logo

ガイ・リッチーがHAIG CLUBのCM「Welcome」制作

HAIG Club and Diageo 2014年10月17日 20時05分
From 共同通信PRワイヤー

ガイ・リッチーがHAIG CLUBのCM「Welcome」制作

AsiaNet 58280 (1147)

【ロンドン2014年10月17日PRN=共同通信JBN】
*HAIG CLUB(TM)シングルグレーン・スコッチウイスキーの初めてのCMはブランド本拠地の「トースト」

アルコール飲料のグローバルリーダー、ディアジオ(Diageo)は17日、新シングルグレーン・スコッチウイスキー、HAIG CLUB(TM)のテレビCM第1弾の放映を発表した(リンク )。

(Photo: リンク
(Photo: リンク
(Photo: リンク
(Photo: リンク
(Photo: リンク
(Photo: リンク
(Photo: リンク
(Photo: リンク
(Photo: リンク
(Photo: リンク

有名な英国の映画監督、ガイ・リッチーは受賞歴がある広告代理店、adam&EveDDBとチームを組み、HAIG CLUB(TM)のパートナーで世界のアイコン、デービッド・ベッカムを主役にした「Welcome」を制作した。このCMは10月17日の金曜日、Skyで英国のテレビにデビュー、長尺90秒のディレクターズカット版はこの日午前9時以降、YouTube.com/HaigClub(リンク )で閲覧できる。

Welcomeは、週末をともに過ごすためにスコットランドのインバネスに近いグレンアフリックの邸宅を目指してハイランドをめぐる友人グループの大旅行シリーズから編集された。エピソードは、グループがHAIG CLUB(TM)のグラスをささげるセレブの乾杯で頂点に達し、その後、同じ友人グループが南極からマダガスカルまで世界各地で同じ乾杯の瞬間を共有しているところが明らかにされる。

HAIG CLUB(TM)のロナ・バーン国際販売ディレクターは「トースト(乾杯)は歴史豊かな由緒ある伝統で、人々をまとめる力がある。われわれはこの動作をHAIG CLUB(TM)の中心に置いている。HAIG CLUB(TM)は、友人の歓迎もシングルグレーン・スコッチウイスキーの発見もすべて『Welcome』であり、トーストはその気持ちを体現している。われわれのフィルムのビジョンがこの動作をもたらした。それが現代の装いで再生し、HAIG CLUB(TM)の同義になるよう願いをこめて」と説明した。

トーストはヘイグ家の歴史に織り込まれている。1920年代の「Club Man」広告はロンドンの大手会員制クラブを取り上げたが、乾杯はいかなる社交の場でも不可欠であった。1930年代のHAIG CLUB(TM)広告は再び、クラブで最も大切な儀式がトースト精神の維持にあったという事実に焦点を当てた。

デービッド・ベッカムはこのほど、友人と世界をHAIG CLUB(TM)に迎え、エジンバラの祝杯の世界始動でゲストにトーストし、写真家ピーター・リンドバーグ氏撮影の印刷広告でもグラスを掲げている。

デービッド・ベッカムは「トーストの伝統が大好きだ。友だちや家族といつもしていること。ガイと伝統を新たな方法で再生することはやりがいがある。HAIG CLUB(TM)は、いつも友人が集まり、広告に反映させたいと願っていたものである。それほど単純なこと」と話した。

ガイ・リッチー監督は「このプロジェクトには訴える極めて多くの要素がある。親友が冒険して祝祭のために集まる映画だ。わたしが訪れた最も美しい場所のひとつ、スコットランドのハイランドが舞台。親友のデービッドと一緒に制作するのを大いに楽しんだよ」と付け加えた。

このフィルムはマーキュリー・プライズを受賞したアルト・ジェイの曲「Left Hand Free」を使用している。バンドのナンバーワン・アルバム「This Is All Yours」からシングルカットされたLeft Hand Free も10月17日に公式リリースされる。

CMは10月17日金曜日の午前9時(GMT)、YouTube (youtube.com/HaigClub、リンク )、Facebook (Facebook.com/HaigClub、リンク )、Haigclub.com(リンク )でフォローできる。

責任ある飲酒はHAIG CLUB(TM)の中核。デービッド・ベッカムは量より質というブランド哲学を支持している。

HAIG CLUB(TM)へようこそ。責任を持って楽しもう。

▽HAIG CLUB(TM)について
HAIG CLUB(TM)はディアジオが世界のアイコン、デービッド・ベッカム、起業家サイモン・フラー氏と組んで製造した新しいシングルグレーン・スコッチウイスキーである。HAIG CLUB(TM)は現代世界のために企画されたスコッチウイスキーとして、伝統と遺産を重視してつくられた。400年近い蒸留遺産をもとに、根本的な新手法で実現したシングルグレーン・スコッチウイスキーである。HAIG CLUB(TM)は健全な生活を送り節度ある飲酒を楽しむ人々を歓迎する。パートナーシップの一部として、デービッド・ベッカムはHAIG CLUB(TM)の責任ある飲酒キャンペーン哲学、量より質という信念を支持している。HAIG CLUB(TM)に関する詳しい情報は公式サイト、リンク または、facebook.com/HaigClub(リンク InternetFiles/Content.Outlook/7ISOD5S2/facebook.com/HaigClub )を参照。

▽ディアジオ(Diageo)について
ディアジオは世界の大手飲料企業で、蒸留酒、ワイン、ビールなどの部門にわたり幅広いアルコール飲料ブランドの大きなコレクションを所有している。これらのブランドにはジョニーウォーカー、クラウンローヤル、J&B、ブキャナン、ウインザー、ブッシュミルズなどのウイスキー、スミルノフ、シロック、ケテルワンなどのウオツカ、その他キャプテン・モーガン、ベイリーズ、ドン・フリオ、タンカレー、ギネスなどがある。

ディアジオは同社の製品を世界180カ国以上で販売しているグローバル企業である。同社はロンドン証券取引所(LSE)では銘柄コードDGE、ニューヨーク証券取引所(NYSE)では銘柄コードDEOで上場されている。Diageoおよび同社の社員、ブランドに関する詳しい情報はウェブサイト(リンク )を参照。情報、イニシアチブ、ベストプラクティスの共有方法に関しては責任ある飲酒を促進するディアジオのグローバルリソース・ウェブサイト(リンク )を参照。

同社の標語は「Celebrating life, every day, everywhere(人生を楽しもう、いつでも、どこででも)」

▽デービッド・ベッカムについて
デービッド・ベッカムは世界有数のアイコニックなスポーツマン。プロサッカー選手として20年以上の経歴があり、6年間ナショナルチームの主将を務めた。英プレミアリーグで6回優勝、1999 年にUEFA(欧州サッカー連盟)チャンピオンズリーグで優勝(マンチェスター・ユナイテッド所属)、1999年と2001年にFIFA(国際サッカー連盟)最優秀選手賞の次点だった。

2003年、マンチェスター・ユナイテッドを離れ、レアル・マドリードで4シーズン活躍。2007年にロサンゼルス・ギャラクシーに移り、チームをMSLカップの2回優勝(2011、2012年)に導き、ACミランとまず2009年1月、次いで2010年1月にレンタル移籍した。

その後引退したベッカムは中国サッカー協会のグローバルアンバサダーに任命され、マイアミにメジャーリーグのサッカーチームを新設、共同保有すると発表した。ビクトリアさんと結婚、子どもが4人いる。ベッカムの高名はピッチを大きくはみ出している。熱心な慈善事業推進者として知られ、マンチェスター・ユナイテッド時代からユニセフをサポート、2005年にユニセフの「Sports for Development」プログラムに焦点を当てる親善大使になった。ベッカムは慈善団体Malaria No Moreの役員にも名を連ねている。

デービッド・ベッカムは洞察力ある実業家として、HAIG CLUBブランドの発展、戦略、ポジショニングに不可欠の役割を演じる。また、HAIG CLUBのために、ブランドの中核をなす責任ある飲酒プログラムの推進を主導する。

▽ガイ・リッチーについて
脚本家、監督、プロデューサーのガイ・リッチーは熟達した映画製作者で、錯綜したプロット、印象的なせりふ、斬新なビジュアル、忘れがたく変化に富んだキャラクターなどシネマティックな性格劇で知られている。

リッチーは映画ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ(1998年)の原作と監督で映画デビュー、し、スナッチ(2000年)、スウェプト・アウェイ(2002年)、リボルバー(2005年)、ロックンローラ(2008年)、シャーロック・ホームズ(2009年)、シャーロック・ホームズ シャドウ ゲーム(2011年)を生み出し、最新作のMan From U.N.C.L.Eは2015年8月に公開される。

リッチーは劇映画制作に加えて、人気あるBMW(リンク )のThe HireシリーズのStar、Nikeと提携した短編のTake It to the Next Level、ジュード・ロウとコラボしたノワール短編Dior Homme、Activisionの人気ゲーム、コール・オブ・デューティの広告キャンペーンのひとつSurpriseに監督として参加している。デービッド・ベッカムとは以前、H&Mキャンペーンの立ち上げで手を組んだが、今回HAIG CLUB(TM)で再会した。

▽adam&eveDDBについて
広告、デザイン、コンテンツ、デジタル、メディア、社会戦略の世界から人材を結集したクリエーティブ・コミュニケーション・エージェンシーである。クライアントはディアジオ、Google、Marmite、ジョン・ルイス、フォルクスワーゲン、フィナンシャル・タイムズ、ハーヴェイ・ニコルズ、セーブ・ザ・チルドレンなどである。

Creative Credits

Creative Agency: adam&eveDDB
Creative Director/Copywriter: Shay Reading
Creative Director/Art Director: Frank Ginger
Executive Creative Directors: Ben Priest, Ben Tollet & Emer Stamp
Agency TV Producer: Pamie Wikstrom
Planner: Michael Hines
Account Director: James Rowe
Managing Director: Tammy Einav
Production Company: Independent/Reset
Producer: Adam Saward
Director: Guy Ritchie
Soundtrack name and composer: Left Hand Free, Alt-J
(Newman/Unger-Hamilton/Green)
Editor: James Herbert / Angus Munro
Post Production: Nineteentwenty
VFX Supervisor: Ludo Fealy
Colorist: Paul Harrison @ Finish
Sound Engineer: Jack Sedgwick @ Wave

ソース:HAIG Club and Diageo

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事