logo

新聞5紙、新サービス開発のハッカソンを開催、参加者募集

株式会社朝日新聞社 2014年09月25日 14時00分
From PR TIMES

朝日新聞、日本経済新聞、毎日新聞、読売新聞、産経新聞の新聞5紙は、ニュース素材などを使ってプログラマーやデザイナーらが新しいウェブサービスなどの開発・立案を競うハッカソン「新聞5紙 NEWS HACK DAY」を10月18日、25日に東京・渋谷で開催します。

ハッカソンは、プログラマーやデザイナーらがチームを作り、テーマに合ったソフトウエアを短期間で開発するイベントです。今回、朝日新聞社メディアラボの呼びかけで5紙が協力。それぞれが記事データなどを提供し、チームが「ニュースの新しい読み方、楽しみ方」というテーマで開発を行います。

新聞を読む習慣がない若い人や、ネット版を使うのに苦労しているお年寄りでもニュースが楽しめる方法やサービスづくりを目指します。参加者を募集します。

申し込みや詳細はこちら リンク

【開催概要】
■日時: 2014年10月18日(土)、25日(土)、午前10時~午後8時
■場所: 朝日新聞社メディアラボ渋谷分室(東京都渋谷区)
■定員: 40人前後
■どなたでもご参加いただけますが、プログラミングやデザインのスキルがあることが望ましいです。応募者多数の場合は抽選(10月6日締め切り)
■主催: 朝日新聞社メディアラボ
■共催: 日本経済新聞 電子版、毎日新聞社デジタルメディア局、読売新聞東京本社メディア局、産経新聞社・産経デジタル
■後援: 日本新聞協会

◇朝日新聞社メディアラボメディア環境の激変に立ち向かい、自らの殻を突き破るための新組織として2013年6月に発足。5年、10年先を視野に事業刷新と成長をめざし、新たなメディアの創造を含む新商品・新事業の開発、新市場の開拓に取り組んでいます。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事