logo

【ゆるすぽドラフト速報!】 元タイガース坪井智哉氏、画家ながさわたかひろ氏の2名を指名

株式会社共同通信デジタル 2014年10月23日 18時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014年10月23日

株式会社共同通信デジタル ゆるすぽweb編集部

【ゆるすぽドラフト速報!】 元タイガース坪井智哉氏、画家ながさわたかひろ氏の2名を指名

株式会社共同通信デジタル(東京都港区)では、新しいウェブサービスといたしまして、10月1日より「ゆるすぽweb」を立ち上げました。

「ゆるすぽweb」は、スポーツ報道の基本である「勝ち負けのストレートニュース」に頼らず、スポーツの周辺にあるさまざまな心の機微を「ゆるやかに」紡ぎながら、オリジナルコラムやブログ、月に一度のイベント開催などを運営するサービスを目指します。

野球界が期待と緊張に包まれる年に一度のドラフト会議当日、ゆるすぽweb編集部では、阪神、日本ハム、オリックス、米国独立リーグ5球団を渡り歩いた坪井智哉氏(40)と、東京ヤクルトスワローズの全試合を4年間イラストで描き続けてきた画家のながさわたかひろ氏(42)の二人を、新たなメンバーといたしまして「ゆるすぽドラフト2014」で指名いたしましたことを発表いたします。

6年後の東京オリンピック開催に向け、国内のスポーツ熱の向上に寄与できるよう、坪井智哉氏、ながさわたかひろ氏を迎え入れた「ゆるすぽweb」にどうぞご注目ください!


■「ゆるすぽドラフト2014」指名選手のプロフィール
【1位】 坪井 智哉(40)(左投・左打)
1974年愛知県名古屋市出身。PL学園高校、青山学院大学、東芝のアマチュア野球界で活躍し、1997年のドラフト会議で阪神タイガースから4位指名を受けてプロ入り。阪神、日ハム、オリックス、米国独立リーグ5球団を渡り歩き、今年8月にプロ生活17年のキャリアに終止符を打った天才バッター。「ゆるすぽweb」では2ヶ月に一度の割合で、スポーツ団体/チーム/関係者を取材して、これまでとは違ったスポーツの光景を、元プロ野球選手・坪井氏の目を通して表現していただきます。

【育成選手】 ながさわ たかひろ(42)(右投・右描)
1972年山形県山形市出身。武蔵野美術大学大学院造形研究科美術専攻版画コース修了。岡本太郎現代芸術賞展 特別賞受賞(2010年)。「プロ野球のイラストを描き続けて応援する」独特なスタイルが話題を呼び、人気テレビ番組にたびたび出演。“スタンド観戦するファンひとりひとりの熱量は、チームの戦力になる“、という持論を表現し続けている芸術家。過去4年間は小川前監督率いる東京ヤクルトスワローズの全試合をイラストで描き続け、ヤクルト球団に選手契約を直談判してきた。11月からは「ゆるすぽweb」を主戦場として、イラストを描き続けていただきます。


■「ゆるすぽweb」について
URL:リンク
サービス開始:2014年10月1日

【編集長】 小島 克典
1973年神奈川県出身。オリンピック決勝戦('96年)、日本シリーズ(’98年)、ワールドシリーズ('02年)を通訳として経験した圧倒的なキャリアを活かし、2004年のプロ野球球界再編では、ライブドア・フェニックスGMとして新球団の設立を提起。社会問題となった活動を通して杜の都・仙台にプロ野球チームが誕生するきっかけを作った。2012年に「スポーツカルチャー研究所」を立ち上げ、年間1千本以上のメディアコンテンツを国内外の各メディアに納めている。ゆるすぽweb初代編集長として、活字、写真、イラストを駆使し2020年の東京五輪に向けたゆるやかなスポーツ文化の醸成を目指す。


■「ゆるすぽドラフト2014共同記者会見」の映像
URL:リンク


■本件のお問い合わせ先
〒105-7201 東京都港区東新橋1-7-1 汐留メディアタワー
株式会社共同通信デジタル ゆるすぽweb編集部
担当:杉本、椎名
電話:03-6252-6403
メール:support-yurusupo@kyodo-d.jp mailto:support-yurusupo@kyodo-d.jp
※坪井氏、ながさわ氏、小島編集長への取材は、可能な限り対応させていただきます。担当者までお気軽にお問い合わせください。
※記者会見の写真素材および動画素材の高解像度版を希望する方は、ご連絡をお願いいたします。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。