logo

前年度100万枚受注を達成した“スマホ年賀状”の仕掛け人 郵便物などのリアルなコミュニケーションとデジタルコミュニケーションとの連動を促進させる 新会社 「コネクティット」 を設立

株式会社CONNECTIT 2014年10月06日 14時00分
From PR TIMES

株式会社CONNECTIT(コネクティット リンク 、本社:東京都千代田区、代表取締役:飯野 法志)は、10月6日、郵便物などのリアルコミュニケーションとデジタルコミュニケーションを連動させたサービス提供を専門とした、デジタルコンテンツおよびサービス制作会社として、株式会社アイ・ファクトリー( リンク 、東京都港区、代表者:柴原 千穂、以下アイ・ファクトリー)100%出資のもと営業を開始します。



■設立の背景

年賀はがき発行枚数は、2003年の44億5936万枚をピークに減少の一途を辿り、直近5年間は連続で前年比マイナスを記録。2014年8月27日に日本郵便より発表された「2015(平成27)年用年賀葉書の発行及び販売」によれば、2015年の年賀はがき発行枚数は2014年(最終発行枚数)比でマイナス5.9%を示しています。一方、これまでアイ・ファクトリーらが提供してきた"スマホ年賀状"アプリなどのデジタルコミュニケーションを通じた年賀状投函代行サービスは、2014年年賀状販売期に発注数昨年比3倍となり、特にスマホを通じた発注は100万枚を越えました。年賀状サービスでの過去4年に渡る実績を踏まえ、今後、より大きな市場へ成長することが見込まれます。

このため弊社ではデジタルコミュニケーションを活用した、郵便物などリアルコミュニケーションとの連携ニーズに応えるべく、専門事業化する運びとなりました。独自に蓄積した経験やリソースを、集中して提供するためコネクティットを別会社として設立。
ITの普及に伴う年賀状文化の衰退を、同じITを通じてサポートし、物流、広くは郵便事業などとの融合、そして贈答文化の継承を目指します。


■社名の由来

「Connect」と「it」を合わせた造語であり、「it(それ)」を「IT(Internet Technology)」によって「Connect(繋ぐ・接続)」するという事業目的を一つの言葉で表現しています。


■提供サービス

弊社は、SNSやスマートフォンの普及などにより加速しているデジタルコミュニケーションを通じて、郵便物などのリアルコミュニケーションとの連動に向けた支援事業を行います。先進的な取り組みである「ネットで年賀状」「スマホで年賀状」の実績を背景に、年賀はがきなどのリアルなコミュニケーションをもっと簡単便利にし、生活をより豊かにしていくための、リアルコミュニケーションとデジタルコミュニケーションの連携の強化に向けて様々なサービスを展開してまいります。


■会社概要
社名 : 株式会社CONNECTIT(コネクティット)
所在地 :東京都千代田区有楽町1−10−1
URL :リンク
設立 :2014年7月31日 (同年10月6日から営業開始)
資本金 :1,000万円
出資比率 :株式会社アイ・ファクトリー100%
代表取締役:飯野 法志
事業内容 :インタラクティブ・クリエイティブ業務、システム開発業務、CRM業務

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。