logo

CHEP、Laurent Le Mercier氏を自動車関連活動の世界的なリーダーに任命

CHEP 2014年10月20日 10時26分
From 共同通信PRワイヤー

CHEP、Laurent Le Mercier氏を自動車関連活動の世界的なリーダーに任命

AsiaNet 58241

CHEP、Laurent Le Mercier氏を自動車関連活動の世界的なリーダーに任命

ケルン(ドイツ)、2014年10月20日/PRニュースワイヤー/--
自動車サプライチェーンにおけるコンテナープールソリューションの国際的リーダーであるCHEPオートモーティブ・アンド・インダストリアル・ソリューションズは、Laurent Le Mercier氏をグローバル・オートモーティブの上級副社長に任命することを発表しました。

(写真: リンク

Le Mercier氏は、世界各地におけるCHEPの地域的な自動車ビジネスをリードし、世界的な顧客中心の単一事業単位に変換する責任者となります。統合された国際企業として運営を行うことで、CHEPオートモーティブ・アンド・インダストリアル・ソリューションズは、全地域にわたる自動車メーカーとサプライヤーと協力して働くための良い位置につき、彼らが経営効率を推進し、持続可能性を増し、トータルサプライチェーンのコストを削減するのを援助します。

多くの自動車メーカーとサプライヤーもまた世界的に事業展開しており、そのためCHEPは、自然と、世界規模でのサービスレベルと革新における顧客の期待に一貫して沿うことが出来るよう国際的な取り組みを行うようになります。

Le Mercier氏は、今回の任命前には、フランスにあるCHEP Palletsでカントリージェネラルマネージャーを4年間務めていました。そこでは、顧客満足とコストパフォーマンスを改善する戦略を指導し、レイヤー段ボールパレットの発売を通して革新を促進しました。2004年に初めてCHEPに加って以来、CHEPヨーロッパの販売・顧客サービス機能の再編をサポートし、またその後、ヨーロッパのキーアカウントマネジャーとして、ポーランドそして中央ヨーロッパ市場のCHEPのジェネラルマネージャーも務めました。

CHEPに加わる以前、Le Mercier氏は、Automobiles Peugeotで働いており、ヨーロッパにおける様々な販売や運営に関わっていました。さらには、戦略コンサルタントとして、鉄鋼・自動車産業で市場をリードする企業に対して国際的な顧客関係戦略の策定をサポートしていました。彼は、フランスのフォンテーヌブローにあるINSEADにてMBAを取得しています。

CHEPについて
コンテナー/パレットプールサービスにおける世界的リーダーであるCHEPは、世界規模ネットワークのサービスセンターからの1,300万以上の再利用可能なコンテナーおよび2億4,000万以上のパレットを配給、回収、調整、再配給しています。同社の8,000人以上の従業員が50か国以上で働いており、500を超えるサービスセンターを支えています。1975年以来、CHEP オートモーティブ・アンド・インダストリアル・ソリューションズは、マルチユーザーが共有する環境に優しく経費を節約したコンテナープールサービスを提供することで、自動車メーカー、自動車サプライヤーおよびその他の産業分野の企業が、効率と環境フットプリントを改善しつつ、トータルサプライチェーンコストを削減する手助けをしています。今日、最大手自動車メーカー10社のうちの4社および一流サプライヤー上位15社のうち9社がCHEPのサービスを利用しています。CHEPは、オーストラリア シドニーに本社を置くBrambles Limitedの傘下にあります。

詳細情報は、リンク を参照下さい。

CHEP連絡先:
CHEP Deutschland GmbH
マーケティングマネージャーThorben Steinke
電話:+49(0)221/935-71-330
メール:thorben.steinke@chep.com

プレス連絡先:
pr people
PRコンサルタントTobias Wolff
電話:+49(0)221/534-10-88-37
メール:t.wolff@pr-people.de
情報源:CHEP

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事