logo

スウェーデン特許庁の審査の効率と質の向上にSTN完全定額プランがサポート

化学情報協会 2014年09月29日 14時19分
From PR TIMES

スウェーデン特許庁 (PRV) が、STN完全定額プランの契約を締結した最初の特許発行機関となり、審査官がより広範な特許情報にアクセスできるだけでなく、過去30年以上にわたってSTN Internationalの特徴であった独自のコンテンツ、強力なツール、信頼性の高いサポートを無制限に利用できるようになりました。


化学情報協会は、米 Chemical Abstracts Service (CAS) および独 FIZ Karlsruhe が発表したプレスリリースを受けて、国内向けに次のとおり、お知らせいたします。米 CAS の発表情報は下記をご覧ください。
リンク




(オハイオ州コロンバス、ドイツ・カールスルーエ、スウェーデン・ストックホルム、2014年9月22日発)- 研究・特許情報検索の代表的なプラットフォームであるSTN Internationalとスウェーデン特許庁 (PRV) は、STN完全定額プラン (Global Value Pricing) の契約を締結しました。これによってPRVの審査官がSTN独自の高品質の特許情報・非特許情報・物質情報を無制限に利用できることになります。STNの主要データベースにはCASの化学情報、FIZ KarlsruheとThomson Reutersの特許情報をはじめ、有力プロバイダの提供する多彩な特許・非特許情報が含まれ、広範囲の科学技術をカバーしています。世界中の特許出願の約95%はSTNを利用している特許発行機関によって審査されています。

PRVは完全定額プランを契約することで、STNの新しいWebベースの検索プラットフォームを利用することも可能になります。このSTN新プラットフォームはプロジェクト指向のワークフローを提供し、特許審査官や知財専門家のニーズに適合した直観的なインターフェースを備えています。全世界で増大する公開情報の検索を支援する、強化された検索能力と先進的なツールを提供するために、新しいSTN には最先端の技術が使われています。

FIZ Karlsruheのマーケティングおよびセールス部門の最高責任者Rainer Stuike-Prill博士は「STN完全定額プランはユーザーからのフィードバックや最近の市場動向に基づいて、組織全体としてSTNから得られる価値を極大化できるようにしたものです。直観的なインターフェースでSTNを無制限に利用できるため、特許審査官はコストを心配する必要がなく、関連情報すべてを効率的に見出すことに集中でき、審査の質と速度を向上させることができます」と話しています。

完全定額プランでは、STNの高品質なコンテンツ全てと、インターフェースや機能のすべてが1つの定額契約で利用でき、個別にコンテンツを選択して支払う必要がありません。このため費用予測が容易で、管理が簡易化されます。

PRVの特許情報部長Johan Winther氏は次のように語りました。「PRVは短納期や高品質な審査プロセスに関して地域トップの座を目指しており、関連のデータベースから最新情報を検索する新しいプラットフォームはこの達成を支援してくれます。STN新プラットフォームはヒット数に制限なく検索ができるので審査官に好評です。完全定額プランによる無制限アクセスは管理を簡単にするとともに、価値ある情報を最大限に活用することを保証してくれます」

PRVが完全定額プランを選択し、STNの高品質のコンテンツおよびツールを審査官が無制限に使用できるようにしたことは、強い品質指向の現れです。実際PRVは、業務全般にわたってISO 9001規格による認証を取得している、世界でも数少ない知財機関の一つです。

CASについて
米国化学会 (American Chemical Society) の情報部門であるChemical Abstracts Service (CAS) は、化学情報の権威として世界に知られています。CASは物質に関する世界の公開情報すべてを収集し組織化することを目的としている世界で唯一の機関です。CASに所属する科学者が構築と品質管理を行っているCASデータベースは、最も網羅的で信頼性のあるものとして世界の化学・製薬企業、大学、政府機関、特許発行機関に認められています。CAS はこれらデータベースと最新の検索・解析技術を組み合わせた SciFinder やSTN の各製品・サービスなどを通じて、科学的な発見をサポートする最新かつ網羅的なデジタル情報環境を提供しています。
▽詳しくは リンク をご覧ください。

STNについて
特許専門家のファーストチョイスであるSTNは、権威あるCASの化学情報、トムソン・ロイター社のDerwent World Patent Indexの特許情報を含めた信頼できる科学技術情報へのアクセスを提供する唯一のサービスです。世界の主要な特許庁の審査官や研究機関の知財専門家が、情報ニーズを満たす手段としてSTNを信頼しています。STNは全世界的にCASとFIZ Karlsruheによって共同で運用されており、日本では化学情報協会がSTNの東京サービスセンターとしてSTNのサービスを行っています。
▽詳しくは リンク をご覧ください。

FIZ Karlsruheについて
FIZ Karlsruhe - Leibniz Institute for Information Infrastructure は非営利組織で、ドイツ最大の科学技術情報機関の一つです。その使命は革新的な情報サービスの開発と、研究者と企業に科学技術および特許の情報を提供することです。FIZ Karlsruheはドイツ国内外において、知識の普及に努め技術革新の促進を支援しています。
事業内容は下記のとおりです。
●STN International:科学技術および特許に関する世界の代表的なオンラインサービス
●KnowEsis:科学全分野にわたり研究の全段階を支援(研究データ管理など)する革新的なeサイエンス・ソリューション
●データベースおよび情報サービス:数学、コンピュータ科学、結晶学、化学、エネルギー技術の各分野のデータベースおよびポータル
FIZ Karlsruheの加盟しているLeibniz Associationは80以上の会員機関を擁し、知識に基づく基礎研究を行うと共に学術基盤の維持、研究に基づくサービスの提供を行っています。
▽詳しくは リンク をご覧ください。また、ツイッター (@fiznews) をフォローしてください。

スウェーデン特許庁(PRV)について
PRVは特許・意匠・商標に関する国家機関であり国際機関でもあります。1978年以降PCT機関(受理官庁、国際調査機関、国際予備審査機関)となっており、PCT出願の審査および特許性に関する国際予備報告の作成を委託されています。PRVは審査官120名を擁し、すべての技術分野をカバーするとともに、一流のデータベースにアクセスすることができ、全分野にわたる検索および助言サービスを提供しています。詳しくは リンク をご覧ください。

【化学情報協会(略称:JAICI)について】
化学情報協会(所在地:東京都文京区)は、化学技術情報の流通を図るため 1971 年に設立されました。米国をはじめ世界各国の情報機関などと協力関係を築き、日本の研究者をサポートする情報センターとして、大学・企業などの情報取得・分析から研究・開発までを支援しています。
▽詳しくは リンク をご覧ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。