logo

オーティコン、高性能かつ超小型で「目立たない補聴器」を実現した、新しい耳かけ型、耳あな型スタイルが、主力製品シリーズに登場

先進チップ「イニウム」搭載かつデザイン性を追及した新スタイルにより、特に見た目と装用感にこだわる初めての補聴器ユーザーにも最適

世界をリードする補聴器メーカー、オーティコン株式会社は、先進技術を結集したクアッドコアプロセッサ搭載の高性能チップ“イニウム”搭載の補聴器シリーズ「アルタ」、「ネラ」および「リア」に、超小型で目立ちにくいワイヤレス機能対応の3つの新スタイル、耳かけ型「デザインRITE」、耳あな型「IIC」、およびIICより少し大きい耳あな型「CIC」を発表しました。「デザインRITE」は2014年10月中旬発売予定、「IIC」、「CIC」は2014年9月25日(木)より全国のオーティコン補聴器取り扱い専門店、眼鏡店、百貨店にて発売いたします。

プレスリリース
2014年9月25日
オーティコン株式会社 リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オーティコン、高性能かつ超小型で「目立たない補聴器」を実現した
新しい耳かけ型、耳あな型スタイルが、主力製品シリーズに登場

~先進チップ「イニウム」搭載かつデザイン性を追及した新スタイルにより、
特に見た目と装用感にこだわる初めての補聴器ユーザーにも最適~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
100余年の歴史を持つ補聴器メーカー、オーティコン株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木下 聡、以下オーティコン)は、先進技術を結集したクアッドコアプロセッサ搭載の高性能チップ“イニウム”搭載の補聴器シリーズ「アルタ」、「ネラ」および「リア」に、超小型で目立ちにくいワイヤレス機能対応の3つの新スタイル、耳かけ型「デザインRITE」、耳あな型「IIC」、およびIICより少し大きい耳あな型「CIC」を発表しました。「デザインRITE」は2014年10月中旬発売予定、「IIC」、「CIC」は2014年9月25日(木)より全国のオーティコン補聴器取り扱い専門店、眼鏡店、百貨店にて発売いたします。


JapanTrak (※1)の調査によると、難聴を自覚している人の僅か7人に1人が補聴器を購入しており、残り6人は購入経験なしという結果となりました。一方グローバルデータでは、その割合は4人に1人(※2)となり、日本は世界に比べて難聴を自覚しながら補聴器装用に至っていない割合が高いことがわかります。また、オーティコンの自社調査(※3)によると、初めて補聴器を装用する人の42%が「つけ心地の良さ」と「デザイン性」を、33%が「小さくて見えない」補聴器を求めるという結果がでました。年間に補聴器を購入する人の35%は新規ユーザーであり、その約3割が「会話の聞き取りやすさ」や「自然な聞こえ」などの機能性を求めることも分かりました。


このたび登場した3つの新スタイルは、初めて補聴器を手に取るユーザーの持つ補聴器に対する高い期待に包括的に応えるために、イニウムチップによる高性能を備えながら、より軽量かつ小型化を実現しながらデザイン性を融合しています。新たなアンプ(音の増幅)やレシーバ(音の出口)の投入や人間工学に基づくデザイン設計により、音響性能と装用感の双方から装用者自身もつけていることを忘れるほどの快適なつけ心地を実現します。


機能面においては、いずれも2つの補聴器がリアルタイムに通信できるワイヤレス機能を搭載し、人の本来持つ聞こえに限りなく迫ります。補聴器では従来捉えにくいとされる音の距離感や方向感、音源の位置によっては左右の耳に僅かにずれて届く音の差までを再現して騒音下でも聞きたい音だけを聞く、複数人との自然な会話などを支えます。補聴器の調整時には個々の聴力データにとどまらず、一人ひとりの音の好みや生活環境におけるニーズを把握してその人に合わせた「個別化フィッティング」を行い、一日を通じて心地よい理想の聞こえを創り出します。さらにワイヤレス機能を活かしたコネクトライン(オプション)の組み合わせでは、電話、テレビ、音楽プレイヤー等の音声を直接補聴器で聞くことができ、周囲の環境に影響されない聞こえを実現します。


人間は、耳から入った音を脳で処理し、脳で音の意味を理解しています。オーティコンの補聴器は、長年にわたる脳と聞こえの研究に基づき開発され、アルタ、ネラ、リアシリーズもその例外ではありません。イニウムチップのパワーにより、補聴器搭載機能が環境に応じ適切に複合的に機能して、単なる音の増幅ではなくその音を脳で楽に理解することをサポートし、あるがままの「自然な聞こえ」を届けます。オーティコンはこれを、脳で聞く=「BrainHearing(TM)」(以下、ブレインヒアリング)と呼んでいます。ブレインヒアリングによって、聞きたい音を楽に捉え、聞き分け、その音に集中し、その音や声の意味を理解することを補聴器は瞬時にサポートし脳への負担を軽減させます。これにより補聴器ユーザーは聞き取りが難しい環境下でも聞き取りやすく、一日中つけていても疲れにくいため、一日を通して聞く力を高めることが可能になります。


オーティコンのプレミアム補聴器アルタシリーズは、2013年春に発売以来、疲れにくく自然な聞こえを実現する補聴器としてユーザーから高い支持を得ています。アルタユーザーを対象に実施した国際調査(※4)によると、ユーザーの96%が「聞こえに満足している」と答えており、非常に高い評価を得ることができました。今回アルタ、ネラ、リアシリーズに「高性能かつ小さく目立たないスタイル」が登場したことにより、難聴を自覚している幅広い層に一人ひとりに合う補聴器の装用を促進し、より快適な聞こえで毎日を送ることができるようにサポートすることが可能になりました。


【3つの新スタイルの製品概要】
■耳かけ型「デザインRITE」
小さく美しいフォルムを持つ補聴器、デザインRITEは、数々の国際的なデザイン賞を受賞しています。人間工学に基づく快適な装用感とデザインの融合、そして優れた音質と扱いやすさ、これらの要素が組み合わさることによって軽く、耳にフィット目立たず、一日を通して装用できる自然な聞こえを実現します。
◎スタイル名:デザインRITE (防塵・防水の国際保護等級「IP57(※5)」を取得)
●対象製品:アルタプロ/ネラプロ/リアプロ
●本体価格(片耳)(※6):17万円~48万円
●適合範囲:軽度難聴~高度難聴 (80 dBHLまで対応)
●使用電池(空気電池):10A電池
●カラー:新色7色を含む、全14色:<新色>ワイン・レッド、ライラック・パープル、パール・ホワイト、ペール・ライム、ミッドナイト・ブルー、サンセット・オレンジ、ローズ・ピンク。その他ブラック、シルバー、ベージュ系のヘアカラーに合わせた定番7色
●発売日:2014年10月中旬発売予定


■耳あな型「IIC」、「CIC」
初めて補聴器に触れる方が求める「見えない補聴器」、「つけ心地」そして「自然な音」。世界最小クラスの耳あな型「IIC」そして、ほんの少しだけ大きい「CIC」はこれらの要望に応えるオーダーメイドの耳あな型補聴器です。製品の構造設計の進化によって実現した、世界最小クラスのワイヤレス機能対応耳あな型補聴器です。
◎スタイル名:IIC
●対象製品:アルタプロ/ネラプロ/リアプロ
●本体価格(片耳)(※6):21万円~50万円
●適合範囲:軽度難聴~中度難聴 (75 dBHLまで対応)
●使用電池(空気電池):10A電池
●カラー:ブラック、ベージュ
●発売日:2014年9月25日(木)


◎スタイル名:CIC
●対象製品: アルタプロ/アルタ/ネラプロ/ネラ/リアプロ/リア
●本体価格(片耳)(※6):17万円~50万円
●適合範囲:軽度難聴~高度難聴 (85 dBHLまで対応)
●使用電池(空気電池): 10A電池
●カラー:ベージュ
●発売日:2014年9月25日(木)


さらに、補聴器の音量操作も、プログラムの切り替えも直感的に操作できる、小さく便利なリモートコントロールを2014年9月25日(木)に発売いたします。リモートコントロール本体には見やすい3つの大きなボタンが配置されています。音量調整はプラスマイナスのボタンを、プログラムの切り替えはもう1つのボタンを押すだけのシンプル操作です。
◎製品名:リモートコントロール 
●カラー:ブラック1色
●対象製品:オーティコンの全てのワイヤレス対応補聴器
●本体価格(税別):20,000円
●通信範囲:リモートコントロールと補聴器の直線距離で最大1m
●電池/電池寿命:単6電池/通常使用での電池寿命約1年
●発売日:2014年9月25日(木)


▼オーティコン補聴器取扱店について
 リンク
▼本プレスリリースサイト
 リンク
▼製品サイト
 デザインRITE:リンク
 IIC/CIC:リンク
▼オーティコン製品に関する資料請求・お問い合わせ
 フリーダイヤル:0120-113321 営業時間9:30~17:30(土、日、祝日を除く)
◆その他、詳細は当社ホームページ (リンク) をご覧ください。


※1 JapanTrak 2012 ※2 MarkeTrak ※3 DecisionLab/Oticon FTU Study, 2010 ※4 オーティコンアルタ満足度国際調査より ※5オーティコンデンマーク本社において、第三者検査機関による国際保護等級IP57をRITEおよび耳かけ型タイプにおいて取得。※6 補聴器本体は非課税です。


■オーティコン社およびオーティコン株式会社について
補聴器におけるパイオニアであるオーティコン社(Oticon A/S)は、ハンス・デマントにより1904 年にデンマークに創設されました。オーティコン社は世界で唯一の慈善財団が所有する補聴器会社であり、ウィリアム・デマント・ホールディング社の傘下にあります。その日本支社がオーティコン株式会社(リンク)です。オーティコンの企業理念「ピープル・ファースト」とは、「聞こえに悩む人々を第一に考え、彼らが自由に伝えあい、自然にふるまい、そして活動的に生活できるように力づける」という信念に基づきます。オーティコン社は先進のノンリニア補聴器、フルデジタル補聴器および人工知能補聴器を開発し、業界のパイオニアとして革新的な技術を難聴者と共に開拓してきました。またオーティコン社は1977年に先進技術とオージオロジー(聴覚学)を研究するエリクスホルム研究所を設立し、世界中から参集した様々な分野の科学者と1,000人以上のテストユーザーとともに将来の補聴器開発に取り組んでいます。オーティコンは世界各国で補聴器をはじめ、聴覚関連機器、医療機器の製造・販売を行っています。

※文中に記載の名称は、各社の商標または登録商標です。

【本件に関するお問い合わせ先】
オーティコン株式会社 マーケティング部 (担当:山口・渋谷)
TEL:044-543-0615 FAX:044-543-0616 E-mail:info@oticon.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

デザインRITE/IIC/CIC

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事