logo

ヨコハマハコいりムスメプロジェクト~女子大学生が考えた大佛(おさらぎ)次郎記念館の活性化 成果報告会を開催!

横浜市 2014年09月25日 12時06分
From Digital PR Platform


港の見える丘公園内にある大佛次郎記念館の活性化を目指し、横浜市では、女子大学生のアイデアを活かした施設活性化の取組(※ヨコハマハコいりムスメプロジェクト)を行っています。 平成26年度は5月から9月にかけて、女子大学生が4つのチームに分かれ、ワークショップ等を経て4つの活性化案に挑戦しました。
このたび、5か月間の取組の集大成として、女子大学生による成果報告会を開催します。

1 日時
  平成26年10月5日(日)
  展示:10時~16時/成果発表:14時~15時(予定)
   ※事前申込不要・無料・出入り自由

2 会場
  横浜赤レンガ倉庫1号館 1階スポットB・C(中区新港1-1-1)

3 内容
  4つの活性化案をパネルや動画で紹介するほか、チームごとに成果発表をし、来場者と意見交換を行います。

4 会場までのアクセス
  JR・市営地下鉄「桜木町駅」汽車道経由で徒歩約15分
  みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分

◆ヨコハマハコいりムスメプロジェクト
 ホームページ リンク
 Facebook hanalabsyokohama
 Twitter @yokohamaPJ

◆大佛次郎記念館ホームページ リンク

◆ぜひ当日会場まで御取材にお越しください。
  女子大学生への個別インタビューも受け付けています。

※このプロジェクトは、平成26年度文部科学省「公民館等を中心とした社会教育活性化支援プログラム」採択事業です。女子大学生が社会課題の解決に取り組むプロジェクトを企画しているNPO法人ハナラボ、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、横浜市の3者で連携し、取組を行っています。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事