logo

ラムリサーチ、Supplier Excellence Awardを発表

Lam Research Corporation 2014年10月29日 13時00分
From JCN Newswire

卓越した業績と世界クラスの機能、コミットメントとコラボレーションで受賞者を高く評価

FREMONT, CA, Oct 29, 2014 - ( JCN Newswire ) - 半導体業界向けの革新的なウェーハ製造設備およびサービスの大手グローバルプロバイダのLam Research Corp. (NASDAQ: LRCX)は、Supplier Excellence Awardで6社を表彰したことを、本日発表しました。この賞は、納期厳守、品質、コスト節減など柔軟性やサポートなどの分野で、事前に定義された基準に沿った模範的な業績を表彰するものです。ラムリサーチ認定グローバルサプライヤの中から選出されたこれらの企業は、たとえば厳しい新製品発表サイクル期間をサポートするために迅速にソリューションを提供するなど、パフォーマンス要件以上のものを達成しようという意欲にも優れていました。

受賞企業は10月23日の第10回Supplier Dayで発表されました。このイベントでラムリサーチは、お客様とサプライヤと共に成功するためのコラボレーションと機会創出を強調しました。全世界のサプライヤの幹部役員がイベントに参加し、次の6社が表彰されました。

-- Cal Weld (米国カリフォルニア州フレモント)
-- Edwards Limited (英国ウェストサセックス)
-- Jabil Circuit, Inc. (米国フロリダ州セントピーターズバーク)
-- Rapid Manufacturing (米国カリフォルニア州アナハイム)
-- 新光電気工業(日本、長野県)
-- Swagelok Co. (米国オハイオ州ソロン)

さらに、MKS Instruments, Inc. (米国マサチューセッツ州アンドーバー)が、ラムリサーチとNovellusの合併における統合目標へのサポートと貢献で特別賞に選ばれました。

「我々には、弊社体制に大きな貢献をしてくださる卓越した認定サプライヤの皆様がいます。」と、ラムリサーチ最高執行責任者のTim Archerは述べました。「今回、トップ6社の達成内容に賞をお贈りすることを光栄に感じます。変化が速く競争の激しい半導体業界で、ラムリサーチがコミットメントを果たし、お客様ニーズに合わせた革新的なソリューションを提供していくためには、サプライヤとの緊密なコラボレーションが非常に重要です。」

ラムリサーチについて

ラムリサーチ株式会社(NASDAQ: LRCX)は、半導体業界向けの革新的なウエハー生産設備およびサービスの提供で信頼を集めているグローバルサプライヤです。蒸着、エッチング、ストリップ、ウエハークリーニングなどの、ラムリサーチの市場トップクラスのソリューションの幅広いポートフォリオにより、お客様は砂粒の1,000分の1の大きさのデバイス機構を実現し、チップの小型化やスピードと電力効率の向上して、ウエハー事業の成功の達成に役立てることができます。ラムリサーチはコラボレーション、継続的イノベーション、コミットメント達成などを通じて、原子スケールのエンジニアリングを変革し、お客様が将来技術を生み出す支援をします。ラムリサーチは米国カリフォルニア州フレモントに本社を置くS&P 500(R)企業で、普通株をNASDAQ(R) Global Select Market(TM)にシンボルLRCXで上場しています。詳しい情報については、 リンク をご覧ください。(LRCX-B)

将来予想に関する記述(Forward-Looking Statement)についての注意書き

このプレスリリースの記述は、過去の事実についての記述を除き、将来予想に関する記述(forward-looking statement)であり、1995年の私募証券訴訟改革法の「セーフハーバー」条項の対象です。このような将来予想に関する記述は、ラムリサーチのサプライヤが提供するバリュー、このようなサプライヤとの協業のニーズ、お客様が未来の技術を形成可能になるためのラムリサーチの貢献などに関連していますが、これに限定されるものではありません。このような将来予想に関する記述は、現在の信念と期待に基づいていますので、ラムリサーチの年次報告書(書式10-K)の「リスク因子」の項目や、ラムリサーチが米国証券取引委員会に提出した他の文書に詳述されたリスクや不確実性、および状況、意味、価値、効果などの変化により左右されます。このようなリスクや不確実性、および状況、意味、価値、効果などの変化により、予測不可能な形で、本書に明示されている内容と実際の結果が大きく異なる場合があります。これらの将来の見通しに関する記述は、記述の書かれた日付時点にラムリサーチが合理的な方法で入手していた情報のみを記載していますので、お読みになる際は過大な信頼を置かないようにご注意ください。この文書の日付以降に発生した出来事や状況を反映するため、または予測または不測の事態の発生や影響を反映するために、これらの将来予想に関する記述の改訂が行われた場合でも、弊社は、それを公表する義務を負いません。

企業お問い合わせ先:
Kyra Whitten
Corporate Communications
+1-510-572-5241
メール: kyra.whitten@lamresearch.com

概要:Lam Research Corporation

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事