logo

ClouderaがクラウドプラットフォームとしてMicrosoft Azureを選択

Cloudera株式会社 2014年10月24日 09時06分
From PR TIMES

ClouderaがMicrosoft AzureとCloudera Enterpriseの製品統合、共同認定を発表

米国カルフォルニア州パロアルト発 - 2014年10月20日:

Apache Hadoop(TM)によるエンタープライズ向けデータ分析マネージメントのリーダーである Clouderaは本日、Cloudera Enterprise をMicrosoft Azure 認定ソリューションとして利用可能にする予定である、と発表しました。あらゆる面で優位性が求められるこの業界にあって、Cloudera と Microsoft は、Hadoop を活用できる Clouderaのエンタープライズデータハブを、いつでも短時間で Microsoft Azure に導入できるようになります。またClouderaは、MicrosoftのAnalytics Platform Systemや包括的なユーザーID管理とアクセス管理のためのAzure Active Directoryなど、データウェアハウスやセキュリティのためのテクノロジーとの連携も実現する予定です。

このパートナーシップは、顧客にとって、AzureがCloudera Enterpriseをパブリッククラウドに展開するための、手早く簡単な方法であるからに他なりません。Cloudera Enterpriseは、クラウド・レディなデータプラットフォームとして、その導入スピードや迅速性を検証したい顧客向けに既に提供可能な状態にあります。また、12月に予定しているCloudera 5.3の一般向けリリースでは、以下の機能をCloudera およびMicrosoftの顧客に提供します:

・Cloudera を Microsoft Azure Marketplace から直接導入可能
・SQL Server から Cloudera にデータをインポート可能
・セルフサービス ビジネスインテリジェンスのためのMicrosoft Power BI for Office 365の利用
・クラウドベースの強力な予測分析機能を持つ、Azure Machine Learningの利用

Microsoft の Cloud + Enterprise 担当エグゼクティブバイスプレジデントである Scott Guthrie 氏は次のように述べています。「顧客がクラウド上のビッグデータが提供する価値を具現化できるよう、Microsoft と Cloudera は互いに協力してきました。今やAzure の顧客は、数クリックするだけで Cloudera Enterprise の導入を完了し、Microsoft Power BI を使ってデータを可視化することで、ビジネスを一変させるような結果が得られるのです。それもすべて数分の内にです」

また、Clouderaの創業者で最高戦略責任者のMike Olsonは次のように述べています。「顧客は、ビッグデータソリューションとクラウドサービスの間の一貫性や優れた連携性能を求めています。Azureは極めて短時間に、また簡単に導入できるクラウドプラットフォームですが、この提携により両社の顧客はさらに新しいインフラストラクチャーを選択できるようになりました。オンプレミスのクラウドからパブリッククラウドであるAzureに至るまで、Microsoftが持つハイブリッドクラウドに対する高度な専門技術を活用し、Cloudera Enterpriseの顧客は自社のコア業務に集中できることで、いち早くビジネスの成果を具現化できます」

Cloudera と Microsoftのテクノロジー連携により、既存のツールやスキルセットを活用しながら、さらに効率的に、また次のようなメリットをもってビジネスを進めることができます:

早く結果に到達: Cloudera EnterpriseをMicrosoft Azureで稼働させることで、Hadoopが持つパワーを利用可能になり、いち早くデータが示す本質的な意味を理解することができます。Clouderaの堅固なエンタープライズデータハブが、時間を要するインフラストラクチャの調達や構築の手間を省きます。

スケーラブルなデータ管理:スケーラブルなデータ管理環境が、既存のデータクラスタに新しいノードを追加する時間を省き、また、拡張に要する時間を短縮することで、スピードあるビジネスの成長に貢献します。

効率の向上とコストの削減: Microsoft Azureによって、データセンターの運用に充てていた専任リソースを、自社のコア業務にシフトすることが可能となり、効率向上とコスト削減を図ることができます。


参考情報

・Clouderaのブログポスト:
リンク
・Microsoftのプレスリリース:
リンク
・Microsoftのブログポスト:
リンク
・Microsoftソリューション概要
リンク

Clouderaについて

Cloudera は、業界初の Apache Hadoop(TM) 上のエンタープライズデータハブであるビッグデータ向け統合プラットフォームで、エンタープライズデータマネージメントの変革を続けています。Cloudera は、すべてのデータを1ヶ所にストアし、処理・分析することで、既存の投資に対する価値を高めると同時に、全く新たな方法でデータから価値を引き出すための手段を提供します。Clouderaは保存、アクセス、管理、分析、セキュリティ、検索など、重要な業務データを扱う上で必要なソフトウェアを含む、エンタープライズデータハブに必要なすべてを提供します。Clouderaのオープンソースビッグデータプラットフォームは、世界で最も広く採用されており、そしてまたオープンソースのHadoopエコシステムへ最も多く貢献しています。 Hadoop プロフェッショナルの有数の育成機関として、全世界で 22,000 名以上の人々を教育してきました。さらに、1200名以上のパートナーとベテランのプロフェッショナルチームが高い時間価値を提供します。エンタープライズデータハブを確実に稼動させるために必要となるプロアクティブなサポートを提供できるのはClouderaだけです。すべての業界の先端企業や世界中の公的機関で、Cloudera はその実務に活用されています。
リンク

▼Cloudera の情報は下記よりご覧いただけます。
・ウェブサイト : リンク
・ブログ : リンク
・Twitter : リンク
・Facebook : リンク
・Cloudera World Tokyo 2014 : リンク

報道関係者の方からのお問い合わせ先

Cloudera株式会社
マーケティング担当:木林
press-jp@cloudera.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。