logo

アルベルト・ガルディアーニ、秋冬2014/15コレクションと広告キャンペーン開始

アルベルト・ガルディアーニ(Alberto Guardiani) 2014年09月17日 16時20分
From 共同通信PRワイヤー

アルベルト・ガルディアーニ、秋冬2014/15コレクションと広告キャンペーン開始

AsiaNet 57867

アルベルト・ガルディアーニ、秋冬2014/15コレクションと広告キャンペーン開始

ミラン、2014年9月17日/PRニュースワイヤー/ --

60年間、アルベルト・ガルディアーニ(Alberto Guardiani)は、一貫したミッションを追求してきました。それは、職人の優れた技能、最先端の試み、細部にはらう細心の注意の、これら完璧なバランスが、イタリアの優れた靴作りの伝統を象徴する製品の素晴らしさを定義する、高品質なシューズを製作することです。

マルチメディア・ニュース・リリースをご覧頂くには、以下をクリックしてください:
リンク

企業プロフィールビデオを観る(リンク

秋冬2014/15に向け、アルベルト・ガルディアーニは、伝統と未来をつなげたtrait d'union(トレ・デュニオン)が現在行っている試みとデザインリサーチである、未来型コレクションを製作しました。この中で、革新的素材の軽量性、レザーの型、職人の技能が、巧妙にデザインの機能性と融合しています。

「Space Odyssey(スペース・オデッセイ)」の雰囲気がGuardianiのマン(リンク )コレクションを取り巻く一方、Guardiani ウーマン(リンク )は、銀河系で同時に惑星的なスタイルの、女性の「月のような」優雅さを特徴としています。

秋冬2014-15広告キャンペーンは、1970年代後半の国際都市の前哨である、ベルリンのクロイツベルク地区の雰囲気を呼び起こします。

サヴォアフェール(才覚)に満ち溢れた最先端の製品が、ブランドの伝統、イノベーションに対する自然な傾向、文体上のリサーチに対する熱意の、確固としたミックスを表現しています。彼らの発想とパーソナリティは、洗練された細部と最先端の空間の中で表現されています。

オンラインストアを訪問する (リンク

弊社が行っていること:
アルベルト・ガルディアーニのコレクションは、世界中の人々が理解する世界共通語で行われる、最先端テクノロジーと職人専門技術間の対話を表現しています。ダイナミックでモダンなスタイルに触発されたシューズは、本物のファッションの見方を持った素材とテクノロジー・ディテールを特徴としています。

小奇麗なライン、クラッシーなディテール、強力な職人技のインプリント―これらは、アルベルト・ガルディアーニのコレクションの基盤となっています。特別な処理、着色塗料で完成した素材を最大限に使用することにより、どのようなクリエイションも全て小さな宝石であるという、イタリアの最上質な靴作りの伝統表現を守っています。ここでは、フォーマルな優雅さというクラシックなコンセプトが、常に魅力の新鮮なタッチを受け入れ、ラグジュアリーなフットウェアにおける流行を定義しています。

弊社のコレクション
男性シューズ作品を専門とするブランドとして生まれたアルベルト・ガルディアーニは、最近、卓越したデザイン、ファッション、ライフスタイルマガジンのWallpaper*(リンク )と提携し、旅行かばんやイベントと合わせ、男性用ローファーや編み上げシューズの高級なカプセルコレクションを生み出しています。

アルベルト・ガルディアーニは、この提携の国際的な大成功に続き、女性らしさの本質を開発しました―それが、リップスティックヒールです。燃え立つような赤いリップスティック型のヒールは、自信を持った、エレガントで魅惑的な女性向けに作られた、皮肉で予測不可能な色気のセンターピースなのです。

ビデオを観る(リンク

リップスティックの疑う余地のない影響力はここで終わりません。同様に有名であるアルベルト・ガルディアーニのフラッターバイ・シュー(Flutterby Shoe)と並び、このパンプスは、ニューヨークのFITミュージアムで開催された、女性のフットウェアの世界に専念した最重要なエキシビション、シュー・オブセッション(Shoe Obsession)の主役となりました。

フラッターバイを探す(リンク


お問い合わせ先: Press Office
Corso Venezia, 16 | 20121 Milano |MI| Italy
Tel. +39 02 796385 | Fax + 39 02 76005597
press@albertoguardiani.it


ビデオ:
リンク


情報源: アルベルト・ガルディアーニ(Alberto Guardiani)


(日本語リリース:クライアント提供)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事