logo

女性が自動車購入において最も影響力を持つ顧客層に成長

-OEMは女性顧客をターゲットにした製品戦略が今後の成長のカギに

自動車の購買プロセスにおける女性の影響力拡大が進む中で、フロスト&サリバンは女性購買者層のマーケットポテンシャルと製品開発におけるトレンドに関する最新の調査結果をまとめた。女性に対する自動車免許交付数が増加し、現在、米国や欧州では自動車ドライバーは男性よりも女性の割合が高い傾向にある。その一方で、世界全体で女性の半数が自分の運転する車に満足しておらず、74%が女性が持つ対自動車意識について自動車メーカーから間違った認識をされていると感じている。

「女性が自動車の主な顧客層となる中で、自動車メーカーやサプライヤーは自社の製品開発戦略を変えていく必要がある。自動車購入者に占める女性の増加は、OEMの戦略に影響を及ぼし、一部の車種拡充へとつながっている」とフロスト&サリバンのビジョナリー・イノベーション部門コンサルタント、プライス・ウォーカーは述べる。

日産自動車やフォード、フォルクスワーゲン(VW)といったOEMでは、既に女性をターゲットにした新モデルの開発に着手している。都市部での走行を想定した小型車や、ラグジュアリー車やスポーツ用多目的車(SUV)といった、従来には主に男性向けであった車種においても、女性向けモデルの開発が既に始まっている。同時に、OEMは細かな塵やゴミを除去するエアコンや、ウイルスや細菌の胞子を除去するイオン発生器、高品質のインテリアパネル、エルゴノミクスシートなどを車両に搭載することで、健康やフィットネスに向けた意識の高まりといったグローバルなメガトレンドに対応した製品開発を行っている。

フロスト&サリバンは、女性の自動車購入者をターゲットにした製品開発を行う上で考慮すべき8つの主なデザイントレンドを特定した:
1. カスタマイズされた、ゆったりとしたキャビン
2. 際立った車両外観デザインおよびサンルーフ
3. 環境やCO2排出に配慮した装備
4. 直感的な操作機能
5. 健康やウェルネスへの対応
6. 高品質素材の適用(革製シートなど)
7. 自動運転支援機能(駐車支援やキーレスエントリ機能)
8. パーソナライズ化が可能な機能(ロングヒールでも操作し易いペダル) 

自動車産業における女性の影響力拡大は、ショールームだけでは終わらない。ダイバーシティー(女性の活用)の面において、自動車業界はグローバル業界平均で、全産業の中で最低の18%となっているが、今後あらゆるレベルの職掌において、女性の積極的な活用が進むことが予想される。2020年までに、主要OEMにおいて、女性社員が全体に占める割合は、平均で25%を占め、管理職レベルでは平均で15%から20%を女性が占めると見られている。

顧客層としての女性の重要性が実証されたことで、米国や英国のラグジュアリー系OEMはワークショップや女性を対象としたイベントの開催を行っている。日本の自動車販売ディーラーでは、授乳室や子ども用の遊び場が併設され、女性の営業スタッフや整備士が女性客の応対を行っている。また、オンラインでは、車のレビューや、自動車購入において必要な情報などを提供する女性向けのレビューサイトも登場している。

「OEMは女性をターゲットにした製品や戦略を開発することで、事業の成功を収めることができるだろう」と、プライス・ウォーカーは述べる。

■「女性顧客を活用した自動車産業のグローバル戦略分析」に関する資料がご提供可能です。下記までお問い合わせ下さい。

********************************:
フロスト&サリバンについて
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。


本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
電話:03-4550-2215  FAX:03-4550-2205
E-mail: anna.tsuji@frost.com
担当:辻
日本語オフィシャルウェブサイトを開設しました:リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事