logo

Esperite社R&D部門「セルファクトリー」がGMP準拠の幹細胞生物生産技術を導入、第1弾は脳性麻痺の臨床試験を目標

Esperite N.V. 2014年09月27日 09時00分
From JCN Newswire

Zutphen, The Netherlands, Sept 27, 2014 - ( JCN Newswire ) - 欧州で幹細胞の凍結保存の分野において業界をリードするEsperite(Euronext: ESP)は現在、予防医学およびトランスレーショナル再生医療のR&D領域に参入しており、同社事業部門の「The Cell Factory(セルファクトリー)」にて、自家間葉系幹細胞の臨床グレードの生産で、独自の新技術を導入します。

同社R&D部門のセルファクトリーは、Marcin Jurga博士(Ph.D)に率いられ、ベルギーにある最新のラボで、臨床グレードの先進的な治療製品の開発を増やすための戦略を追求しています。本技術は、信頼の置ける再生医療の臨床への応用において必須となる幹細胞の効率的な大量生産を実現します。Esperiteとセルファクトリーは、大量生産、そして本技術に関心を持つパートナーとの共同開発をする用意があります。

間葉系幹細胞(MSC)は、世界中で実施されているさまざまな治療および臨床試験において、安全性と有効性が実証されています。Cryo-Saveバイオバンクは、欧州最大の幹細胞のリポジトリを有しています。そのなかには臍帯組織や脂肪細胞も含まれ、これらは非常に効率的なMSCの供給源です。再生医療へのMSCの新しい応用には、効率的かつ安全な細胞抽出および培養法が不可欠です。セルファクトリーでは、臨床試験の実施の基準である「GMP」に準拠した、合成培地による幹細胞の生物生産技術を導入しています。本技術は、患者の安全性を高め(動物由来製品ではないため)、細胞生産の効率を向上(この方法により、動物血清に基づく古典的技術と比較した場合、より早く、より多くの細胞を生産可能)させます。

本技術は、ベルギー・ニールにある多目的施設において導入されています。この施設には、最高水準の無菌性を誇る12つのラボユニットがあり、交差汚染のリスクなく、同時かつ効率的に幹細胞の処理、抽出、生物生産を行えます。

MSCの生物生産技術の導入は、小児神経学、整形外科、再建医学、美容医学などの領域において、セルファクトリーで実施される、R&Dパイプライン・プロジェクトの臨床への応用を支えるバイオテクノロジー・プラットフォームの基盤となります。セルファクトリーでは、まず脳性麻痺の臨床試験に向け、凍結保存された臍帯組織(ウォートン・ジェリー)から得られる自家 MSCの生物生産を開始する予定です。

最高経営責任者(CEO)のFrederic Amarは、次のようにコメントしています。「臨床グレードの幹細胞の生物生産プラットフォームを開発することは、再生医療において新しいツールへのアクセスをお客様に提供するための大きな一歩となります。当社は臍帯血および臍帯組織の世界最大のリポジトリを有しており、パーソナライズド再生医療における幹細胞の先進的応用でリーダーになりたいと考えています。」

幹細胞の処理・凍結保存の分野で国際的にリードする企業で、欧州最大の幹細胞バンクであるCryo-Saveは、拡大戦略を継続的に実施しています。現在Cryo-Saveでは、グローバルなプレゼンスを強化するため、いくつかの新領域への参入に向け評価を行っています。 www.cryo-save.com リンク

プロテオミクスとゲノミクスの予防医学に取り組むGenomaは、最も正確な非侵襲的出生前遺伝学的検査(NIPT)である「Tranqullity」、および空腹時血糖値110mg/dL以上のメタボリックシンドロームの最も先進的検査である「Verity」開始に向け、活動を展開しています。 www.genoma.com リンク

お問い合わせ先:

Esperite
最高経営責任者(CEO)
Frederic Amar
+31 (0) 575 548 998

詳細お問い合わせ先:
Esperite N.V.
Piet Heinstraat 11a
7204 JN Zutphen
The Netherlands
Tel. +31 (0)575 50 91 00
Fax +31 (0)575 50 91 16

Esperiteは、再生医療および予測医学分野において業界をリードする国際的な企業です。同社傘下の幹細胞バンク「CryoSave」では、臍帯血や臍帯組織から268,000以上のサンプルを保存しています。幹細胞を用いて治療可能な病気は既に多くあり、治療数は増加の一途をたどっています。Esperiteでは、ベルギー、スイス、ドイツ、ドバイ、南アフリカ、ポルトガルに最先端の処理・貯蔵施設があり、6大陸70カ国よりサンプルを凍結保存しています。詳細については www.esperite.com リンク をご参照ください。

概要:Esperite N.V.

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。