logo

リチウムイオン電池の世界市場、2020年に4倍に成長

フロスト&サリバンは、リチウムイオン電池の世界市場に関する新たな分析をまとめた。フロスト&サリバンの新たな調査分析「リチウムイオン電池の世界市場分析と市場展望」によると、リチウムイオン電池の世界市場規模は、2013年の175億8000万米ドルから、2020年には4倍以上に成長する予測となっている。

電力網向けエネルギー貯蔵や再生可能エネルギー貯蔵に向けたアプリケーションの開発によって、リチウムイオン電池の需要が促進されている。電力貯蔵市場は、リチウムイオン電池の主要な消費市場となる見込みであり、電力会社はリチウムイオン電池を使用したスマートグリッド・ソリューションを利用する傾向が今後予測されている。このため、リチウムイオン電池のベンダーは電力網向けエネルギー貯蔵および再生可能エネルギー貯蔵を自社ビジネスの成長戦略に含めることが推奨される。

「自動車業界や、電力網向けエネルギー貯蔵、再生可能エネルギー貯蔵市場の高い成長が今後予測されており、2020年にかけてリチウムイオン電池の需要の継続的な増加が見込まれる。各国で自動車やエネルギーセクターの継続的な成長のために代替エネルギーが求められる中で、北米とアジア太平洋地域がリチウムイオン電池の需要をけん引する主な市場となり、欧州がこれに続くことが予測される」と、フロスト&サリバンのリサーチマネージャー、ヴィシャル・サプルは述べる。

自動車業界では、電気自動車(EV)向けにリチウムイオン電池の大規模な導入が長期的に見込まれているほか、ハイブリッド車の販売促進が今後も期待されている。このため、自動車セクターがリチウムイオン電池のベンダーにとって強固な成長機会となり、主要なエンドユーザーセグメントのひとつとなる見込みである。

自動車業界と電力網および再生可能エネルギーセクターにおいて、規制面での優遇措置はリチウムイオン電池市場の成長にも影響する。自動車セクターにおける燃費効率、排気ガス基準における規制や、代替エネルギーおよびグリーンエネルギーの使用を推奨する法整備は、リチウムイオン電池の需要促進へとつながる。同様に、電力業界における規制の変更は、特に米国、欧州およびアジア太平洋地域で電池を用いたエネルギー貯蔵や電力供給の推進へとつながる。

エネルギー業界内においては、ヘルスケア、軍事、通信などの業界に向けたバッテリーバックアップ・アプリケーションの実用化がさらに進んでいることが、リチウムイオン電池の導入促進へとつながっている。電力装置市場におけるリチウムイオン電池の需要拡大と相まって、様々な産業におけるリチウムイオン電池の導入が拡大している。

しかしその一方で、リチウムイオン電池の世界市場は断片化されているという課題が存在する。また、小規模の市場参加者は、価格の引き下げや研究開発コストを引き上げることで市場で生き延びることが予測され、市場の統合や再編は近い将来に起こると見られる。

さらに、リチウムイオン電池で作動する機器の誤作動の可能性によって最近行われたリコールにより、製品の安全性に関する懸念が浮上し、同市場の成長を阻害する要素となっている。この様な事態や従来のエネルギー源への依存により、リチウムイオン電池への切り替えのペースは減速している。

「製造メーカーはリチウムイオン電池を最適かつ安全に機能出来る素材を模索している。さらに、リチウムイオン電池セルや電池パック素材、バッテリー管理システムの価格引下げを検討している。この様な取り組みは、リチウムイオン電池の価格引下げを確実にするだろう」と、サプルは述べる。

************************************
フロスト&サリバンについて
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。


本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
電話:03-4550-2215  FAX:03-4550-2205
E-mail: anna.tsuji@frost.com
担当:辻

日本語オフィシャルウェブサイトを開設しました:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。