logo

食材の宝庫、越中・氷見の「食」が一堂に集う        第1回「ひみ永久グルメ博」開催

氷見市 2014年10月07日 21時22分
From 共同通信PRワイヤー

平成26年10月7日

富山県氷見市

食材の宝庫、越中・氷見
深く永く、愛し伝えたい氷見の「食」が一堂に集う
第1回「ひみ永久グルメ博」を10月12日に開催します

 氷見産の食材を主力とした「ひみ食のブランド」博覧会
 
 永久に残したい氷見ならではの地域の味を一堂に集める食イベント。多彩で個性豊かな食の魅力を改めて発信します。
 氷見のイメージといえば「新鮮な魚と野の幸の宝庫」ですが、これは、定置網の存在と関係者をはじめ先人のたゆまざるご努力により、広く全国に定着したものです。特に例年10月に実施されていた「食都氷見キトキトまつり」は、鮮魚と農産物を求める多くの来場者で賑わってきました。
 一方、氷見には、里海里山の豊富な食材をもとにした伝統的な食品や料理、又新たに誕生したご当地グルメまで、地域に根付き、市民に愛されてきた数々の味が多くあります。
 第1回「ひみ永久グルメ博」は、氷見ならではの食の楽しみを見つめなおし、氷見における食のブランドの価値と、氷見に住む幸せを実感し、その魅力を深く、永く伝えていきたいとの思いを込め、氷見の食のブランドづくりへ新しくスタートします。

1 日 時  平成26年10月12日(日)10:00~15:00
2 場 所  氷見漁港内旧海鮮館周辺
3 内 容
《特別イベント》
(1)漁業交流館開館 ネーミング発表
 来春オープン予定の漁村文化を体感できる「漁業交流館」のネーミングが、次の3案の中から、いよいよ決定!
 【候補】・魚々座(ととざ) ・網遊(アミュウ) ・ていち(TEICHI)
(2)トークセッション 「氷見の漁村文化と食文化を語る」
 上田勝彦氏(水産庁職員:NHK「うまい!」に出演中)×手塚貴晴氏(建築家 )
(3)「祝い大漁旗」デザインワークショップ
(4)木造和船(天馬船)乗船体験
(5)「かぶす汁」調理体験/釣りカルタ大会/手作り魚小物の展示販売など

《食のエリア(20店舗)》
●漁師が愛した「大漁鍋」1000食限定販売●キトキトの魚でつくった寿司●ぜいたく!氷見牛の串焼き●旬の香りがする「新米」おにぎり●つとに有名「氷見うどん」●煮干しが隠し味「氷見カレー」●杜氏こだわりの氷見の「地酒」●その他、地元が愛するソウルフードがいっぱい

《特産品エリア(17店舗)》・・・鮮魚の販売は行いません
●農林畜産物、塩乾物、水産加工品販売、稲積梅、ハトムギ加工品、りんご、自然薯等農業特産品販売、銘菓、地元名産品の販売、姉妹都市等の特産品販売など

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。