logo

オーティコン、障害者総合支援法対応補聴器に、先進チップ“イニウム”搭載の高性能ラインアップ「C100」初登場

世界をリードする補聴器メーカー、オーティコン株式会社は、障害者総合支援法対応補聴器のラインナップに、同社の先進チップ“イニウム” を搭載した高度難聴用耳かけ型補聴器「C100」を、2014年9月25日(木)より発売いたします。これにより、障害者総合支援法対象者にも高性能かつ高機能な「イニウム」搭載補聴器を提供することが可能になりました。

プレスリリース
2014年9月25日
オーティコン株式会社 リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
オーティコン、障害者総合支援法対応補聴器に
先進チップ“イニウム”搭載の高性能ラインアップ「C100」初登場
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
100余年の歴史を持つ補聴器メーカー、オーティコン株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木下 聡、以下オーティコン)は、障害者総合支援法対応補聴器のラインナップに、同社の先進チップ“イニウム” を搭載した高度難聴用耳かけ型補聴器「C100」を、2014年9月25日(木)より発売いたします。これにより、障害者総合支援法対象者にも高性能かつ高機能な「イニウム」搭載補聴器を提供することが可能になりました。


オーティコンがこれまで販売してきた障害者総合支援法対応補聴器「P80」は、その優れた音質と高い性能から多くのユーザーに愛用されてきました。しかしながら、2010年の「P80」発売から4年間の間に、補聴器に導入されるテクノロジーやオーディオロジーに関する知見はさまざまに進化しました。オーティコンは「より優れた聞こえを、できるだけ多くのユーザーに届けたい」という想いから、今回「P80」の後継器として先進チップ“イニウム”搭載の高度難聴用耳かけ型「C100」を発売いたします。


「C100」は、先進チップ「イニウム」を搭載した初の支援法対象補聴器であり、その性能、機能において、これまでの支援法対象補聴器と比べ格段の進化を遂げています。高音域の聞き取りを可能にする10kHzの周波数帯域、ハウリング(不快なピーピー音)を瞬時かつ強力に抑えるハウリングシールド、周囲の騒音状況を分析して自動的に騒音を抑えるトライステート・ノイズマネジメントなどの機能により、「C100」はこれまで以上に、さまざまな環境下において確実に音を届けられるように設計されています。


オーティコンは、聞こえに悩む人々が日々直面する問題に対して真摯に耳を傾け、サポートできるような機能を開発しています。オーティコンの小児用補聴器を中心に根強い支持を得ている「LEDライト表示」機能は「C100」でも健在であり、補聴器の稼働状況を周囲の人が確認できるため、大人から子どもまで幅広いニーズに対応できます。また、イニウムチップによって可能になった省電力化により、「C100」は「P80」と同じ13電池を使用しながら、電池消費時間は最大約30%向上し、電池交換の手間やランニングコストを低減しました。内部機構はナノコーティングされ、防塵・防水の国際保護等級「IP57(※1)」を取得しつつ、素材には低アレルギー性素材を使用しており、これまで以上にユーザーの使いやすさ、生活のしやすさに徹底的に配慮したデザインになっています。11色という豊富なカラーバリエーションも大きな魅力の一つです。


オーティコンは企業理念である「ピープル・ファースト」のもと、聞こえに悩む全ての人々が自由に伝え合い、いきいきと活動的な生活をお送りいただけるよう、一人ひとりの希望やニーズに応える製品開発に取り組んでおります。この度「C100」が障害者総合支援法対応補聴器の製品ラインナップに加わることで、対象となる方々にもオーティコンの先進技術を結集し高性能かつ高機能な補聴器を提供することが可能になりました。オーティコンは今後も聞こえに悩む人々に「より良い聞こえ」を届け、力づけるサポートを行ってまいります。



【障害者総合支援法対応 高度難聴用補聴器「C100」の主な特長】
●高性能、高機能、省電力を実現する先進チップ「イニウム(INIUM)」搭載。クアッドコアプロセッサ搭載のオーティコン史上最強のチップ“イニウム”搭載により、これまでにない高速処理、省電力が実現しました。
●オーティコンの最上位器種と並ぶ10kHzの広い周波数帯域により、高音域の音をより自然に再現し音質の向上を図るとともに、言葉の明瞭度をより高めます。
●「ハウリングシールド」により、ハウリング(不快なピーピー音)が発生する状況に応じて、3つのハウリング抑制技術が効率的に作動し、ハウリングを瞬時に最小限に抑えつつ、会話音声の聞き取りを保護します。
●周囲の騒がしさや音環境の変化を分析し、自動的に必要な分だけ騒音を抑制するトライステート・ノイズマネジメントを搭載。豊かで自然な音を快適に聴覚に届けます。
●補聴器とテレビや電話をワイヤレス接続することで、音を補聴器から直接聞くことができる「コネクトラインシステム」に対応。オプションの専用リモコン「ストリーマー・プロ1.2 APP」を使うことで、補聴器とテレビや電話、音楽プレーヤーの音をワイヤレスで直接補聴器に届けることができます。iPhone用アプリ「コネクトラインAPP」にも対応しており、iPhone(R)、iPad(R)、iPod touch(R)を使って補聴器の操作を行うことが可能です。iPhone用コネクトライン アプリはApple App Store(TM)から無料でダウンロード可能です。
●高性能な適応型FM機能を搭載。ユーザー周囲の騒音レベルに応じて、FM利得を自動的に調整します。また、FM互換フィルターにより他社のFMシステムでも利用することができます。
●全11色の豊富なカラーバリエーション。


【障害者総合支援法について】
障害者総合支援法は、障害者の日常生活・社会生活を総合的に支援するために厚生労働省令で定められた法律です。障害者総合支援法による制度を利用すると、原則一律1割の自己負担で補聴器の費用が支給されます。この制度を受けるためには、身体障害者程度等級表のいずれかの等級に該当することが条件となり、住居地の自治体の福祉課にて申請手続きが必要となります。詳細は各自治体へご確認ください。


「C100」をはじめとするオーティコンの障害者総合支援法対応補聴器は、全国のオーティコン補聴器取り扱い専門店、眼鏡店、百貨店にて購入可能です。


【障害者総合支援法対応補聴器「C100」製品概要】
製品名:  C100(防塵・防水の国際保護等級「IP57※1」を取得)
適合範囲: 高度難聴(90 dBHLまで対応)
スタイル:  耳かけ型
チャンネル数:8チャンネル
使用電池(空気電池):13電池
カラー:全11色。ベージュ、テラコッタ・ブラウン、コッパー・ブラウン、
    シルバー、ダイヤモンド・ブラック、ベビーブルー、ベビーピンク、
    パープル、レッド、ブルー、エメラルドグリーン。
本体価格(片耳)(※2):43,900円(※3)
発売日:2014年9月25日(木)


▼オーティコン補聴器取扱店について
リンク
▼本プレスリリースサイト
リンク
▼オーティコン製品に関する資料請求・お問い合わせ
 フリーダイヤル:0120-113321 営業時間9:30~17:30(土、日、祝日を除く)
◆その他、詳細は当社ホームページ (リンク) をご覧ください。


※1 オーティコンデンマーク本社において、第三者検査機関による国際保護等級IP57をRITEおよび耳かけ型タイプにおいて取得。
※2 補聴器本体は非課税です。
※3 平成18年9月29日厚生労働省告示第528号、改正 平成25年1月18日厚生労働省告示第6号より抜粋。


■オーティコン社およびオーティコン株式会社について
補聴器におけるパイオニアであるオーティコン社(Oticon A/S)は、ハンス・デマントにより1904 年にデンマークに創設されました。オーティコン社は世界で唯一の慈善財団が所有する補聴器会社であり、ウィリアム・デマント・ホールディング社の傘下にあります。その日本支社がオーティコン株式会社(リンク)です。オーティコンの企業理念「ピープル・ファースト」とは、「聞こえに悩む人々を第一に考え、彼らが自由に伝えあい、自然にふるまい、そして活動的に生活できるように力づける」という信念に基づきます。オーティコン社は先進のノンリニア補聴器、フルデジタル補聴器および人工知能補聴器を開発し、業界のパイオニアとして革新的な技術を難聴者と共に開拓してきました。またオーティコン社は1977年に先進技術とオージオロジー(聴覚学)を研究するエリクスホルム研究所を設立し、世界中から参集した様々な分野の科学者と1,000人以上のテストユーザーとともに将来の補聴器開発に取り組んでいます。オーティコンは世界各国で補聴器をはじめ、聴覚関連機器、医療機器の製造・販売を行っています。

※文中に記載の名称は、各社の商標または登録商標です。


【本件に関するお問い合わせ先】
オーティコン株式会社 マーケティング部 (担当:山口・山地)
TEL:044-543-0615 FAX:044-543-0616 E-mail:info@oticon.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

障害者総合支援法対応補聴器「C100」

(画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事