logo

中国国際キッズ・ベビー用品展示会が過去最大規模 10月14-16日上海で開催

China Toy & Juvenile Products Association 2014年09月30日 17時27分
From 共同通信PRワイヤー

中国国際キッズ・ベビー用品展示会が過去最大規模 10月14-16日上海で開催

AsiaNet 58082(1073)

【北京2014年9月30日PRN=共同通信PRN】展示スペースではアジア最大規模の玩具、ベビー用品フェアである2014 China Toy Expo(中国国際キッズ用品展示会)およびChina Kids Expo(中国国際ベビー用品展示会)は、10月14-16日に上海で12万平方メートルの展示スペースに開催され、昨年に比べて24%増となる世界の1364社の展示者が参加する。中国をはじめ世界から8万人を超えるビジターが、今年のショーに参集する見込みである。

China Toy & Juvenile Products Association(CTJPA、中国玩具和嬰童用品協会)のメイ・リアン執行副社長は「展示スペースは9月初めから完売されているが、われわれはなお国内、海外両企業から参加について多くの問い合わせと関心が寄せられている。私はまた、中国本土と海外から展示会の訪問客の事前登録がそれぞれ72%と149%増えている。増え続ける参加者は単に玩具とベビー用品市場が急速に伸びているだけでなく、取引プラットフォームの有効性が人々に認められている証しである」と語った。

▽輸出対応メーカーは新記録に達して、海外バイヤーとの協力を強化する用意がある
展示会の国際的影響力と海外ビジターは年々急速に高まっているので、輸出対応能力のある中国の展示メーカーは大きな成長を遂げた。今年の新しい展示者の中で、その90%は中国メーカーであり、中国展示者の87%は輸出する能力がある。これらメーカーは大小を問わず、海外から注文を受け、世界のバイヤーのさまざまな要求を満足させるため、製品のイノベーションと品質管理で高い信頼と能力を持っている。

▽製造地域は共同して参加する
中国南部の汕頭、東莞、中山、深セン、錦江、中国東部の崑山、寧波、平涼、慈渓、宝応、永嘉、厦門、中国北部のヘイ(萍)郷、高密、青島などほぼ20の製造地域は、ぬいぐるみ、プラスチック&リモコン玩具、木製玩具、保育・幼児用器具、ベビーカー、ベビー乗用玩具など最新の製品を展示するため、地域の玩具、ベビー用製品向上をまとめて組織する。

これら製造地域の有力メーカーが展示会で定期に展示するだけでなく、中小規模の質の高い工場が参加する。さらに重要なことは、これら企業の多くが新規展示者であり、これまでほかのすべての取引行事に展示したことはなかった。これはすべての人が出会う中国唯一のショーである。

ベビーカーとカーシートは引き続き主力製品であり、ベビーベッド/ベビー用家具、給食製品の進展が注目されることになる。

China Kids Expoは引き続きベビーカー、カーシートの力を維持し、これら展示会であらためて50%以上の伸びを示し、ほかのベビー用品フェアより多くのベビーカー、カーシート展示者と有力メーカーを迎え入れる。ベビーベッド/ベビー用家具、給食製品は新たな躍進を遂げ、展示スペースでそれぞれ38%と70%伸びる。

China Kids Expoはまた、展示者と製品がカテゴリー別に展示され、ベビーカー、カーシート、ベビー乗用玩具の展示ホールが設置されるので、訪れるバイヤーに新しい経験をもたらす。

▽就学前必需品と遊び場用機器は引き続き手展示会の見どころとなる
China Toy ExpoはW3に就学前・遊び場機器ホールを開き、就学前の教材、学習玩具、ボードゲーム、スクール家具、遊具などのほぼ200の工場が入居する。

遊具の展示者は、中国の就学前必需品と遊具のトップ2の製造地域である主として江省・永嘉県と江蘇省・宝応県から参加する。この2つの製造地域が共同して出展するのは世界唯一の展示会であり、中国の多くの遊具工場の出展は世界のほかの展示会と比較して最大規模となる。

▽国際ブランドの出展は32%増、中国におけるビジネス拡大の理想的プラットフォームとなる
30カ国・地域から300を超える海外の玩具・ベビー用品ブランドが、2014年展示会特にChina Kids Expoに展示する。バービー(Barbie)、レゴ(LEGO)、トランスフォーマー(Transformers)、ホットウィール(Hot Wheels)、バンダイ(BANDAI)、ジク(Siku)、シュライヒ(Schleich)、アップリカ(Aprica)、アベント(Avent)、ブラタックス(Britax)、キッコ(Chicco)、コンビ(Combi)、マキシコシ(Maxi-cosi)、ピジョン(Pigeon)、タカタ(TAKATA)など定期的に展示するベビー用品ブランドのほかに、サイベクス(Cybex)、リッチェル(Richell)、CAM、MAM、レカロ(Recaro)、フェラーリ(Ferrari)、Emmaljungaなどその他多数の有名ブランドがこの展示会に初めて展示する。

ドイツ・パビリオンはまたChina Kids Expに初めて出品して、一連の最高品質のドイツ・ブランド企業と製品が展示される。

▽事前登録済み海外バイヤーは149%増
9月半ばまでに展示会に事前登録した海外ビジターは、ロシア、ブラジル、ポーランドなど特に東欧、南米さらにはオーストラリア、英国など149%増となる。中国の玩具、ベビー用品の輸入者、販売業者、大手リテーラーが登録され、カルフール(Carrefour)、Home Retail Group、Kマート(Kmart)、トイザらス(Toysrus)、GIFI、フランスのLes Mousquetaires、ポーランドのMarko、西松屋などが2014年展示会に参加予定である。

展示会の詳しい情報はwww.china-toy-expo.com あるいは or www.china-kids-expo.com を参照。もしくは電子メールでKent Luo(luoliping@tjpa-china.org )に問い合わせを。

▽China Toy & Juvenile Products Association(CTJPA)について
CTJPAは非営利の事業者団体であり、中国の玩具・子供用製品業界の利害を代表している。CTJPAは中国玩具協会として1986年に創設された。登録会員は5000を超える。

ソース:China Toy & Juvenile Products Association

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事