logo

ビヨンセ - パリでMESSIKA JOAILLERIEのジュエリーをまとう

Messika 2014年10月17日 12時00分
From 共同通信PRワイヤー

ビヨンセ - パリでMESSIKA JOAILLERIEのジュエリーをまとう

AsiaNet 58261


ビヨンセ - パリでMESSIKA JOAILLERIEのジュエリーをまとう

パリ

MESSIKA JOAILLERIE PARISは、Valerie Messikaデザインによるジュエリー類を身にまとった歌手ビヨンセをご紹介いたします。

マルチメディアリリースを表示するには、次をクリックしてください。
リンク
パリでの家族旅行で、ビヨンセはMESSIKAの象徴的なジュエリー2点を身に着けています。ダイヤモンドと18カラットゴールドの「Move Jewelry XL 」リングと「Glam'Azone」ダブルリングです。

最愛の家族とともにルーブル美術館を訪れた際、ビヨンセはMESSIKAの新作「Glam'Azone」リングを装いに加えました。アマゾネスの神話にインスパイアされたこの象徴的な作品は、女王ビヨンセの崇高さ、強さ、官能美にふさわしい華を添えました。有名な芸術作品に囲まれながら、写真を撮りつつ、ビヨンセ本人もレオナルド・ダ・ヴィンチの最も有名な絵画、モナリザの前でその指輪をインスタグラムに投稿しました。

ロンドンへの家族旅行の際にも、ビヨンセは「Move Jewelry XL」リングとMESSIKAの「Glam'Azone」リングを組み合わせていました。彼女は「Move」リングの「昨日、今日そして明日の愛」を象徴する3つの揺れ動くダイヤモンドを独自の優美さで体現したのです。

「MOVE」ジュエリーコレクション:
現代的なオートクチュールのスタイルでデザインされた「Move」ジュエリーは、Messikaを代表するコレクションの一つです。 3つの揺れ動くダイヤモンドは、「昨日、今日そして明日の愛」を象徴しています。クラシック、エレガントでありながら、ややロックンロールな、「Move」ジュエリーコレクションは、あらゆる欲望を満たし、どのような装いにもフィットします。

「GLAMA'ZONE」コレクション:
Messikaは崇高な女王のスピリットに触発され、アマゾネスコレクションに生命を吹き込みました。アマゾネスの矢と槍をベースに、このジュエリーは強さと活力を象徴し、シールドのような、小さな宝石に囲まれたオーバルカットのダイヤモンドに連なるスレンダーなラインが特徴です。
リンク

(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事