界や政府機関といった外部のステークホルダーは、自動車の燃費改善への取り組みを行ってきた。これらのイニシアチブは、OEMによる車体軽量化に向けたさらなる取り組みを推奨し、繊維強化複合材料や不織材料の活用を促進するだろう。繊維強化複合材料に関しては、特にラグジュアリー車やスポーツ用多目的車(SUV)メーカーが主要なエンドユーザーとなることが見込まれる」と、フロスト&サリバンの化学・素材・食品原料部門リサーチアナリスト、ディーパック・カーティケヤンは述べる。

OEMの車体軽量化に向けたこれまでの取り組みは、マルチマテリアル車体が中心となっている。車体の様々なパーツにおいて、アルミニウムや高強度の鋼鉄マグネシウム、プラスチックなどの様々な素材が利用されており、繊維強化複合材料の利用拡大が今後期待される。一方で、消費者からの車内の快適性や安全性のニーズの高まりは、テクニカルテキスタイル向け繊維市場の成長へとつながる見通しである。

企業は効果的なコスト最適化に向けた戦略を確立することで、自動車業界における繊維強化複合材料の活用を拡大することが可能になる。また、製造過程を革新することで、複合材料のコスト引き下げが可能になる。さらに、自動車の次世代テレマティクスサービスは、長期的にエレクトロニクスと統合可能な、センシングや通信など一般の繊維素材にはない新たな機能を備えたスマートテキスタイルの需要拡大にもつながることが期待される。

「コスト最適化に加えて、繊維メーカーは企業の合併吸収などの多方面にわたる戦略の開発が必要となる。ジョイントベンチャー、バリューチェーン・パートナーシップや合併などを通じた戦略パートナーシップの確立は、繊維メーカーの各地域におけるシェアを拡大し、他社との競争から一歩抜きん出ることを可能にするだろう」と、カーティケヤンは述べる。

***********************
フロスト&サリバンについて
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。


本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
電話:03-4550-2215  FAX:03-4550-2205
E-mail: anna.tsuji@frost.com
担当:辻

日本語オフィシャルウェブサイトを開設しました:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事