logo

appC cloud、アプリ専門でGoogle AdWords(※1)に 出稿できる新サービスの提供を開始



スマートフォンアプリケーション向け成果報酬型広告ネットワークを持ったMBaaSサービスappC cloudを運用するカイト株式会社は、Google社が提供するGoogle Adwordsを、スマホアプリ専門で「簡単」に広告配信・運用が出来る新サービス(appAdWords)として提供を開始しました。

app Adwordsの提供を開始した背景
 Google AdWordsは、Googleの検索結果に連動してテキスト広告を掲載するインターネット広告として多くの企業で利用されているサービスです。しかしながら、非常に高機能(様々な設定が可能)であることから広告出稿・運用に不慣れなアプリ開発者が利用するには、高いハードルとなっていました。そこで、アプシークラウドのサービスとして、アプリ開発者がGoogle AdWordsを「簡単」に利用出来るインターフェイスを実現しました。

3ステップで配信設定
 app Adwordsは、スマホアプリのGoogle Adwordsへの広告出稿・運用を、驚くほど「簡単」にできる設計となっています。広告出稿までは「3ステップ」でOK。

 1)広告文やURLを入力
 2)検索キーワードを候補から選択 or 任意に入力
 3)1日の上限と配信期間を設定
これだけでGoogle Adwordsへの広告出稿が開始されます。

アプリにとって最適なキーワードを提示
 GoogleAdwordsで重要かつ大変な作業がキーワードの選定です。app AdWordsでは、アプリの広告出稿で最適なキーワードをあらかじめご用意致します。アプリ開発者は管理画面上で提供されたキーワードを「キーワード候補」から選択するだけで良いのです。


app Adwordsの利用にはアプシークラウドの登録が必要です。
アプシークラウド無料登録 リンク

【アプシークラウドについて】
 アプリ開発者向けに、CPI広告、リコネクト広告、リワード広告、アイテムSTOREによるマネタイズ支援、レビュー記事掲載、検索連動型広告(Google AdWords)による自社アプリのプロモーション支援、さらにはMBaaS(エムバース)で代表されるプッシュ通知などのアプリ開発のソリューションを提供する事で、アプリ開発者を総合的にサポートするクラウドサービスです。(一部有償サービス有)各機能の詳細については、サービスサイトをご覧ください。
アプシークラウド リンク


(※1) Google AdWords
Google の検索結果に連動してテキスト広告を掲載するインターネット広告です。「リスティング広告」「検索連動型広告」とも呼ばれ、利用者が検索する際に打ち込んだキーワードに関連する広告が自動的に表示されます。

(※2) MBaaS(エムバース)
アプリの開発に必要な汎用的機能をAPI、SDKで提供しサーバー側のコードを書くことなく、サーバー連携するアプリを効率よく開発できるようにするクラウドサービスです。提供される機能としては、利用者情報の登録・管理や認証、データの保管、プッシュ通知、課金・決済、ソーシャルメディアとの連携などが多い。アプリケーション開発者はこれらの機能のAPIを呼び出すよう設定することで、自らのアプリケーションの一部として取り込むことができる。


カイトは、全てのアプリ開発者がアプシークラウドを利用する事で、「ハッピー」になる事を目指しています。

【会社概要】
 会社名  カイト株式会社(英文表記:cayto inc.)
 資本金  874,70 千円(資本準備金含む)
 設 立  2008年4月1日
 所在地  〒106-0047 東京都港区南麻布3丁目21-17 7F
 TEL    03 5475 3385   
 URL    リンク

【本件に関するお問い合わせ先】
 Email: contacts@cayto.jp

リリース詳細へ リンク
リリースプレスへ リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事