logo

4Kワールドと新たな市場ニーズに応える新コンセプト商品を発表「フォトキナ2014」世界最大の写真・映像関連の展示会

パナソニック 2014年09月19日 10時05分
From PR TIMES

最新のデジタルイメージング商品と技術を強力に訴求



パナソニック株式会社は、ドイツ・ケルンの見本市会場であるケルンメッセで、2014年9月16日から21日まで、2年に1度開催される世界最大の写真・映像関連の展示会「フォトキナ2014(Photokina 2014)」に出展しています。

パナソニックブースでは、「4K」「フォト」「コミュニケ―ション」の3つのテーマ別エリアで、最新のデジタルイメージング商品・技術を強力にアピールしています。

▼速報動画:4Kワールドと新たな市場ニーズに応える新コンセプト商品
(※日本語字幕をオンにしてご覧ください)
リンク


▼写真を見る:Panasonic at Photokina 2014
リンク

【4K】
4Kエリアでは、プロ写真家をゲストスピーカーに迎え、ルミックスの4K技術やユーザーベネフィットを分かりやすく説明。併せて、来場者が商品を手に取って、特長を実感できるタッチ&トライコーナーが好評を博しています。また、4Kビデオ編集コーナーや、プロ用ビデオカメラ「バリカム35」からウェアラブルカメラ「A500」まで、パナソニックの幅広い4K商品を映像と共にご紹介。4K動画からユーザーが気に入ったシーンを写真に切り出す「4K PHOTO」を体験できるコーナー等、パナソニックの4K技術、機能を訴求しています。

【フォト(写真)】
フォトエリアでは、コンパクトカメラから、ミラーレスシステムカメラまで一同に展示し、相談カウンターでは、ユーザーの様々な質問に答えたり、説明員が実機を使いながら、商品の特長や操作方法、機能等をアドバイス。
ルミックスGコーナーでは、優れたオートフォーカス技術やレンズ技術などを説明、各モデルで撮影したビデオと写真を紹介するギャラリーも充実しています。

【コミュニケーション】
コミュニケーションエリアでは、ドイツとフランスでの試験導入を予定している1.0型センサー搭載のコミュニケーションカメラ「CM1」が、注目を集めています。
LUMIX「DMC-CM1」は、フォトキナに出品された全商品の中で、最も注目される商品に与えられる"Photokina Star 2014"賞のひとつである"Highlight of Photokina"を受賞しました。


パナソニックは、4Kと通信技術で、「Changing Photography」にチャレンジし、イメージング産業のパイオニアとして、新たな写真文化の創造に向けて、あくなき探求を図っていきます。

▼世界最薄1.0型センサー&LTE搭載 4Kデジタルカメラ「LUMIX CM1」を Photokina 2014 に出展 ポケットサイズに一眼クオリティ(2014年9月16日)
リンク

<フォトキナ2014で発表した新商品(※欧州、英語)>
・LUMIX DMC-GM5
リンク
・LUMIX DMC-LX100
リンク
<関連サイト>
日本向けLUMIXサイト:リンク
LUMIX Global: リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事