logo

英国の保険会社Ageas、SAS導入により、データから得られる洞察を容易に全社で共有することが可能に


ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーである米国SAS Institute Inc.(以下 SAS)は、英国の大手保険会社AgeasがSASのテクノロジーを導入して同社のビジネス・インテリジェンス・インフラストラクチャをモダナイゼーションした結果、ビッグデータの活用と顧客へのより深い理解を実現していると発表しました。

Ageasは英国各地のオフィスに従業員数6,000人以上を擁し、約900万人がAgeasの保険に加入しています。同社はITシステムを最新の「SAS(R) Grid Manager」環境にアップグレードしました。これによって、新しいアナリティクス機能を提供して、業績に関するデータ資産の全体像を同社のエグゼクティブとマネジメント・チームに定期的に提供します。

Ageasのビジネス・インテリジェンス担当責任者のアンジェラ・ヘイルズ(Angela Hails)氏は、「ビジネス全体にわたって重要な情報を迅速かつ容易に分析できるSASのテクノロジーに非常に満足しています。それだけでなく、ビジネスの課題に対応できる安定したプラットフォームを提供し、増え続けるデータ要件に合わせて拡張できるキャパシティーも備えています。その結果、お客様をより深く理解できるようになりました」と述べています。

SASの英国およびアイルランド担当エグゼクティブ・ディレクターのマイク・ペル(Mike Pell)は、「Ageasがデータをより深く理解するためにSASを導入したことを大変嬉しく思っています。今日の情報社会においては、Ageasのような企業は、顧客に関して知っておくべきすべての情報を得るために、顧客データを適切に収集して分析できることが不可欠です」と述べています。

Ageasが導入したSASソリューション:
・「SAS(R) Office Analytics」:大量のデータへの容易なアクセスと分析を実現します。組み込み分析タスクやビジュアルなプロセス・フローによるガイド付きの分析が行えるため、SASを初めて使用するユーザーも、高度な分析の実行、プロジェクトのスケジューリング、結果の共有、他のユーザーが使用できるように出力した内容をデータへ埋め込むなどの工程を素早く行うことができます。IT部門のリソースを解放して戦略的な業務に集中できるようにし、さらにダイナミックでインタラクティブなコンテンツをMicrosoft OfficeやWebユーザーに発行することができます。

・SAS Grid Manager:負荷分散、高可用性、並列処理を特徴とする、管理された共有環境を構築して、ピーク時のコンピューティング要求に対して高い信頼性とコスト効率を実現します。低コストのコモディティ・ハードウェア・リソースを徐々に追加できるため、現在の環境を数年先のニーズを見越して拡大しておく必要がありません。

・「SAS(R) Visual Analytics」:SASのハイパフォーマンス・アナリティクス・ソリューション製品群に属するソフトウェアであり、分析で得られる洞察を簡単に視覚化し理解して、全社的に従業員や顧客と洞察を共有できます。迅速なインメモリ分析ならびに、詳細なデータ・ビジュアライゼーションをレポートするインタラクティブなダッシュボードを実現します。

保険会社にとってのビッグデータの真の意味については下記のサイト(対応言語:英語)をご覧ください。
リンク

Ageas UKについて
Ageas UKは、個人向け保険、商業用保険、保障保険の商品を提供し、英国で数々の賞を獲得している大手保険会社です。損害保険と生命保険の両方の商品をブローカー、IFA(独立系ファイナンシャル・アドバイザー)、保険外務員、アフィニティー・パートナー、インターネットなどの多様な販売チャネルをはじめ、Ageas Insurance、Ageas Protect、Ageas Retail、Tesco Underwritingなどの同社の販売戦略に沿った完全所有子会社、部分所有子会社を通して、Castle Cover、Kwik Fit Financial Services、Ageas Insurance Solutions、RIASなどのAgeasのリテール・ブランドで販売しています。

多様なパートナーと協業し、約900万人の顧客に保険商品を提供しているAgeasは、一貫した高品質な顧客エクスペリエンスの提供に定評があります。英国各地にオフィスを構え、約6,000人の従業員を擁しています。

Ageasは190年の歴史を持つ国際保険グループです。ヨーロッパでトップ20に数えられるAgeasは、世界の保険市場において最大のシェアを握るヨーロッパとアジアに事業活動を集中させています。ベルギー、英国、その他ヨーロッパ諸国、そしてアジアの4つのセグメントに分けてこれらの地域を網羅し、完全所有の子会社、パートナー企業、さらには世界中の強力な金融機関や主要な代理店を通して商品を販売しています。Ageasはベルギー、英国、ルクセンブルグ、イタリア、ポルトガル、トルコ、中国、マレーシア、インド、タイで良好なパートナーシップを築いて事業を展開しているほか、フランス、香港、英国に現地法人を置いています。Ageasは、ベルギーにおける個人生命保険と従業員給付のマーケット・リーダーであり、さらにAG Insuranceを通して損害保険においてもリーダーに位置付けられています。英国では、損害保険で6位、自動車保険で2位に位置し、50歳以上の市場で強力な存在感を示しています。連結での従業員数は13,000人以上、非連結のパートナー企業の従業員数は30,000人以上で、年間売上高は230億ユーロを超えています。

<SAS Institute Inc.について>
SASは、ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであり、ビジネス・インテリジェンス市場においても最大の独立系ベンダーです。SASは、革新的なソリューションを通じて、70,000以上の顧客サイトに、パフォーマンスを向上し、より正確で迅速な意思決定を行う支援をしています。1976年の設立以来、「The Power to Know(R)(知る力)」を世界各地の顧客に提供し続けています。本社:米国ノースカロライナ州キャリー、社員数:Worldwide約1万3千名、日本法人約250名(リンク


*SASとその他の製品は米国とその他の国における米国SAS Institute Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名ならびに製品名は、各社の商標または登録商標です。

*2014年9月3日に米国SAS Institute Inc.より発表されたプレスリリースの抄訳です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。