logo

iOS8向けに開発された、ユーザー志向ニュースアプリ「星屑ニュースリーダー」の新規リリース

OwletLabs(東京都文京区)は7日、iOS8に対応したiPhone向けニュースアグリゲーションアプリ、「星屑ニュースリーダー」をApp Storeにて公開したことを発表します。

星屑ニュースリーダーは、ユーザーが快適にウェブ記事を閲覧できることを第一義とした設計が特徴のアプリで、ソーシャルメディア等で話題の記事をまとめてチェックすることができます。

■ 主な特徴
アプリには組み込みで強力なモビライザが搭載されており、アクセスするすべてのウェブページを機械学習によりリアルタイムに解析、ユーザが最も見やすい形式に変換して表示を行います。
これによって、従来ページごとにバラバラだった文字サイズやテーマなどがアプリのUIと統合されて、ユーザーはコンテンツのみに集中することができるようになりました。余計な要素をダウンロードすることがないので、ページの読み込み速度は高速であり、ユーザー毎に合わせた外観の制御が可能で、文字サイズ、テーマなどが任意に選択が可能です。Safari等の通常のブラウザと同様の表示に切り替えもワンタッチで行うことができ、ウェブ記事は端末内に保存、オフライン状態でも閲覧することもできます。

アプリのUIは直感的な操作ができるようUIKit Dynamicsによる物理法則を模したアニメーションが多用されており、左右スワイプでカテゴリ切り替え/画面遷移、エントリ長押しでメニューの開閉など、ジェスチャによってすべての基本操作を完結することができるよう注意深く調整されています。各世代のiPhoneのスクリーンサイズにネイティブ対応しており、ランドスケープモードにも対応、iPhone 6,iPhone 6 Plus等の大型の端末でも、すべてのローテーションで片手にて操作を行うことができます。

初期状態では、ニュースソースとしてソーシャルメディアで話題となった記事を独自に集計、カテゴライズして表示しています。ユーザーが任意にソースフィードを追加することも可能で、フィードを提供しているページを表示している場合は、ワンタッチでソースとして追加することができ、アプリを一般のRSSリーダーとして使用することもできます。
複数の情報ソースは、特定のグループに登録して一つのカテゴリとして扱うことができ、一般のキュレーションアプリでは踏み込むことのできない、ユーザーの嗜好に則した個別化が可能です。

当アプリは、利用に際して特別な設定や、アカウントの作成、外部サービスへの登録等を必要としないのも特徴としており、事業者側がユーザーから個人情報を収集しない形で、クライアント側の機械的処理によりユーザー毎のパーソナライズ化に取り組んでいます。


■ 今後の発展
今後はアプリのカスタマイズ性の向上に取り組み、第三者によるニュースソースの共有等、利用可能な情報源の多様化をすすめ、アプリがユーザーのための情報の総合窓口となれることを目指していきます。

App Storeリンク
リンク


【「星屑ニュースリーダー(英名:Stardust News Reader)」概要】
・価格:無料
・対応プラットフォーム:iPhone
・対応OS:iOS 8.0以降
・対応言語:日本語、英語

【OwletLabs,LLC】
OwletLabsは、人々のよりシンプルな日常のため、ユーザー本位のツールを世界に公開していくことを目的としたモバイルアプリ開発企業です。本社:東京都文京区


本件に関するお問い合わせ
support@owletlabs.net

星屑ニュースリーダー
リンク
OwletLabs,LLC
リンク

このプレスリリースの付帯情報

スクリーンショット

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事