logo

アルバネットワークス、Wi-Fi Alliance Passpointのテストベッドに選定


米国カリフォルニア州サニーベール - 2014年10月8日 - Aruba Networks, Inc.(NASDAQ:ARUN、以下Aruba)は本日、同社のワイヤレスLAN製品がWi-Fi Alliance(R)によってWi-Fi CERTIFIED Passpoint(TM)のテストベッド*に選定されたことを発表しました。
 *大規模なシステム開発で用いられる、実際の運用環境に近い試験用プラットフォームの総称

Passpointは、新しいユーザーアカウントを確立できる合理化されたプロセスや、デバイスに対する適切なセキュリティ認証の設定、事業者ごとの加入者やネットワークのアクセスポリシーへの対応など、機能が新たに拡張されています。これらの新機能によって事業者は加入者ベースを拡大し、公共施設へのWi-Fiの導入によって得られる価値を一層高めていくことができます。

Wi-Fi Allianceのプレジデント兼CEO、エドガー・フィゲロア(Edgar Figueroa)氏は次のように述べています。「Wi-Fi Allianceのテストベッドの拡張にArubaが参加し、新たに拡張されたPasspoint認定プログラムの機能をサポートしてくれることを嬉しく思います。Passpointの新機能によって通信事業者はWi-Fiサービスを導入し、これまで以上の価値を引き出せるようになります」

現在、サウジアラビア国内で第2位のモバイル通信事業者であるMobily社はArubaとの協力の下でPasspointネットワークの実地導入を行っています。Mobily社ではArubaのWi-Fi製品を使用して数千カ所に公共Wi-Fiを導入し、携帯ブロードバンドのインフラの整備を開始しています。同社には2,200万を超える加入者がおり、この加入ユーザーに対してカフェやホテル、病院をはじめとする屋外施設で高品質なブロードバンド接続を提供します。今回、周到な計画の下で開始したWi-Fiネットワークによって加入ユーザーのエクスペリエンスが強化されると同時に、セルラーネットワークへの負担を軽減できるようになります。

Mobily社のネットワークプランニングサポート担当エグゼクティブマネージャー、モハメッド・オスマン・アルセリエ(Mohammed Osman Alserier)氏は、次のように述べています。「Passpointの認定を受けたArubaのWi-Fiネットワーク機器と当社のセルラーネットワークを組み合わせることで、当社の加入ユーザーは必要に応じて自動的にWi-Fiネットワークを見つけて安全に接続できるようになります。この接続が追加されることで、他にはないいくつものメリットが得られます。当社はトラフィック密度の高い環境で加入者の利用するデータをオフロードできるようになる上、超高速の接続によって加入者にはシームレスなモバイル体験が提供されます。同時に企業は顧客に対して新たなサービスを提供するチャンスが生まれます」

ArubaのCTO(最高技術責任者)、キルティ・メルコート(Keerti Melkote)は次のように述べています。「Passpointの新たな機能拡張はモバイル業界にとって大きな意味を持つものであり、ホットスポットのユーザーに確実に安全でシームレスな接続を提供したいという業界全体の共通目標の実現にさらに大きく近づくものです。当社としてはWi-Fi AllianceやWireless Broadband Alliance(WBA)といった業界団体が先導し、Wi-Fiネットワークを通じて接続のプロセスを合理化した、簡単かつセキュアなローミングを実現するための取り組みにおいて、重要な役割が果たせることを非常に嬉しく思っています。Passpointをはじめ、その基盤を支える技術によって、Wi-Fiは企業や家庭内だけでなく、今後は公共施設においても主要な接続手段になっていくでしょう」

Wi-Fi Alliance Passpointのテストベッドには、Aruba 3600 モビリティコントローラ、AP-105 アクセスポイント(AP)、ClearPass Policy Managerをベースとするオンライン・サインアップ(OSU)ポリシーサーバーなどのAruba製品が採用されています。

関連リソース
Aruba 3000シリーズ・モビリティ・コントローラーについて
リンク
Aruba 100シリーズ・アクセス・ポイントについて
リンク
ClearPass統合認証基盤について
リンク

###


アルバネットワークスについて
Arubaは、モバイル・エンタープライズに向けた次世代ネットワーク・アクセス・ソリューションの主要プロバイダです。カリフォルニア州サニーベールに本社を置くArubaは、NASDAQおよびRussell 2000(R) Indexに上場し、アメリカ、ヨーロッパ、中東およびアジア太平洋地区で事業を展開しています。Arubaについての詳細はリンクをご覧ください" target="_blank">リンクをご覧ください。リアルタイムで更新される最新情報については、TwitterおよびFacebookでArubaをフォローしてください。

(C) 2014 Aruba Networks, Inc. Aruba Networks(R)、Aruba The Mobile Edge Company(R)、Aruba Mobility Management System(R)、People Move Networks Must Follow(R)、Mobile Edge Architecture(R)、RFProtect(R)、Green Island(R)、ETips(R)、Clien(TM)atch(TM)、Virtual Intranet Access(TM)、ClearPass Access Management Systems(TM)、Aruba Instant(TM)、ArubaOS(TM)、xSec(TM)、ServiceEdge(TM)、Aruba ClearPass Access Management System(TM)、Airmesh(TM)、AirWave(TM)、Aruba Central(TM)、ARUBA@WORK(TM)は、Aruba Networks, Inc.の商標であり、すべての権利はAruba Networks, Inc.に帰属します。その他の商標はすべて、それぞれの所有者の財産権です。


本件に関する報道関係からのお問い合わせ先
アルバネットワークス株式会社 マーケティング 杉江
TEL:03-6809-1540
Email:jinfo@arubanetworks.com

広報代行 株式会社プラップジャパン
TEL: 03-4570-3191
Email:aruba_pr@ml.prap.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。