logo

ありそうでなかった! デジタル日付時計と月めくりカレンダーが融合した「スマートカレンダー」を新発売

ビエント フォトグラフィア 2014年10月17日 09時00分
From 共同通信PRワイヤー

2014/10/17

ビエント フォトグラフィア

ありそうでなかった! デジタル日付時計と月めくりカレンダー(紙製) が
融合した「スマートカレンダー」を新発売

ビエント フォトグラフィア(所在地:大阪市中央区、代表:池田博信)は、紙製の月めくりカレンダーと今日の日付を表示するデジタル電波時計を融合させた「スマートカレンダー」を開発し、直営店舗であるアトリエ ビエントで販売を開始しました。「今日は何日?」「今日は何曜日?」と日にちや曜日が忘れっぽい。そんな方に便利です。高齢者、認知症の方、介護の方をはじめ、オフィスや待合室など人が集う場所などでご利用ください。今日の日付を瞬時に認知でき、週、曜日、決まった予定の関係を総合的に確認できるのでスケジュール決定に便利です。安全性を考慮した軽量タイプと意匠性を高めた木製フレームの2タイプで販売します。

また、発売にあたりモニターキャンペーンを開催します。スマートカレンダーを無料でモニター頂けます。応募期間は2014年10月18日~11月20日。
 キャンペーンの詳細は、こちら
  リンク

■製品の特長
●軽量タイプの特長
 ・安全に配慮したポリスチレンフォーム製。軽いので取り外しも簡単です。
 ・柔らかいので、もしもの落下などによる人体、物などへの衝撃を緩和します。
●木製フレームの特長
 カレンダーをフレームに入れることで、インテリアとしてのあらたな存在感、デザインを提案します。日本の木工職人が無垢の木でつくったフレームを使い、暖かみがあるおしゃれなイメージになりました。
●2タイプ共通の特長
 A2サイズのカレンダー、デジタルの日付表示も大型で、文字が大きく見やすくなっています。デジタル電波時計で、日付合わせが原則不要。紙製の月めくりカレンダーを交換して、次年度以降も利用できます。
  月めくりカレンダーのデザインを選べます。 ※ 逐次、新デザインを増加予定
   ・花暦(はなごよみ:季節の草木イラスト)
   ・シンプルカレンダー(ビジュアルなし、数字のみ)
   ・ピクチャーカレンダー(オーダーメイド)
   ・アートカレンダー(作家の写真イラスト・制作中)

■製品仕様
商品名:スマートカレンダー  日本製(時計は中国製)
●軽量タイプ仕様  日めくりデジタル時計内蔵パネル
材質仕上:ポリスチレンフォーム木目シート・紙貼り仕上げ
サイズ・重量:タテ59.8cm×ヨコ42.4cm×厚3.7cm 約1.3kg
価格(税別):時計内蔵パネル ¥12,000・月めくりカレンダーセット価格 ¥14,000~
●木製フレーム仕様  日めくりデジタル時計内蔵パネル(木製フレーム)
材質仕上:ポリスチレンフォーム紙貼り仕上げ/無垢材フレーム ※フレームは天然木のため色調は一つ一つ異なります。
サイズ・重量:タテ62.6cm×ヨコ45.6cm×厚3.8cm 約1.7kg
価格(税別):木製フレーム付時計内蔵パネル ¥22,000・月めくりカレンダーセット価格 ¥24,000~
●2タイプ共通仕様
【デジタル日めくり電波時計】
電源:単3乾電池×2個(付属)/液晶画面サイズ:タテ16.6cm×ヨコ9cm/
表示内容:年月日・曜日・六曜・時刻・記念日・温度・湿度
【2015年版月めくりカレンダー】
紙製 A2サイズ 13ページ(2014年12月~2015年12月) 価格¥2,000~(税別)

【詳細のウェブサイト】
atelier Viento      リンク
Viento Fotografia    リンク


■モニターキャンペーン開催概要
内容:スマートカレンダーを無料でお使い頂きます。ご利用になったスマートカレンダーは、モニター終了後も引き続きご利用頂けます。アンケートにお答え頂く等の条件があります。応募多数の場合は抽選となります。アンケートのお答えは、個人情報を除き、ホームページなどで公表させて頂くことがあります。
募集数:スマートカレンダー木製フレーム2名と軽量フレーム5名の計7名(月めくりカレンダーは、花暦かシンプルカレンダーかをお選び頂けます)
応募:ホームページからの応募申込み・期間 2014年10月18日~11月20日19時まで
抽選の発表 商品の発送をもって結果発表にかえさせて頂きます。
キャンペーンの詳細:
  リンク

【問い合わせ先】
アトリエ ビエント
電話 06-6718-6677
Eメール info@atelier-viento.com



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事