logo

A10 Networks Security Allianceによりセキュリティソリューションを相互接続するためのプラットフォームを構築

~A10は、リーダー企業と協力し、高まるサイバーセキュリティ脅威に対抗~

A10 Networks™は、脅威の軽減やセキュリティ業務の自動化に取り組むセキュリティおよびネットワーキングのリーダー企業からなるエコシステム「A10 Security Alliance」を発表しました。

*本内容は、2014年10月14日(米国時間)に米国A10 Networksが発表した報道資料の抄訳版です
リンク

 2014年10月14日 (カリフォルニア州サンノゼ発) アプリケーションネットワーキング分野におけるテクノロジーリーダーであるA10 Networks™リンク (NYSE:ATEN 以下、A10)は、脅威の軽減やセキュリティ業務の自動化に取り組むセキュリティおよびネットワーキングのリーダー企業からなるエコシステム「A10 Security Alliance」を発表しました。A10 Security Allianceは、業界をリードするセキュリティベンダーの製品との相互運用性を検証することで、高度な脅威を検出・排除し、データ漏えいのリスクを下げ、セキュリティ業務コストを削減するデータセンターに特化した重要かつ最善の組み合わせによるセキュリティソリューションを開発しています。

 A10 Security Allianceは、統合され検証済みのソリューションによって、今日の組織におけるセキュリティ上の重要課題解決を支援します。A10の提供するアプリケーションサービスゲートウェイA10 Thunder シリーズは、A10 Security Allianceメンバーの製品と連携して、高度な脅威を検出するSSLトラフィックの可視化、統合されたセキュリティとシングルサインオンを実現する認証、SSL証明書の管理と保護の自動化、効果的なポリシー決定のための脅威とURLインテリジェンスなどを網羅するソリューションを提供します。

 A10 NetworksのチーフテクノロジーオフィサーであるRaj Jalanは次のように述べています。「サイバー脅威に対抗するため、組織は攻撃からの防御、フォレンジック、認証、可視化などを組み込んだ統合的な防御を開発する必要があります。A10 Security Allianceは、お客様の安全なデータセンター設計と効率性の向上に役立つ、検証済みで統合されたソリューションのエコシステムを提供します。」

 A10ネットワークス株式会社 代表取締役社長兼CEO、アジアパシフィックジャパン ヴァイスプレジデントの小枝 逸人は次のように述べています。「日本のデータセンターにおいても高度なサイバー攻撃に対する防御の重要性は高まる一方です。A10ではこのような状況に対応すべく、柔軟な姿勢で様々な企業と連携し、顧客に必要とされる機能を強化していくことで、より強固なセキュリティソリューションを提供してまいります。」

A10 Security Allianceにおけるパートナーカテゴリー:

•「SSLインスペクションおよびスケーリング」パートナー – A10 Thunder ADCは、SSLインサイト技術によりSSLトラフィックを高速に解読し、RSA Security Analytics、FireEye の脅威対策プラットフォーム、IBM QRadar Incident Forensics、Vectra Xシリーズとの連携により暗号化されたトラフィックを高速に検査することで、暗号化されたトラフィック内に隠された脅威を検出します。また、Pulse SecureのConnect SecureソリューションをA10 Thunder のアプリケーションデリバリーコントローラーと組み合わせることにより、複数のSSL VPNゲートウェイのロードバランシングに対応します。これにより使用可能時間を最大化し、最適かつ妨げられることのないユーザーアクセスを確保することができます。

•「認証」パートナー – A10 Thunder ADCとPingFederateといった認証・アイデンティティ管理ソリューションを統合することで、フェデレーテッドSAMLモデルのすべてのWebアプリケーションの認証を一元管理し、クラウドベースのアプリケーションのアクセス制御とシングルサインオンに対応することができます。

•「証明書管理・保護」パートナー – SSL証明書や鍵の管理の保護や自動化においてSymantecおよびVenafiと提携し、ダウンタイムを排除し、セキュリティ運用を改善します。

•「インテリジェンス」パートナー – Webroot BrightCloud Web Classification ServiceとA10のSSLインサイト機能を併用することにより、金融や医療アプリケーションといった機密性の高いサイトとの通信を回避しつつ、SSLトラフィックの解析と保護を行うことができます。

•「高度な検知・解析」パートナー – A10 Thunder TPSのトラフィックシェーピングにおける高度な専門知識をFlowTraqの高容量ネットワークトラフィック解析機能と統合することにより、業界でも最速規模のDDoS防御ソリューションを実現します。

•「プログラムセキュリティ制御」パートナー – A10とArista Networksの連携によりDDoS防御のための統合ソリューションを実現します。DDoS攻撃が起きると、AristaのネットワークスイッチがネットワークフローをすぐにA10 Thunder TPSアプライアンスに送り、DDoS防御緩和に必要な時間を数分から数秒に短縮します。

資料:
詳しくは、www.a10networks.com/securityallianceをご覧ください。

A10 Security Allianceメンバーからのコメント(原文)

RSA
“RSA has collaborated with A10 Networks to deliver two-factor authentication and to provide SSL visibility to RSA customers,” said Jim Ducharme, Vice President of Engineering and Product Management, RSA The Security Division of EMC. “By integrating with RSA® Authentication Manager, A10’s application delivery controllers can offload CPU intensive authentication processing and help prevent unauthorized access to applications, while A10’s SSL Intercept technology is engineered to enable RSA® Security Analytics’ customers to inspect SSL traffic for complete network visibility.”

Arista
“Arista’s EOS (Extensible Operating System) and 10/40/100 GbE cloud networking solutions combined with A10’s scalable application delivery and DDoS protection products, offer customers a software-driven, integrated network architecture,” said Ed Chapman, Vice President of Business Development, for Arista Networks.

FireEye
“To eliminate zero-day exploits and advanced targeted attacks, FireEye customers must have complete visibility into all traffic, including encrypted traffic,” said Ruby Sharma, Senior Manager of World Wide Strategic Alliances at FireEye, Inc. “FireEye has partnered with A10 Networks to eliminate the SSL blind spot in corporate defenses and scale network security. As a member of the A10 Security Alliance, FireEye can demonstrate interoperability between the FireEye Threat Prevention Platform and A10 Thunder ADC.”

FlowTraq
“FlowTraq has selected A10 Networks to take our network traffic security capabilities one step further,” said Dr. Vincent Berk, CEO of FlowTraq. “When FlowTraq detects that your critical services are under attack, FlowTraq informs the A10 Networks Thunder TPS device through its API of the attack type and the intended target. Thunder TPS then redirects the malicious traffic to itself, and forwards the cleaned traffic back in the network.”

IBM Security
“Organizations rely on QRadar Incident Forensics to retrace security events and discover what happened when and how. To investigate incidents, our customers must have full visibility into all network traffic, including SSL traffic,” said Kevin Skapinetz, Director of Strategy and Product Marketing, IBM Security. “IBM Security has collaborated with A10 Networks to provide a validated solution for SSL inspection and incident forensics. Working together, IBM and A10 are helping to deliver the solutions required to combat today's advanced threats.”
Ping Identity
“Data breaches are putting businesses in real danger, and at the same time cloud services and mobility are redefining what identity security is and how it is achieved,” said Patrick Harding, CTO, Ping Identity. “We are pleased to be a member of the A10 Security Alliance, which brings together important technologies to secure datacenter environments in the enterprise and infrastructure-as-a-service.”

Pulse Secure (recently formed independent company from the acquisition of the Junos Pulse business from Juniper Networks)
“Our customers need to deliver persistent, uninterrupted access to resources to mobile users,” said Jeff Green, Pulse Secure senior vice president of product development and customer service. “A10’s load balancing and high-availability capabilities combined with our secure mobility solutions delivers a scalable SSL VPN solution, allowing customers to increase the overall capacity and reliability of their mobile infrastructure.”

Symantec
“Organizations rely on Symantec's SSL certificates to protect information and assure customers of their authenticity,” said Tom Powledge, vice president, Information Security at Symantec. “Through the integration of our Certificate Intelligence Center and A10, we are pleased to now provide support to A10's rapidly growing customer base with Symantec's best-in-class SSL services to help increase operational efficiency, maintain business continuity, and mitigate security and non-compliance risks.”

Vectra
“We are pleased to join the A10 Security Alliance and further the joint development and integration from our relationship with A10 Networks,” said Mike Banic, VP of Marketing at Vectra Networks. “Program membership validates our combined solution so customers can improve their ability to detect any phase of an attack on their networks, including attacks hidden in SSL traffic. Being part of this program also enables joint sharing of APIs and continued development on future offerings around detection and blocking of attacks for customers.”

Venafi
“The new A10 Security Alliance offers enterprise customers an ecosystem of leading security systems that were tested for interoperability,” said Kevin Bocek, VP of Security Strategy and Threat Intelligence of Venafi. “Venafi is pleased to join the Security Alliance as a member of the partnership. This aligns well with our mission of securing and protecting our customers’ keys and certificates so that they can’t be used in cyber attacks by criminals and nefarious actors.”

Webroot
“We are excited to join the A10 Security Alliance and offer joint customers an integrated solution for SSL inspection and web classification,” said Scott Merkle, vice president of enterprise and OEM sales at Webroot. “Webroot BrightCloud Security Services, combined with A10 Thunder ADC, enable organizations to intercept and inspect SSL traffic while satisfying compliance and privacy requirements.”

A10 Networks / A10ネットワークス株式会社について
A10 Networks(NYSE: ATEN)はアプリケーションネットワーキング分野におけるリーダーとして、高性能なアプリケーションネットワーキングソリューション群を提供しています。世界中で数千社にのぼる大企業やサービスプロバイダー、大規模Webプロバイダーといったお客様のデータセンターに導入され、アプリケーションとネットワークを高速化し安全性を確保しています。A10 Networksは2004年に設立されました。米国カリフォルニア州サンノゼに本拠地を置き、世界各国の拠点からお客様をサポートしています。
A10ネットワークス株式会社は台湾・東南アジア各国を含む地域統括をおこなうA10 Networksの日本子会社であり、各地域のお客様の意見や要望を積極的に取り入れ、革新的なアプリケーションネットワーキングソリューションをご提供することを使命としています。
詳しくはホームページをご覧ください。
www.a10networks.co.jp
Facebook:リンク

A10 Networks、A10 Thunder、vThunder、ACOS、aCloud、aFlex、aXAPI、aVCS、Virtual Chassis、SoftAXおよびaFlowは米国およびその他各国におけるA10 Networks, Inc. の商標または登録商標です。その他上記の全ての商品およびサービスの名称 はそれら各社の商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事